あっという間に睦月も終わり

●TBのお題から

「好きなお茶漬けの具材は?」

超スタンダードに、鮭でお願いします(笑)。

ちょっと塩のきいた紅鮭のほぐしたやつ、ああ、新巻鮭でもいいかもなあ。

あとは海苔と、アラレと、熱々のかつおだし汁で。

イクラは少し苦手なので、乗っけてくれなくていいです(笑)。

・・・え、そこまで本格的にやらないって?

既製品の、いわゆるお茶漬けの素をつかうのなら、わさび風味かも。

野沢菜とわさびなんて、サイコーですね(笑)。

もちろん、永谷園の鮭茶漬けも好きですけど。


ちなみに>>

旅行に出かけて何が楽しいって、ちょっとグレードの高いホテルの朝食です(笑)。

基本は、丁寧に盛りつけられた和定食ですが、たまにはバイキングも好き。

和洋なんでもありのセレクションに、ご当地ならではの食材があると大喜びします。

博多のホテルでは、当然でしょうが、辛子明太子がそりゃもうてんこ盛り!(笑)

いやあ、嬉しかったなあ。

朝から好きなだけ、明太子のお茶漬けを食べられる幸せに、身悶えしました。

・・・え?

イクラはダメなのに、明太子はいいのかって?

その辺、自分でもよくわかりません(苦笑)。

イクラも数の子も好きじゃないし、キャビアもどうでもいいけど、タラコ(と明太子)は大好き。

(あまり好んで食べない、だからごちそうだとも思わないって程度の話で、特にキライじゃないし、ましてアレルギーなどがあるわけでもありません。)

いや、まあ、魚卵の話じゃなくて(汗)。


もひとつ、ちなみに>>

これはもしかして、うち限定かもしれませんが。

「あんまりお腹すかないから、今晩はお茶漬けでいいよ~」

といういい方を、我が実家の男性陣はときどきします。

結婚式や法事、お呼ばれなどで、昼間から外でたくさん食べて来た日ですね。

で、これは「慣用表現」で、文字通りの意味じゃないのがミソ。

ミソというか、困りものなんです(苦笑)。

「お茶漬け程度でいい」って、要するに「夜ごはんは軽めでいいよ」ってこと。

―――なんてのは、誰でも想像がつきますが、問題はその先です。

でも、じゃあ、どのくらい軽めなの?

どの程度の食事をイメージしてるの?

この辺をはっきり言わないものだから、あとになって、母が準備したご飯に、

「え、これだけなの?」

みたいな失言をかまして、なんとな~く食卓の雰囲気が悪くなることも・・・(苦笑)。

どういうんでしょうね、アレ。

「お茶漬け程度でいいって言ったじゃん!」

「白いご飯に納豆ときんぴらごぼうと味噌汁で、何か文句あるわけ?」

・・・ってね、まあ、食事の支度をした側は思いますって(笑)。

教訓: 「お茶漬けでいい」が、本当にお茶漬けだけで済んだためしがない。

※もしかして、普遍的な教訓じゃなかったらゴメンナサイ。



●これはちょっと

無視できなかったので(笑)。

歴史に思いを馳せながら走る 鎌倉寺社めぐり

さすがに徒歩(バス・電車利用)では、一日でこれだけは回れないだろうなあ。

そこは自転車のいいところですが、なにしろ鎌倉は坂が多いです。

駅前にレンタルバイクのお店もあるけど、行く場所次第ではキツイかも・・・(苦笑)。

とはいえ、鎌倉くらいのサイズの街なら、自転車はちょうどいいとは思います。

マイカーは無理・・・京都以上に、不可能です。

タクシーは便利ですが、駅以外の場所から、いつでも拾えるとは限らない。

だから結局、バスと徒歩がいちばん、ってことになりますね。

そういえば今月は、一度も鎌倉に行かないうちに過ぎてしまいました。

八幡宮のぼたん園、きっと今ごろ綺麗に咲いてるだろうに。

・・・また、行かなくちゃ(笑)。

ところで>>

大河ドラマの影響で、今年はもしかして鎌倉もいっそう賑わう・・・のかなあ?

関連性はもちろん大アリですが、なんといっても平家の「怨敵」の都だから、どうだろう。

・・・いや、それ以前に、「平清盛」は大丈夫なのかしら・・・(苦笑)。

なんか良くないゴシップばかり、聞こえて来るのが気がかりです。


【31/01/2012 22:16】 島流し生活2008~ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2020年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。