花冷えの宵に

●桜は・・・

「そんなにもう咲いてますか?」

と聞かれました。

どうだろう、都心あたりはもうけっこう咲いてると思いますけど。

※一般的には、東京は大阪・京都よりも早めに咲き始めます。不思議ですよね。

でもかな~り、日当たりに左右されてます。

満開に近い木もあれば、まだまだ固いつぼみだらけの木も。

気温が低めなのは相変わらずなので、雨や嵐がなければ、盛りは次の週末・・・?

長く、花を楽しめるといいなあ。


IMG_1332.jpg


写真を誉めてくださったみなさま、ありがとうございます。

謙遜じゃなくて、本当に桜は難しいんですよ・・・!(汗)

見かけるたびに、このはかない美しさをどう撮ればいいのか、悩みに悩みます。

他の花の場合は、そこまでうだうだ考えないのに。

・・・桜に気もそぞろ、しょうもないわたしです(苦笑)。


ところで、東京お茶会☆常連のみなさま>>

毎日さくらの開花予想とにらめっこしていますが、今のところ、21日あたり。

日帰りのお花見旅行を計画しています。

桜に間に合うのか、お天気がどうなのか・・・?

わかりませんが、ご都合がよろしければ、ぜひともご参加ください♪

※東京駅から新幹線で1~2時間、夜には戻る企画です。


あ、そういえば>>

別ネタですが。

「Vanity, thy name is woman!」は、まんまの気持ちです・・・(爆)。

(間違い、ではありますよね。ハムレットの「Frailty, thy name is woman!」を借用していますので。)

いいトシして、というかそもそも美人でもないのに、鏡に移る姿に一喜一憂するワタシ。

これが、vanityでなくて何なんでしょう・・・うぐぐ~。

自尊心じゃなくて、虚栄心(認めたくはないけど)。

Prideなんて、カッコイイもんじゃありません(笑)。

これがオースティンだと、もうちょっとお洒落な感じだという気がするのは、思い込みでしょうか。



●諸般の事情で

緊縮財政を、強いられているというのに(笑)。

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kyoto/2012/06/post_31.html

こ、これはずるいよ~。

玉さまの阿古屋。

―――この時点ですでに、わたし的にはプラチナ興行です。

喉から手が出るほど見たい。

それなのに、そのうえさらに、愛ちゃんが共演って・・・(汗)。

京都南座、だしねえ。

あああああ、行きたい、行きたい、行きたい~。

しばらく、ジタバタしそうです(苦笑)。



●思わず

これには、目が行きました。

http://www.asahi.com/business/update/0403/TKY201204030389.html

なんとまあ、美しい色合い。

こんな模様がウェブ素材になったら、絶対つかうのに・・・(爆)。

こっちだと、もっとキレイな商品画像が見られます>>

http://www.midori-japan.co.jp/style/11052/

折り紙というよりも、「きれいな紙」的な扱いですね。

発想次第で、自由にたのしく応用できるという意味では、昨今の手拭いブームにも通じる気がします。

紙系の雑貨に目がない人間には、ヤバいです(苦笑)。


【07/04/2012 01:24】 島流し生活2008~ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。