鷹と富士・・・(笑)

●恒例の

週末の海へのお散歩。

きれいに晴れていて気持ちはよかったけど、とにかく、とにかく寒かった~!


IMG_9371.jpg


日差しはぬるいのに、海からの風が切るように・・・うぐぐ。

まあ、寒いのは、同じ場所に根が生えたように居座ってるから、なんですけどね(苦笑)。

(マフラーとダウンコートでぐるぐる巻きですが、手袋はナシ。)


IMG_9422.jpg


本日のお客さん?は、コイツでした(笑)。

ぴ~ひょろろろ~・・・のトンビ。

おバカさんらしいですが、それでも猛禽類です。

本来は人に馴れないはずなのに、海岸でエサを見つけるのに慣れてしまっているため、バーベキューの集団やお弁当を食べている人を狙って急降下してきたりします。

※もちろん、トンビにエサをあげるのはルール違反です。


IMG_9456.jpg


なにしろ鷹の仲間なので、見た目はなかなか精悍です。

真っ青な空の下、高いところを悠々と滑空する姿はやっぱり、カッコいい。

(でも、カラスと張り合ってケンカしてると、ちょっと情けない。)

・・・というか、夢中で連写してると、ときどき真っ直ぐに向かって来る(気がする)ので怖いかも(苦笑)。


IMG_9467.jpg


さて、ここには少々マシなショットを並べていますが。

わたしのカメラは初心者向けなので、この手の写真はとても苦手です。

素早く、予測できない動きをする被写体を追いかけるのには、専門用語でいうところの「追尾オートフォーカス」機能というのが必須です。

報道やスポーツ写真、野生の動物を撮るプロのカメラマンなら、絶対に要る機能。

一度なにか被写体を決めたら、それにピントが合い続けるようにずっと追いかけてくれるという、魔法のような便利なテクノロジーなんですが(撮影者は被写体にカメラを向け続ければいい)、優秀な追尾AF機能がついてるカメラってのは、非常に高価なのです(苦笑)。

実はわたしのカメラにも一応それはついてるんですけど、性能は・・・まあ、申し訳程度。

ですから、わたしのワザの欠如のみならず、機械がついて来ないのよね~。

(なんて、要するに言い訳!)


IMG_9491.jpg


で、この写真ですが、トンビがまっすぐにわたしに向かってきたときのショット。

なんかねえ、レンズ越しに目があった気がして、ちょっと怖かったです。

まあ、思いすごしなんでしょうけどね。


IMG_9625.jpg


最後はやはり、お約束の夕富士。

今回はカメラの設定をあれこれいじって、黄金色に輝く富士山に仕立ててみました。

撮影モードと露出、ホワイトバランスの組み合わせで、こんなファンタジーな(肉眼で見える色合いとは異なる)写真にもなるってのが、面白いですね。



●では

これから、皆既月食の撮影にチャレンジしようと思います。

寒いけど・・・(苦笑)。



【10/12/2011 21:53】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。