ローカル・デビュー

●週末としては

珍しく、土・日とも外出しました(笑)。

といっても、お客さま(・・・っていうか単にX氏ですが)が遊びに来てたので、ご飯を食べに近場をうろうろしただけです。ご存知のとおり、せっかくヒップでトレンディなエリア(←という触れ込みなんですもの、マジで!)に引っ越してきたのに、さっぱり夜遊びなんてしないわたしなので(笑)。こういう機会があってはじめて、噂のローカル・シーンにデビューを果たしたわけですね。

そんなわけで、土曜日の夜は、うちからさほど遠くないカジュアルなレストランに出かけました。何度か前を通るたびに、ちょっと気になっていたところです(笑)。お洒落ですが、地元の人しか来ない感じの場所なので、ごく気楽な雰囲気でした。

bermondsey kitchen 1

bermondsey kitchen 2

入口のバーで、この派手なピンク色のカクテルを飲んでる人がいてねえ(笑)。どうも気になったので、典型的な「あれ、ください」をやりました。ラズベリーのカクテル・・・おいしかったよん☆ (ちなみに、ひっそりと?背景に写ってるのがX氏です。彼の注文したのは、ジンの代わりにウォッカを使ったマティーニ。)

※「てめえ、酒は飲まないとかエラソーに言ってたじゃねえか」というツッコミは、なしでお願いします(笑)。

お食事のほうはね、イマドキの凝ったモダン・ブリティッシュっていうか・・・素材にこだわる系、ですね。とても美味しかったです。

bermondsey kitchen 3

スターターは、イワシのグリル香草風味。塩焼きの洋食バージョンみたいな感じなので、うっかり「お醤油があったら、ちょっぴり垂らして、白いご飯で・・・」などと、おかしなことを考えてしまいました(笑)。

bermondsey kitchen 4

わたしの注文したメインコースは、ポークチョップのクラムチャウダー風ソース、マッシュドポテト添え。アサリとベーコンのホワイトソースを、ポークチョップにかけるというのが斬新な取り合わせで、これはたいそう美味でした♪ ・・・すんごいボリュームだったけど。

X氏いわく、「この値段でこの質・量ってのは、川の南価格だなあ」。・・・なるほどね。

つまり、このレストランの立地が(トレンディとはいえ、まだこれから開発されていく余地を残したエリアなので)、お値段に反映されてるってことでしょうか。この店が、テムズ川北岸のトレンディなエリア・・・たとえばイズリントンとかホクストンにあったとしたら、たぶん30%くらいは、メニューの単価が高くなってるかもしれません。


●翌朝は

のんびり朝ごはんを食べに、近くのカフェまで(笑)。

brunch at cafe

逆光なので、ちょっと暗くなってますが・・・イマドキ流行りの、ヘルシー系のカフェです。ロンドンは最近、こういう「うちはチェーン店じゃありませんから!」と、自己主張してる感じのカフェが増えてますね。(もちろん、世界を席捲しちゃったスタバへのアンチテーゼです。)

オーガニックで、大量生産されてないパンや飲み物だけを扱って、ハーブティーだの豆乳などが、絶対に置いてある雰囲気なんだよね(笑)。ネット接続できるし、ATMもあって便利だなあ。・・・手作りふうのクロワッサンやマフィンがおいしい。ここのカフェラテは、なかなかでした☆

え、お客さまが来たのに、家で何もふるまってないですって?(爆)

・・・だって、しょうがないじゃん(笑)。週末の貴重な自由時間を、お料理やお片づけに割くのはもったいないし。だいたい、部屋中段ボール箱だらけで、「おもてなし」できる状態じゃないんだもん・・・ふん。






●うふふのふ

広いくせに、あまりに散らかっていて寛ぎようもないリビングで、深夜X氏とわたしが何をやっていたか、というと。

そりゃあもちろん、仲良くダイニングテーブルに並んで、『冬の蝉』DVDを鑑賞してましたとも(笑)。某さまが送ってくれた1巻が、ちょうど日本から届いたところでしたので、1巻から2巻までぶっ通しです。

