『僕声』の言い訳

●あらら・・・

これは、ひょっとして気象庁のせい?

今日は珍しく、「大ハズレ」だったから。

東電、4社から電力融通受ける 思わぬ寒さで

震災直後以降、これが初めて。

(むしろ東電は、ほかの電力会社に融通するほうだったりしますよね。)

電力会社って、気象庁の発表する天気予報などをもとに、翌日、翌週どのくらいの電力が必要か予測するそうです。

だから月曜日みたいに、

「前夜の予報ではぐ~んと気温が上がるはずだったのに、実際にはめちゃくちゃ寒い一日だった」

なんてのがあると、電力供給と需要のバランスが崩れがちなんでしょうね。

だって、本当に、ひどいもの。

長期予報がはずれるのは、まあ、仕方がないとして。

(とはいえ、「暖冬傾向」が一転、「平年より寒い冬」に見込みが変わったのにはびっくりしたけど。)

イマドキ、今日明日のお天気くらい、わりと正確に予報できる・・・はず。

よね・・・?

それが、今日はどうしたんでしょう。

首都圏では、気温が20度近くまで上がるはずだったのに、実際にはその半分!(笑)

ひとケタ温度、またしても。

11月でこれはないよなあ、って思いましたもの。

おまけに雨。

つめた~い雨。

「・・・しどい・・・(涙)」

びしょびしょで冷えるのは、なかなか辛いものがあります。

「ここまで見事にはずれるもの・・・?」

ついつい、平井さんを恨みたくなるわたしでした。

「平井さんのバカ~!」

「いや、それ、八つ当たりだから」

「うぐぐ・・・」



●サイト更新

してます。

(実家から戻って、まずは更新の支度をしました。)

まさかの『僕声』、って言われてるようです(苦笑)。

まさかの?黒川さんと條一朗。

『春抱き』を待っているみなさん、ごめんなさいね。

サイト運営上の都合・・・って、要するに、ページの準備ができた順番なのです(汗)。

それでも、楽しいと言ってくださる方もいらして嬉しい限り。

たしかに、懐かしいですよね、『僕声』。

『僕声』別館にも書きましたけど、あの小説を思いついたのは、なにしろ昔なのです。

あの二人が登場して、『春抱き』派生で盛り上がって、

「ホントにくっつくの? くっついちゃったりするの? いや~ん♪」

なんてね(笑)。

いつかはと念じつつ、実際にはつかず離れず・・・で行くのかも、なんて危惧してみたり。

そういうモヤモヤが高じて、自分で書いちゃったわけです。

ノリというか、勢いで書き始めたのはいいのですが、そこからが大変でした(笑)。

なにしろ、その時点で、『僕声』は(コミックスにして)たった1巻ぶん。

(参考までに、わたしがハマった時点で、『春抱き』はすでに9巻まで出てました。)

おまけに黒川さんと條一朗は、(とりあえず)メインカップルじゃない。

(・・・あれ? ちがうっけ?)

つまり、二人のキャラを把握しようにも、圧倒的にデータ不足。

資料が少ないということは、わたしにとっては、非常にキビシイことでした(苦笑)。

よく知らない人、ということですから。

たとえば、「December Love」1回目の終わり。

黒川さんが、「風呂、借りるぞ」って言いますよね。

この台詞一行を書くのに、めっちゃくちゃ悩みました(笑)。

岩城さんなら、これでいいのよね。

でも、黒川さんだったら、どうなんだろう。

「風呂、借りるよ」

「風呂、借りるね」

「風呂、借りるから」

・・・さあ、どれがいちばん彼に相応しいんだろう。

当時は悩んだ挙句、岩城さん風になってしまいましたが、今なら「借りるよ」かなあ。

(あえて修正してませんが。)

ホント、語尾ひとつ、決められなくて悩むことが多かった。

お陰で、書くのにものすごく時間がかかりました。

資料が少なくて、キャラが掴めないって・・・致命的よね(苦笑)。

(もちろん、個人的な思い入れという意味でも、正直、『春抱き』とは比較にならないんですが。)

岩城さんならこう言う。

香藤くんならこう考える。

―――これに関しては、自分の中に彼らが住みついているので、苦もなく出てくるんです。

わたしなりの『春抱き』解釈ということですが、そこに迷いはありません(笑)。

でも、『僕声』はとてもとても、そこまで行かないんですねえ。

力不足。

そして、申し訳ないけど、萌え不足。

彼らに不満があるのではなく、わたしが岩城さんと香藤くんを好きすぎるのです(笑)。

「そういうわりには、ずいぶん書いてない?」

と突っ込まれそうですが、それはともかく。

(ところで、香藤くんを「男性として」意識できない当時のわたしでしたが、條一朗には完全めろめろでした。條一朗萌え、はたしかに原動力だったのかも。ク○ウ○ィオといい、ましゅまさんはああいうタイプが好きなのね~って、当時けっこう言われてました。くすす。)

本編でふたりがくっついた時点で、わたしの『僕声』ミッションは不要になりました。

今後、『僕声』作品が増えることはないでしょう。

だけど、それはさておき、書いたものに愛着はあるんですよね。

ある意味、もうひとつの『春抱き』・・・なのかも(わたしにとって)。

ごちゃごちゃ言い訳めいてますが、読んでいただければ幸いです。



●メールのお礼など

コメント&感想、いつもありがとうございます。

本当に嬉しく、ものすごく励みになっています。

Tさま>>

「岩城さんたちの昔のアルバムをめくっているよう」

って、素敵な表現ですね!

わたしの古い作品を読んで、そんなふうに思っていただけるなんて。

いつもいつも、ありがとうございます。

そして「清盛」・・・そうですか~。

中身が良いのなら、よけいに、不評が不可解ですね。

ただ、一般受けしにくい、というのはあるだろうと思っています。

また、最初のうちにケチがついてしまうと、長い連続ドラマ、途中から盛り返すのが難しいのでしょう。

それが、視聴率低迷の理由かもしれません。

Mさま>>

メールフォームからの投稿、ありがとうございました。

最近ファンになったとのこと、毎日が輝いていますよね(笑)。

わたしも最初の一年くらいは、ホントにず~っと浮かれていました。

高熱を伴う興奮状態、かなり長く続いたと思います(笑)。

うちの更新を心待ちにしてくださって、こちらも嬉しいです。

わたし自身、古い作品を読み返しながら、『春抱き』のおさらいをしている気分です。

その当時の自分が、何を考えていたのかもわかって、尚更おもしろい(苦笑)。

たとえば2005年~2006年は、年下の彼氏との年齢差をテーマにしたものが多いなあ、とか。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

Hさま>>

東京はけっこう寒いですよ~。

遠征には、ぜひあたたかくしてお出かけください。

もし自由な時間がおありなら、都内でお会いできるといいですね。

メールでもいただければ、週末なら小鳥さんを引っ張っていきますので、お茶でもしましょう。

大阪のフレンチ、次はぜひ試してみたいです(笑)。



●では、

また。。。


【27/11/2012 01:57】 僕の声 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。