9.5センチ四方の宇宙

●TBのお題から

「あなたは緊張しやすい方?」

しないですね・・・(笑)。

全然あがらないってわけじゃないけど、緊張して失敗する、ってことはまずない。

たとえば何百人もの人を前にスピーチするとか、(子供のころなら)ピアノの発表会などの状況ですね。

テンパってハイになったりはしますが(笑)、それはどっちかというと、気合が入るって感覚。

「よっしゃ~、いくぜ~!」

みたいな心理状態でしょうか(汗)。

(ハイテンションってのも、また、緊張の症状のひとつだとは思いますが。)

ガチガチに緊張して声が出ないとか、やること忘れちゃうとか、足がふるえるとか・・・ないです。

たとえば舞台に出るまでは手のひらの汗が気になっていても、いざピアノの前に座ると、すう~っと冷めるというか。

講演会的なシチュエーションは、けっこう楽しいと思ってしまうし。

なんなんでしょうね、これ。

「要するに、目立ちたがり屋なんでしょう」

と解釈されるので、実はわたしの「緊張しない姿」は、家族にはずっと不評でした。

ふてぶてしい、可愛げがないって・・・(汗)。

まあ、周囲の人間がそう言うんだから、可愛くないいのはホントだろうなあ。

あ、ちなみに>>

これは、自慢のつもりじゃないです。

「緊張して失敗、ってことはまずない」

と書きましたが、これはホントに、「緊張のせいでどもったりつまずいたりしない」という意味です。

だからって、そのパフォーマンス自体が成功する、とは限りません(苦笑)。

「あがっちゃって失敗」はしないけど、演奏内容がそもそも大したことがなかったとか。

スピーチの内容がつまらなかったとか、ジョークがすべったとか。

・・・そういうことは、なきにしもあらず(爆)。

となると、悩みますよね。

緊張しすぎて実力が出せない人、ってのも残念な性質だとは思いますが。

緊張なんかしないけどそもそも大したことがない人、ってのは・・・もっと、残念なんじゃ・・・?



●昨夜の台風は

ものすごい勢いで、関東を通り抜けたようですね。

結果的にこのあたりでは、暴風雨レベルで終わったようです。

それでもゆうべは、風がすごかったなあ。

まるで真夜中、誰かがドン!ドン!とドアに体当たりし続けてるような感じで、けっこう不気味でした。

換気扇から、空気が逆流してくる感じだったし。

風雨のせいか、坂道でスリップ気味の大型トラックのきしむ音、キキキッという耳障りなブレーキ音も、ずっと続いてました。

(幹線道路に近いのです、このマンション。とほほ~。)

朝から、幸いにも晴れてはいますが、風は相変わらず。

・・・で、今日は、めちゃくちゃ暑くなるんですって・・・?

あああ、勘弁してほしいよね~(苦笑)。



●この話題は

小鳥さんとわたしで、真剣に討議しました(爆)。

ケンタッキー食べ放題「元取れる?」

(検討した時点で、すでにヤバいような・・・?)

45分で、1200円。

シンプルな結論は、「無理!」でした(笑)。

「コストパフォーマンスが悪すぎる」

という、しごく理性的な判断(笑)。

世の中の大勢の人と同じく(たぶん)、わたしたちもケンタは好きです。

たまに、ホントに年に何度かもないと思うけど、ときどきふいに食べたくなる。

好きだけど、でも、一度にどれだけ食べられるのか?

「朝からご飯抜きでチャレンジしても、せいぜい3ピース、4ピースくらい・・・?」

※カロリー度外視。

※そもそも中年のオバハンがチャレンジすること自体みっともない、という正論もここでは度外視。

「タッパー持ってって、こっそり詰め込んで帰るとか?」

「禁止に決まってるでしょ、そんなの」

・・・このあたり、あまりにあさましい発想に涙が出ます・・・(汗)。

ま、こんな食べ放題に飛びつくのは、やっぱり若い男の子よね。

馬のようにおそろしく食べる(そして太らない)、高校生~20代前半くらい。

「残り時間を気にしながら、ひたすら口に詰め込むってのもなあ」

「フツーにセット頼んで、のんびり食べるほうがいいよ」

「うん。そのほうが安いし」

「そうだよね~」

・・・こうしてオバチャンたちは、やがて理性を取り戻したのでした。

めでたし、めでたし。



●小鳥さんといえば

修羅場は、まだまだ続くようです。

早出と残業、おまけに休日出勤とあって、毎日ふらふら・・・(汗)。

ふだんきっちり定時退社の彼女なので、これは非常に珍しい展開です。

薄い腰に手をあてて、ぐびっとリポDをあおる姿が痛々しい・・・ような・・・う~ん。

「どんだけオッサンやねん」

って、まあ、思うけどね(爆)。

コンビニにお昼ご飯を買いに行く余裕もないというので、お弁当をつくってあげることにしました。

それはいいんだけど、さ?

彼女の出して来たお弁当箱ってのが、これが、

「ち、小さい・・・!」

10センチ四方で、厚みが3センチ。

内寸わずか9.5センチ四方の、小さなちいさなランチボックスです。

「おままごと・・・?」

「んなわけあるか(爆)」

でも、これ、こびとサイズだよ・・・?

もうちょっと大きめのレンジ容器を探したけど、それじゃ多すぎるんだそうです。

仕方がないので、こびと弁当を作成。

俵型おむすび1個、ミニチュアたまご焼き1切れ、海老よせ揚げミニ1個、ミニトマト1個、枝豆5粒。

・・・マジで、こんな感じなのです(笑)。

わりと手先の器用なわたしですが、このサイズでは、詰め込むのにもひと苦労でした。

「・・・わたしなら、この弁当箱が三つくらい要るかも・・・」

ふだんの彼女は、平均的な量をちゃんと食べるんですけどね。


【20/06/2012 09:07】 島流し生活2008~ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。