・・・無理やりつき合せた、とも言うけど(笑)。

「なんだか目が青いよ?」
「う・・・うん。そだね~」
「これ、岩城さんのほうだよね?」
「うん。ま、いいじゃんか(笑)。アニメなんだもん」

+++

「なんでこんな髪の毛?」
「え、髪型?」
「それもだけど、なんかハイライト、入ってるけど」
「・・・うむ、確かに・・・(笑)」

+++

「この人、靴下はいてるし・・・」
「へ?」
「この足袋。こんなくるぶしの上まで来ないよ?」
「あはは、そうだね~」
(えっちシーンの感想はいっぱいあるんですが、ここではこの程度で。あはは~。)

+++

もちろん、ツッコミばかり入れてたわけ、じゃないんですけどね(笑)。感心しながら見ていた部分も、あります。でも面白い?会話があったのは、やっぱり失笑が漏れるときですものね。

でも、これは無論、ロンドンに住んでるからこそ言えることですが、いちばん見る目が厳しくなったのは、草加さんのロンドン留学時代の数分。いくらアニメだからと言っても、やっぱり、ファンタジーとイマジネーションには限度がある・・・と、思うからです(苦笑)。

「・・・これ、ロンドン?」
「・・・うん、そうらしいよ」
「・・・」
「・・・」
「見えね~!」
「うん、見えないよね。草加さんの部屋なんて、絶対にイギリスじゃない。この窓とカーテンじゃ、ハイジの家だよ(爆)」
「あはは、たしかに~」
「・・・なに、これ?」
「草加さんの部屋からの眺め・・・らしい(苦笑)」
「ランベスからの眺め・・・なのかな?」
「うん・・・ブダペストに見えるけどね(爆)」


●この点に

関してはね~、自慢したがりの知ったかぶり、じゃないとわたしは思います。本当に、残念に思えちゃうから。ここからは、マジメな私見です。(あくまで私見ですが。)

窓枠ひとつとっても、イギリスにはイギリスらしさがあって、たとえばそれは、フランスやドイツでは絶対にありえないのね(笑)。似たような建築様式はあっても、でも全体的に見れば、お国柄ははっきりしてるんです。

これは、たとえばハリウッドの映画監督が、すっごい適当に中国と日本のイメージをごちゃまぜにして映画を撮ったら、日本人にも中国人にも「なんじゃこりゃ?」な、笑っちゃう仕上がりになるのと一緒です。その監督が「知らない」のが、悪いわけじゃない。わからないことを調べようとしなかったのが、怠慢なんですね。

当時のロンドンの街並みを調べることなんて、今の世の中、インターネットであっという間にできることです。っていうか、今の街並みとそんなには変わらないはずなので、簡単に画像検索できるはず(笑)。

家の中の様子だって、たとえばシャーロック・ホームズのテレビシリーズでもいいから(笑)、ちょっとチェックすれば、すぐにそれらしい雰囲気がわかるはずです。

・・・そりゃさあ、「たかが」BLのアニメかもしれないけど。

でも、これだけ製作スタッフのみなさんが、心血を注いで作ったと胸を張る作品なんだから。これだけ思い入れのある作品だって、誰もがおっしゃってるんだから。あえてDVDオリジナルのシーンを入れるなら、せめてほんのひと手間、よけいにかけてほしかったなあ。僭越ながら、そう思わずにはいられませんでした。

ヨーロッパってきっとこんな感じだよね、というイメージだけで作るのではなく、実際どんなものなのか再現してほしかったです。草加さんが生きた時代のリアリティを、そこに見たかったです。草加さんが憧れた先進技術や文化を、描くと決めたなら、それらしいものを描いてほしかったです。だって、おそらく日本国内のシーンについては、それが戦争でも盛り場でも、それなりに時代考証をしたんだと思うから。

そう思うのは、ないものねだりなんでしょうか・・・?
【16/04/2007 02:48】 春を抱いていた | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2023年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。