地球にやさしい

●仕事で

外出しました。久しぶりのことです(笑)。

city-spring1

city-spring2

といっても、狭いシティ(=ロンドンの金融・ビジネス街)の中ですけどね。もういいかと思ってコートを置いて出かけたら、風はずいぶん冷たかったです・・・あうう。

世界中の投資銀行やファンドや保険会社が軒を並べるエリアですが、小さな箱庭のような(何世紀も前からある)公園や教会が、あっちこっちにあってね。ほら、春の花がちゃんと、咲いているんですよ。

なんだか、ほっとしますよね。


●ヨーロッパ連合って

今じゃ、加盟国が27もあるってご存知でした?(笑)

かつてはフランスやドイツを中心とした、リッチな西欧諸国のクラブって印象だったんですが。いつの間にか、ずいぶん大所帯になりました。

そもそもは、第二次世界大戦で戦場となり、ぼろぼろに疲弊した国たちの復興を助けるための組織でした。独自路線を行ってたイギリスが、経済的メリットを見込んで加盟したのは、ずいぶん後になってからです。イギリスが今でも、ヨーロッパの異端児、いや、「外様大名」であり続けるのは、このあたりが理由の一端ですね。

でも、時代はずいぶん変わりました(笑)。

今じゃ、たとえばかつて共産圏だったポーランドやルーマニアも、ヨーロッパ連合の仲間です。新しい(そしてまだ貧しい)加盟国が増えたせいで、ヨーロッパ連合の位置づけも、目的も変遷してきました。政治的な統合を目指してきた「フランス・ドイツ」路線から、最近では、再び経済面の比重が多くなている感じです(イギリス・モデル)。

※わたしはけっこうなEU法オタクなので(爆)、ご興味のない方は、どうぞ読み飛ばしてくださいませ・・・。

なんでこんな話をしてるかというと、今日、ヨーロッパで新しい環境保護のためのターゲットが発表されたからです。






●はじめの一歩

地球の温暖化対策のために、今できること。

そういうことに、ヨーロッパ連合は、世界のほかのどこの国・地域よりも、一生懸命に取り組んでいます。経済発展にマイナスだからって理由で、なかなか本腰を入れてくれないたくさんの国(おい、そこのアメリカ!みたいな)に、「一緒にやろうよ」って働きかけてるんですね。(ま、足並みをそろえないと、ヨーロッパだけが経済的に損をするってのもありますが。)

別に、ヨーロッパはパラダイスでもなければ、理想主義偏重でもありません(苦笑)。でも、こういうことを率先する気概だけは、誉められてもいいんじゃないかしら。(ちゃんと実行してくれればね!)

自動車の排気ガス規制や、ますます進む省エネ政策のせいで、企業も個人も少しずつ、我慢や不便を強いられると思います。でも、環境問題は、「今のわたしたちには影響ないからいいよ」なんて、ジコチューな暴言を吐いていいレベルじゃ、なくなってますものね。

便利に慣れてしまうと、ライフスタイルを変えるのは楽ではないですよね。だからこういうことだけは、法律で拘束して、無理やり実施しないと実現しない・・・そんな気がします。

というわけで。

珍しく、政治家のおっさん・おばさんたちの英断(なのか?)を、応援したい気分です(笑)。

※ちなみに、EU連合は日本にも代表部があります(笑)。ベルリンで知り合ったお友だちが東京に赴任しなければ、その存在すら知らなかった気がします・・・。

http://jpn.cec.eu.int/home_jp.php


●最後に

全然関係ないですが、映画のお話を。

http://www.asahi.com/ad/clients/lastking/

明るいお話ではありません。娯楽ではないのは、テーマを見ればわかりますよね。でも、これ、すご~くいいはずなので(笑)。ぜひ見に行きたいと、ひそかに思ってます。
【10/03/2007 11:11】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。