暴言でしょう

●フランス人の功罪

幸か不幸か、わたしにはフランス人の友人が幾人もいます(笑)。

昔パリに住んでたせいもあるけど、むしろイギリス(大学院や職場)で知り合ったフランス人のほうが、今は多いかもしれません。

頑固でおしゃべりでプライドが高くて、気配りなんて発想はまるでなくて、アメリカ人と観光客が何よりキライ。議論にめっぽう強く、人のいうことは聞かず、ある意味ものすご~く国粋主義だったりします。そうかと思うと、恋愛の話になると何時間でも延々と!語ったり。

堂々と、「フランスには世界最高の海のリゾート(=リヴィエラ)と、世界最高の山のリゾート(=アルプス)があるのよ。なんで海外旅行なんて行く必要があるの?」・・・なんて、真顔で言ってのけるツワモノもいたりしてね。

いやはや、まったくもってトンデモナイ人種です(笑)。

その反面、教養豊かで、感受性が強く、好奇心が旺盛で、美しさにとても敏感。おいしいもの、カッコイイものに深く共鳴し、価値観の違う人間を受け入れる寛容さがあります。他人の生き方に口を挟んだり、優劣をつけたりしない人が多いですね。

利便性や収益性だけを追求しても人間は幸せになれないって、遺伝子レベルで知ってるんじゃないか、という気もします(笑)。無駄なこと、お金で計れない価値を、大事にする。

だから、世間の潮流に迎合しない(できない)一匹狼が大好き。そういう気風があるから、アートやファッションの世界で、優れた才能が生まれるんでしょう。

そう、気難しいけど、きちんと自我のある人間にはつきあいやすい人種。わたしはそう、思ってます(笑)。


●このニュース

ですが・・・。

http://www.asahi.com/national/update/0319/TKY200703190289.html

あたりまえですが、フランス語で数は数えられます(笑)。80のことを「4かける20」って言うとか、表現がちょっと変わってるけどさ(笑)。

それからフランス語って、外交用語です。ごく最近まで、堂々たる国際政治の「公用語」でした。今ではちょっと、英語に押されてるかもしれないけどね。とはいえ、国連でもその他の国際機関でも、あるいは国際サッカー連盟みたいなところでも、公用語(あるいは公用語のひとつ)に採用されています。

だから、知事が何をどう考えて、そんなアホなことを言ったのか、意味不明です(笑)。彼にどの程度フランス語の知識があるのか、わたしは知りません。比ゆ的に、あるいは冗談で言ったのかもしれない。・・・でも、実際まちがってるし。






●公人として

政治家として、ほかの国の言語をバカにすること自体、あまりにリスクの多い愚行です。個人的にどう思うかまでは規制できないけど、発言は、言い訳のできない浅慮だと思えてなりません。

(だってこれ、置き換えて考えてみて? 仮に「フランス語」じゃなくて、「中国語」とか「韓国語」の悪口を言ったのだったら、あっという間に外交問題に発展してますよね?)

何より、フランス人にとってフランス語がどれほど大切なものか、わかってない!(笑)

彼らにとって、フランス語は「世界でもっとも美しい言葉」です。彼らの文化と歴史の象徴です。世界に誇るべき遺産、なんです。言葉を守り、後世に伝えることにかけるフランス人の情熱は、並々ならぬものがあります。

もちろん、彼らの主張に賛同する必要はありません(笑)。きっちり「いや、悪いけど日本語のほうが、わたしには美しく聞こえるよ?」って反論してもいいんです。・・・あたりまえですよね。議論したければ、いくらでもすればいい(笑)。相手の価値観を、「それは一方的じゃない?」って言う分には、一向に構わない。

それが、ディベートってもんですからね~。

でも、自国の言葉に対するプライドを、わざわざ踏みにじる必要はないはずです。

わたしたちだって、見知らぬガイジン政治家に、「日本語はロジカルな文法を欠く、非常に未発達な言語。どうせ世界中で日本人以外しゃべってないんだから、いっそ英語を公用語にしちゃえばいいのに」なんて言われたら、腹立つよね(笑)。・・・知事の発言は、これに近い気がします。

と、いうわけで(笑)。

すみません、うっかり語ってしまいました(笑)。言葉は、どこの国のものでも大好きなので。言語への本質的な敬意と愛情を欠く言動には、どうも過敏に反応してしまいます・・・。
【20/03/2007 01:56】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。