小鳥さんの大遠征(笑) Cath's Cafe編

●TBのお題から

「宝くじは連番派? バラ派?」

たしか以前、どう買うかによってあたる確率が違うって、どこかで読んだような。

・・・それを覚えてない時点で、ダメダメって気がしますけどね(笑)。

あたるわけないけど、それでも夢を見るために、買っちゃうんだろうなあ。

「買わない限り、絶対に当たらない」

のだけは、事実ですから。

ところで(笑)>>

「宝くじが当たったら何をするか」という妄想ネタは、わたしたちの好物のひとつです(苦笑)。

1億円の使いみち、まあ、いろいろとね~。

そういえばこの前、小鳥さんに、こんな質問をしました。

(なんでそんなことを聞くのかと言われても・・・レトリック遊びだとしか・・・!)

「ねえねえ、以下の三つのうち何をしたら、弓ちゃんがマジ激怒して、絶交になるのかなあ?」

①弓ちゃんに殴る、蹴るの暴行を加える

②『春抱き』との決別を宣言する

③宝くじが当たったのに、黙って自分だけのものにする

「うぐぐ・・・ぜ、全部すごくイヤなんだけど(爆)」
「うんにゃ、ひとつだけに決めてよね」
「うぬぬ~」

さて、小鳥さんはどれを選んだでしょうか?

※念のためにいうと、上記のどれも実行する予定はありません(笑)。



●昨日のつづき

さて、小鳥さんの長旅?の続きです。


tori1 GIF  tori1 GIF  tori1 GIF  tori1 GIF  tori1 GIF


彼女が、わざわざ湘南まで遠征してきた理由ね。


PC111373.jpg


それは意外にも、コレでした。


PC111385.jpg


先月、辻堂(茅ヶ崎のとなりの駅)にオープンした大型ショッピング・モール、「テラスモール湘南」。

けっこう話題になったので、ご存知の方もいるかもしれませんね。

http://terracemall-shonan.com/

そこに、世界初のCath Kidston直営カフェが出来たんですよ。

名前はまんま、Cath's Cafe。

そこに行ってみたい、というのが小鳥さんのご要望でした。

・・・みーはー?(死語かも、笑)


PC111390.jpg


・・・と書くと、たぶん意外に思われるかもしれませんね。

いま流行りの英国カントリー/レトロ雑貨&ファッションの代名詞(ゆる~くあったかい小花プリントの世界)と、(枯山水みたいな)小鳥さんって、どう考えても不思議な組み合わせですもの(笑)。

正直にいうと、彼女もわたしも、さしてCathの世界に興味があるわけじゃないし・・・(汗)。

「じゃあ、なんで???」

ってことになるんですが、答えはこのカフェのメニューにありました(笑)。


PC111422.jpg


アフタヌーン・ティーってだけなら、他のお店にもありますよね。

どのくらいイギリスのホンモノに近いかはともかく、都内ではわりとポピュラーだし。

でも、Cathのメニューには、イギリスにしかない食べ物の名前がずらり。

※Cathの公式サイトでメニューをチェックできます。

Bakewell tart、Victoria sponge、Dundee cake、chicken & leek pie、coronation chickenなどなど。

「ほお、ここまでやるのか(笑)」

という感じで、なかなかイギリス度が高い。

そこに期待して―――ええ、わざわざ出かけたわけですね。


PC111432.jpg


これが、チキン&リークのパイ。

Waitrose(イギリスのスーパー)のPB商品程度には、美味しかったです(笑)。

※本来ならば、アフタヌーン・ティーと一緒にパイを頼むなんて、およそあり得ないお話です。だってイギリスでは、たいがいお茶は飲み放題、スコーンもサンドイッチも食べ放題なんですもの(笑)。

でも、哀しいことにここは日本なので、お茶はせいぜいカップ2杯で終わり(お替わりなし)。

サンドイッチも、ケーキもスコーンも美味しかったけれど、(お腹をすかせた)大人ふたりがランチにするには、あまりにもさびしいボリュームでした(苦笑)。

(このカフェの悪口じゃなくて、これは日本のどこでも見られる現象です。)


PC111419.jpg


で、このショートケーキみたいなのが、ヴィクトリア・スポンジ・ケーキ。

「・・・え~?」

美味しかったですよ、ホント!

でも、イメージしていたものとは、ずいぶん違う・・・(笑)。

http://www.bbc.co.uk/food/recipes/victoriaspongewithst_90309

(上記は、BBCのレシピです。)

イチゴいっぱいでゴージャスなのも悪くないけど、もっとフツーの、質素なもの(クリームといちごジャムだけ)を期待していたので、これはちょっとアテがはずれました。

「まあ、単にジャムが入ってるだけのスポンジケーキじゃ、日本では売れないんだろうなあ」

想像はつきますけど、ちょっと残念でした(苦笑)。



●さて

とりとめのない記事を書きましたが、まとめると(笑)>>

Cath's Cafeは、まあまあ美味しいです。

お値段は、都心と比べるとやや良心的。

期待していたほどの「オーセンティックなイギリス」ではなかったので、特に紅茶はもうちょっと頑張ったほうがいいと思うけど、でもお店の雰囲気はふんわり可愛いです。

Cathワールドが好きな人なら、あそこにいるだけで幸せかも。

意外にもサンドイッチは健闘してる、と思いました(笑)。

イギリスっぽいよ~。

スコーン自体は・・・まあまあ(日本ではこんなもん)。

だけどクロテッド・クリームは残念ながら、似ても似つかないシロモノでした。

(あくまで、本場と比べると・・・ってことです。イギリスのダブルクリームは日本ではまずお目にかかれないので、しょうがないのかもしれません。)

なお、このカフェはテレビや雑誌で紹介されまくっているせいか、めちゃくちゃ混みます。

日曜日の昼ごろに行ったけど、少なくとも1時間は並んだと思うよ・・・(爆)。

みんな辛抱強く、お行儀よく待ってましたけどね。

―――え、点、辛すぎですか?(汗)

たぶんね、今回ちょっと、期待しすぎたのだと思います(苦笑)。

イギリス、イギリスって連呼してますが、そこを抜かして、単に雰囲気のよい、素敵なカフェというつもりで見れば、決して悪くないんですよ。

内装も、ゆったりしたシーティングも、のんびりするには最適です。

実際、小鳥さんもそれなりに気に入って、また来てもいいようなこと言ってますから(笑)。

以上、やっぱりまとまりのないレポートで失礼しました。。。



【13/12/2011 22:06】 旅★たべもの | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。