バルチック艦隊が

●とうとう

日本海海戦が始まってしまいました。

「つ、対馬海峡に敵艦見ゆ!」

いよいよクライマックス、覚悟のZ旗が上がります。

かの有名な「トーゴー・ターン」を固唾を呑んで見つめながら、わたしの緊張感もMAX状態。

※ご存知でない向きは、おヒマでしたら、「丁字戦法」で検索してみてください・・・(苦笑)。


・・・って、オイ。

何を言ってるんだ、わたし(爆)。

すみません、どうもノリがおかしいですね(汗)。


http://www9.nhk.or.jp/sakanoue/

もちろん、NHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」のことです。

とうとう次回が、最終回。

ふだんテレビなんか見慣れないせいか、毎回見たあとは興奮状態で、脳みそが暴走気味です(苦笑)。


NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 DVD BOXNHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 DVD BOX
(2010/03/15)
本木雅弘、阿部 寛 他

商品詳細を見る



戦争も血も埃も、悲惨な白兵戦の様子がたっぷりすぎるほど。

日本とロシアが戦争しているというのに、戦場となったのは中国だし。

まして、日章旗だの皇国だのといった、(その後の)歴史的に重たいイメージを引きずる言葉やものでいっぱいのスクリーン。

・・・ふつうに考えたら、ものすごく苦手なはずなのに。

(そのうえ、特に原作者=司馬遼太郎さんのファンでもないですし。)

でも、それでも、原作のパワー、映像のパワーに引きずられています。

日本史の中でも非常にわかりにくい、明治維新のその後~近代化、そして軍国化へのみちのりを、これほど鮮やかに描いてみせてくれるのは凄いと思います。

(あくまでひとつの小説=歴史の解釈ですけど、それは忘れちゃいけないですけど、でも動かぬ史実がベースにあるのは本当ですものね。)

「テレビ(という小さなスクリーン)でも、これだけのことが出来るのか」

というより、よくよく考えると、

「テレビじゃなくちゃ出来ない」

なんだろう、と思っていたりします。

(ほぼ映画1本分の量に相当する映像が、全部で13本。たしかに、ふつうに考えたら、いちどに映画館で上映できるボリュームをはるか超えてます。)


NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第2部 DVD-BOXNHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第2部 DVD-BOX
(2011/03/16)
本木雅弘、阿部寛 他

商品詳細を見る



気楽に買える金額じゃないけど、ほしいなあ。

(持っていても、何回も見直すようなドラマじゃないって気はするんですけどね。)

本当に、すごいドラマだよ・・としか言えない、自分のボキャ貧がせつないな~(苦笑)。



●そんなわけで

今夜もまた、ウィキで予習と復習です(笑)。

クリスマスに、最終回かあ。


坂の上の雲 第3部 DVD-BOX坂の上の雲 第3部 DVD-BOX
(2012/03/21)
本木雅弘、阿部寛 他

商品詳細を見る



東郷さん(渡哲也)に痺れつつ、児玉さん(高橋英樹)に頬が緩む。

島村さん(舘ひろし)にうっとりしながら、秋山好古(阿部寛)にどきどき。

・・・平均年齢、高いなあ・・・(苦笑)。

あ、もっくんももちろん、相変わらずの美貌と怪演を見せてくれていますね。

終わってほしくない、でも早く続きが見たい。

その葛藤がこの7日間で終わるかと思うと、なんとも悩ましいです。



【18/12/2011 22:47】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。