なぜ人は高いところを目指すのか

●それにしても

なんだか、大変な初日だったようですね。

http://www.tokyo-skytree.jp/

夜のスカイツリー、「粋」に輝く…開業初日

5月後半としては意外なほどの寒い雨の降る日に開業。

3500円も投資して天辺の展望台に上っても、厚い雲でなんにも見られなかったそうですね。

お天気ばかりはどうしようもないけど・・・がっかりしただろうなあ。

おまけに、エレベータが途中から強風で停止。

安全最優先とはいえ、それを初日にやらなくちゃならなかった東武もがっかりでしょう。

それにしても。。。

なんか、マスコミも大騒ぎしすぎですよね。

わたしが相当なアマノジャクだからだと思いますが、なんでそんなに大騒ぎするのか皆目わかりません(笑)。

高いところは嫌いじゃないけど、そんなにスゴイことかなあ。

(すでにひねくれすぎ?)

そんなふうに考えちゃうわたしなので、尚更わからないのが、フツーのお客さんかも。

関係者とかマスコミとか、招待された人たちはいいんですよ。

だけど、(ふつうに正規料金を払う)一般のお客さんも大勢いたんですよね?

初日にその場にいることに、意義があるってことなんだろうけど・・・うぐぐ~。

一番乗り、したかったのかな。

開業のその日に上ることに、意味があるってことですよね。

「当分は大騒ぎだろうから、そのうち落ち着いたら行こう」

とは、思わないってことか。

ものによっては、わたしも適度にみーはーだったりするけど、そこまで熱くはなれないなあ(笑)。

期間限定のイベントなら、わかるんだけどねえ。

・・・などと、どうしても冷めた目で見てしまうオバチャンでした。

行きたいのか・・・?

さて、どうでしょう(笑)。

3500円(そのうち3000円になる)って、あまりにも高額だと思うんですよね。

それだけのお金に見合う価値があるとは、ちょっと今のところは思えない。

そもそも、1500円くらいの東京タワーですら高いと思うわたしなので・・・(汗)。

※いずれも、より高層の展望台までの料金。

ケチ、なんでしょうね(爆)。

(カメラを持って上ったら、意識が若干は変わるかも・・・?)



●ちなみに

今まで上ったことのある、いわゆる高いところ(の展望台)といえば:

エンパイア・ステイト・ビル(NY)

今はなきワールド・トレイド・センター(NY)

シアーズ・タワー(シカゴ)

ワシントン・モニュメント(ワシントンDC)

コイト・タワー(サンフランシスコ)

サンマルコの鐘楼(ヴェネツィア)

ドゥオーモの上(フィレンツェ)

ノートルダム大聖堂(パリ)

・・・書いてて思ったけど、いっぱいありすぎ(爆)。

正直、昔すぎてロクに思い出せないものも多いんですよ。

フランス、スペインと、もちろんイギリスは特に、あっちこっちで上っているかも。

「結構、好きなんじゃんか」

自分でもこれほどとは、気づかなかったです(苦笑)。

アメリカ大陸では、威容を誇る高層の商業ビル。

ヨーロッパでは、ほとんどが古城・要塞、鐘楼・教会ですね。

ときにエレベータなどなく、狭い螺旋階段をひたすら上る。

・・・という苦行にゼイゼイ、ひどい目に遭いつつも、それでも上らずにはいられないのです(苦笑)。

あ、でも、東京タワーはいちばん上まで行ったことないんですよ。

パリに住んでいても、エッフェル塔には上ったことがなかったし。

ロンドンでも・・・あれ、ロンドンだと、なんだろう(笑)。

タワーブリッジの展望台かな?

橋自体は毎日のように通ってましたけど、展望台は入ったことがないですね。

いちばん「高い」ところからの眺めは、たぶんロンドン・アイ・・・かなあ。

※ロンドン・アイ=テムズ川のほとりの巨大観覧車。

あれなら、一度だけ乗ったことがあります(笑)。

15歳年下のイトコたちが日本から遊びに来たときに、真っ先に行きたがったので。

たまたまよく晴れた日だったので、なかなか壮観でした。

・・・で、さて>>

こういう「高いところ」系観光スポットで、お勧めは?(笑)

アメリカ的「摩天楼」が好きな人は、一度はやっぱりNYへ。

ただ展望台が高ければいいってもんじゃなくて、周囲の建物も高いのがポイントです(笑)。

わたしの好みでいえば、やはり一番はヴェネツィアでしょう。

あの鐘楼からの眺めは正直、この世のものとは思えないくらい素晴らしい。

次に、ピサの斜塔。

・・・上れるんだよ、アレ・・・(汗)。

それから、スコットランドのスターリング城かなあ。

(厳密には、「展望台」じゃないけど。)

エジンバラ城も捨てがたいけど、どちらも城郭の高いところからの眺めが凄い。

非現実的というか、ダイナミックな山城からの眺望に息を呑みます。

さて、キリがないので、この辺でやめますね。

みなさまのお勧めがあったら是非おしえてください。


【23/05/2012 03:28】 旅★たべもの | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。