ほもえろ字書きのこだわり その1

六本木の高層ビルが、雨にけぶって薄ぼんやりと見えます。

怠惰な土曜日の午後。PCの前でだらだら~と過ごしています。よく考えたら、ロンドンでも(時間があるときは)そうでした(笑)。こういう時間を至福だと考えてしまうあたり、やっぱり、はまってるよなあ・・・。

さて、はなはだ僭越だとは思うのですが。最近いただくメールに多いのが、小説の書き方に関するご質問です。副業として、マイナーな月刊誌にエッセイを連載してるだけのヘボ字書きに、そんなことを聞かれても・・・って感じですが。でも、わたしの独断と偏見に満ちたこだわりを聞いていただけるのなら、それもいいかな、と思う次第です。




そんなわけで、本日のお題は、お話をつくるコツです。

もちろん一般論ですけど、わたしの脳内では春抱き小説を書く、というのが前提になってます(笑)。


●何を書きたいの?

ふと小説を書こう、と思うきっかけはさまざまですよね。ひとつの場面、台詞、着せたい(脱がせたい)服、行かせたい場所。そういうアイテムが、まずはお話の中心に座るわけですが、問題はその後です。

●プロットなんてコワくない

仮に、「岩城さんにこの台詞を言わせたい」と思いついたとします。それだけではもちろんお話にならないので、今度はなぜそれを言うのか、どういうシチュエーションで言うのか、誰に対して言うのか、どうしたって考えますよね。(実際には、思いついた場面・会話だけ先に書いちゃってもOK。)

それを膨らませて、その台詞(を含めた会話)の前後のシチュを考えます。きっかけがあって、その台詞があって、その効果(結果)がある。・・・と、ここまで漠然と考えたら、それはもう立派に!プロットなんです(笑)。そう、小説の筋立て。おお~v

そう、プロットって、全場面あらかじめプランニングするって意味じゃないんです。そんなの、わたしできません(笑)。

そして、そうやって生まれたプロットは、多くの場合、自然に起・承・転・結になってるハズ、なんです。(もちろん場合によって、起と承がひとつにくっついてたり、転が倒置されて先に来たり、バリエーションはいろいろですが。)

長いので、続きは折りたたみますね。



●起承転結の怪

起承転結って不思議です。実は「転」以外、みんな同じ(似たような話)だって知ってた? たとえば『プレシャス・シート』を、分析してみるとこんな感じです(笑)。

起・・・香藤くんと久しぶりに会えた岩城さん(プレミア上映)
承・・・香藤くんと久しぶりに会えた岩城さん(パーティ)
転・・・香藤くんと久しぶりのえっちに悶える岩城さん(アパート)
結・・・香藤くんと久しぶりに会えた岩城さん(ピロートーク)

ね? え、説得力ない?? ホントだってば(笑)。要するに、こういうことです。

起・・・お話のイントロ
承・・・イントロに追加説明
転・・・絶頂! じゃなくて(爆)、クライマックス
結・・・お話のオチ

で、この「オチ」ってのは、(通常の場合)イントロのテーマに戻るんです。『プレシャス・シート』では、プレミアの場面に(テレビニュースという形で)戻ってますよね。もちろん「戻る」って、まったく同じことを繰り返すわけじゃないけど。

●誰にでも、できます!

というわけで。何を言いたいかというと、「わたし、プロットなんて立てないで思いつくままに書いてるよ~」という作家さんでも。みなさん絶対、頭の片隅にこの「起承転結・プロットもどき」があるんです。あるはず・・・だよね?(笑)

お話の筋道がこうやって漠然と、なんとなくでもできていると、いいことあるんですよ?

そう(笑)。たどり着く先がわかっていれば、「それであんた、結局何が書きたかったわけ?」・・・というキッツ~イ一言を言われにくくなります。

世間のみなさまは本当にお優しいので、「何を言いたいのかわかりませんでした」って感想メールやカキコをする人はほとんど皆無ですが(いないって)。でもね? 人の書いたものを読んでそう思ったことがある人は、自分もそう思われてるかもしれない、と、ふと我が身を省みると・・・オソロシイです、はい。自戒を込めて。

大きなお世話でした!
【29/04/2006 15:31】 字書きの心得 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。