声楽の神様だったと

●今日のお天気は

めちゃくちゃでしたね・・・(汗)。

ひんやりした初夏の朝からスタートし、途中まではごく平凡なお天気。

で、ふと窓の外を見たら、暗黒雲が重たく立ち込めてあたりは真っ暗。

「ああ、そういえば大気が不安定なんだっけ」

・・・と思うまもなく、ざあ!っといきなりの降雨です。

バタバタと、痛い感じ。

路面の雨水を蹴散らすタイヤの音が、窓からも聞こえてきました。

ピカッ!

ごろごろドッシャーン!!

近いのよ、それがね・・・(汗)。

あれだけ轟音が響いたら、自然に身体がすくみます。

稲妻と落雷の間隔がとても近く、それが余計に不気味。

「でも、どうやって、雷から逃れろと・・・?」

不機嫌な風がうねり、山を駆け下りるように建物に体当たりして来ました。

そのたびに揺れ、しびれるような振動音。

「頼むから、竜巻だけはやめて・・・!」

なんとか、それはなかったようですが、それにしてもねえ。

(まして北関東では、そのタイミングで地震があったそうだから、みなさん怖かったことでしょう。)

ええ―――もちろん、わかってるんです。

これは一種の通り雨みたいなもので、長続きしないって。

実際、1時間もしたら、不思議なくらい穏やかに晴れましたもの。

でも、それでも、やっぱり不気味。

真っ昼間に暗くなるというだけで、ひとは不安になると思います。

自然の脅威という言葉が脳裏をよぎり、漠然とした恐怖を感じてしまいます(苦笑)。

今年の五月は、荒れ気味。

あらためて、そう思いました。



●いただき物を

しました。


RIMG1162_20120518235206.jpg


どこかのお嬢さんから、「母の日のプレゼント」ですって(笑)。

(どうも彼女は、あっちこっちで疑似「母」を拾ってしまうクセがあります。困ったもんです。)

※画質、イマイチですみません。

(手元が暗かったのでLEDスタンドを補助光にしたのですが、青白すぎですね。)

先日ちょっとした贈り物をしたので、そのお礼だそうですが・・・これってさあ。

とっても高級なお菓子なんですけど、わたしたち、海老で鯛を釣ったかも?(苦笑)


RIMG1158_20120518235205.jpg


ポイントは、ここ!

・・・なんすか、これ(笑)。

恋、香、桃・・・?

香藤くんに恋するつるんとまあるい桃、でしょうか(爆)。

それとも、恋する香藤くんをシロップづけにしちゃいました、的な?

(いやいや、それはちょっと・・・!)

ちくしょお、なんてモンを送ってくるんだよ・・・(笑)。

ちなみにこれ、お耽美なうす紫色のミニ風呂敷(風の不織布)でラッピングされてました。

・・・やあねえ、もう。


RIMG1167.jpg


中身は、こんな感じです。

白桃のコンポート・・・かと思ったら、ゼリーなんですって☆

とっても贅沢な、もも。

美味しそうな、この、恋する香藤桃。

・・・なんか、ヘン(笑)。

お嬢さん、いつも素敵な贈り物、ありがとうね!



●ここで

フィッシャー・ディスカウが亡くなった、というニュースを知りました。

ディートリッヒ・フィッシャー・ディスカウ。

超がつくほど有名なバリトン歌手です。

そうかあ、そうだよなあ。

歳が歳だものなあ。

一度も生で聴いたことがないのが残念ですが、CDはいっぱい持ってます。

ほぼ全部、いただきものですけど。

20代のころ、銀座で働いていたとき、オフィスにちょっと特別な「友人」がいました。

友人というか、なんだろう、歌舞伎やオペラという共通の趣味を持った仲間、という感じかな。

その人、その時点ですでに70代のおじさん(おじいさん?)だったけど(嘱託の翻訳家)、どういうわけかウマが合ったんですよね。

友人というのも本当はおこがましい、人生の大先輩ですけど。

この手の趣味を語り合う相手がいなかったそうで、わたしを娘のように(孫のように?)可愛がってくれました。

そういえば、一緒に歌舞伎を観に行ったこともあります。

(その数年後、彼は亡くなりました。)

その友人/大先輩に、いっぱい譲り受けたのが、フィッシャー・ディスカウのCDなんですよ。

「ちょっとクールだけど、彼は偉大だよ」

なんて教えられて、そのころ一生懸命にお勉強したものです。

思い出しちゃったなあ・・・久しぶりに、聴いてみたくなりました。

いいですよ、ドイツ・リートの最高峰です。

ご冥福をお祈りします。


【19/05/2012 00:27】 音楽(全ジャンル♪) | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。