泰山鳴動して

●ご心配を

おかけしました・・・(汗)。

結局、一時的に水圧が下がったような状態こそあったものの、断水は免れました。

シャワーを浴び、洗い物ができる。

―――そんなあたりまえの日常が、今はとても幸せ(笑)。

お気づかいいただいたみなさま、ありがとうございました。

ちょっとしたパニック状態だったもので・・・本当に失礼しました!

空前の断水大混乱 有害物質検出

「空前の」、ともいうべき規模の断水だったんですねえ。

それほどの事態であったというのは、今になって知りました。

不幸にも断水エリアにお住まいの『春抱き』仲間からも、今朝になって、断水は解消したというメールが。

それでやっと、ほっとした感じです。

さぞかし、長いなが~い一日だったことでしょう。

もちろん、あの震災のあと、被災者のみなさんが体験した断水に比べたら、お話にならない軽微なものでしょう。

そんなの比較するまでもありません。

昨日も、スーパーのミネラル・ウォーターは一気に棚から消えましたけど、それだって、おそらく昨年の規模とは全然ちがうはずだと思います。

(昨年、あの水やパンやトイレットペーパーが街から失われた騒ぎに懲りて、ペットボトルなどを買い置きしている家庭が多いと思いますし。)

詳しいニュースにはなってないけど、まずは水道局のみなさんに感謝を。

必死で原因を突き止めようとしたり、水質チェックを何度も何度もやった(やっている)んでしょう。

(去年の震災以来、そういう体制も強化されていると信じたい。)

断水エリアを最小限に抑えるために、たぶん必死で、近隣の都県に応援を頼んだそうですし。

加えて、自衛隊の派遣要請もあったんですよね。

日常生活を維持するって、大変なことなんだと改めて思いました。

とはいえ、まだ終わったわけじゃない。

汚染源がわかったのか、それを止める手段が講じられたのか・・・?

もしかしたら、再発することもあり得ますよね。

少なくともしばらくは、なんとなく不安な気分が拭えないかもしれません。

蛇口をひねればきれいな水。

・・・あたりまえが、あたりまえであり続けてほしいと祈らずにはいられません。



●チェルシーは

ファンじゃないんです、ええ。

ファンじゃないけど、でも、これはスゴイ。

チェルシー初優勝 PK戦でバイエルン下す 欧州CL

偶然とはいえ、「敵地」での決勝です。

不利といえば、これ以上に不利な条件もめったにないはず。

それだけに、チェルシーの計り知れないしぶとさというか、強運が浮き彫りになった感じですね。

(この試合だけでなく、ここまでの道のりがすでにそんな感じ。)

いやあ、すげえや。

(ここで、1999年のマンUを彷彿と・・・なんてうっかり呟こうものなら、チェルシーサポーターに罵倒されるんだろうなあ。)



●最後に

偶然、こんな記事を見かけたもので(笑)。

岩城さんと香藤くんを想像しながら、にんまりと読んでしまいました。

(いやいや、仮に『春抱き』連想がなくても、こういう記事は大好物なんですけど!)

【本能寺の変】光秀は、なぜ、信長を討ったのか?

ばさら … それは行き詰った時代を変革する精神

歴史は、現代に還元してこそ面白い。

などと、生意気ですがそう思います。


【20/05/2012 11:35】 島流し生活2008~ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。