キーワードは共有

●これは

いいアイディアですね。

プロの養成ではなく、あくまで「習い事」なんでしょうけど。

こども歌舞伎スクール「寺子屋」4月開校のお知らせ

楽しそう!

というか、歌舞伎座で稽古できるってだけで羨ましい(笑)。

もっとも、子供の対象年齢からいって、どうしても親の趣味・・・になりそうな気もします。

一般的に、お子さんに着つけや日舞を習わせたい親御さんって、どのくらいいるのかなあ。

「あわよくば、うちの子を歌舞伎役者に」

なんて人も、もしかしていたりする・・・?

いや、それはめったにないかな。

親御さんが歌舞伎を好きで、よく知っていればいるほど、生半可な覚悟じゃできないってわかるでしょうしね。

(ポスターに愛之助がいるので、それが目当ての人もいたりして。ふふ。)

どっちにしても、こういう教室はいいなあと思います。

伝統芸能に小さい頃から触れる人がひとりでも増えれば、それだけめでたい。

そう思います。




●昔は

これ、テレビが敵でしたよね。

子供にテレビを見せちゃいけない、って。

“スマホに子守させないで”

今はスマートフォンかあ。

そりゃ、そうですよね。

たしかに、小さな子供のテレビやDVDへの食いつきってスゴイものがあります。

子供の年齢にもよるけど、ホントに魂を奪われてしまう感じ。

手を止め足を止め、お腹が空いたのもおしっこ行きたいのも忘れて、じ~っと魅入るもの。

集中してる、なんて可愛いもんじゃありません。

(・・・よね?)

テレビ番組にもアニメにも良いものはいっぱいあるし、全否定するのはおかしい。

それも貴重な体験のひとつ。

でも、やっぱり「ほどほど」がいいですよね。

外からの刺激や、人とのかかわり。

飛んだり跳ねたり、走ったり転んだり。

嬉しかったり、怖かったり、悲しかったり、痛かったり。

感情をゆさぶられたり、思う通りにいかなくて喚いたり。

そういうのをたっぷり体験して、子供は成長していくのだと思います。

(・・・よね?)


そういえば先日、電車の中で逆のケースを目撃しました。

ガラガラに空いた夕方の電車で、優先席に若い夫婦と幼児がひとり。

小鳥さんとわたしの真向かいです。

子供は推定、1歳半~2歳前くらいかなあ。

(歩けはするだろうけど、まだしゃべれない月齢。)

ベビーカーに乗って、大人しくジュースを飲んでました。

ときどきバタバタ、ニコニコしてたので、機嫌は悪くない様子。

まあ、ここまではいい。

その両親が、イマドキのスマホ中毒・・・に見えました(汗)。

子供のとなりで、お父さんはタブレットに夢中。

高価そうな革のタブレットカバーが印象的でした。

子供が伸ばして来た小さな手を払って、ほとんど顔も上げずに何か読んでる。

といっても邪険にしてるわけじゃなくて、たまたま飛び込んできた蝶ちょでも追い払う感じ・・・?

何と言うか、完全にタブレット画面に魅入られてました。

その隣で、お母さんはiPhone。

ずっと俯いて、ひたすら何か入力してました。

髪の毛がバッサリ垂れ下がっている状態なので、子供の顔も見えてない・・・かもね?

子供はときどき、親の関心を引こうとするんだけど。

何も反応が返って来ないので、やがて他のことに気を取られていました。

そのすべてが、無音。

・・・うむむ。

わたしたちが見たのは、それだけ。

そこが優先席であったのは、まあこの際、置いておきます。

「うむむ」

なんかね、微妙に複雑な気持ちになりました。

わたしたちが見たのはその10分か20分だけで、彼らを知ってるわけじゃない。

いつもはそうじゃないのかもしれない。

偶然というか、タイミングが悪かっただけかもしれない。

(そもそも、育児についてコメントできる立場じゃない。)

でもなあ。

土曜日の夕方。

家族三人でお出かけの帰り、だったんだろうと思います。

それなのに会話もなく、アイ・コンタクトもなく、体が触れ合うこともなく。

お父さんはお父さんの世界に、お母さんはお母さんの世界に、それぞれ無言で没頭してる。

それに慣れちゃって、あたりまえのように黙って受け止めている小さな子供。

・・・いいのか、ありなのか。

いまどきはそういうの、フツーなのか。

(んなわけあるかい。)

なんでしょうね、そのバラバラ感がうすら寒く感じられました。

誰に迷惑、かけてるわけでもないのにね。

「今だけ、ちょっとだけ自分だけの時間」

だったのかもしれないけど、もちろん。

外野から見たら、それは異様な光景に見えてしまいました。

スマートフォンに夢中の大人なんか、いくらでもいます。

普段はいちいち、そんなの気にしません。

でも、乳幼児連れの場合は、どうしても気になる。

子供の発達だけが問題じゃないですよね。

ほんの一瞬、目を離したすきに何が起こるかわからない。

そっちのほうが怖いと思います。

「・・・いいのか?」

「でも、何もできないし」

「そだね・・・」

子連れのお出かけはこうあるべき、という幻想を押しつけてるだけなのか・・・?

勝手な思い込みなのか・・・?

いや、そんなことはないよね・・・?

なんとも、モヤモヤしてしまいました。




●つまり

絞れなかったのね(笑)。

新語・流行語大賞「じぇじぇじぇ」「倍返し」など4語

ホンモノの「じぇじぇじぇ」、聞いたことないのです(笑)。

六月の「助六」で、三津五郎さんがそれをネタにしてたのが、唯一の遭遇。

ことほどさように、同じ流行語といっても、ずいぶん印象は違います。

それでも、少なくとも全部知ってはいる。

それだけでも、例年よりマシな気がしています(笑)。

「依然としてテレビの影響力が・・・云々」

という解説もありますが、どうだろうなあ。

たしかにテレビ発だけど、人気に火がつくかどうかは、ネットでの扱いに左右される気もします。

あるドラマが面白いと、ネットで話題になる。

ネットでネタ(パロディ素材)になったら、それで「勝ち」です(笑)。

そうして噂がどんどん拡散されて、より多くの人が「見てみようか」となる。

「いいドラマだから」見るんじゃなくて、「みんなが話題にしてるから」見る。

「共有」がキーワードのソーシャルメディアの威力ですよね。

そして、それがやがて視聴率に跳ね返ってくる。

その数字がスゴイと話題になり、さらにネットで・・・の繰り返し。

そんな「勝ち馬に乗る」構造になってると思うのですが、いかがでしょうか。




●では、

また。。。


【03/12/2013 02:49】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。