宵闇の街など

●TBのお題から

「くじや抽選でコレあたりました!」

でっかいアタリは、出したことがありません。

でも、ちびちびと何か当たるほう・・・ではないかと思います。

自称であって、大したことはありませんが。

最も「高額な当選」は、コレ>>


TAMRON 高倍率ズームレンズ 18-270mm F3.5-6.3 DiII VC PZD キヤノン用 APS-C専用 B008ETAMRON 高倍率ズームレンズ 18-270mm F3.5-6.3 DiII VC PZD キヤノン用 APS-C専用 B008E
(2010/12/20)
タムロン

商品詳細を見る


今の実勢価格でだいたい5万円弱、じゃないかなあ。

高額と言っても、その程度。

なかなかよく写る便利なズームレンズで、愛用してます(笑)。


これ以外だと思いつくのは、学生のころ。

小学館のマンガ雑誌の企画に応募して、宝塚の公演チケットをもらったことがあります。

※きっとこの話、前にも書いてると思います(汗)。

木原敏江さんのマンガが舞台化されたのを記念して、

「読者20名限定! 原作者を囲んでお茶をして、その後みんなでお芝居を見よう!」

というものでした。

当選の電話が来たときの興奮を、今も覚えています(笑)。

編集部の人が当選を伝え、かつ確実に来られるかどうか確認してくれたのですね。

ドキドキして、声が震えてたと思う(笑)。


あとはお皿が当たったり、お酒やお米や味噌が当たったり。

某ブランドバッグが当たったときは驚いたけど、結局は未使用だったり。

お買い物券をもらったときが、いちばん嬉しかったかも(笑)。

基本的にめんどくさがりで、あまり応募なんかしないので、確率は悪くないと思います。

仮に「くじ運」なんてもんがあるとして、

「小出しにささやかな幸せをくれるんじゃなくて、ドカンと一発!宝くじでも当たればいいのに・・・」

というのが本音かも(汗)。

「せっかくのくじ運を貯めておかず、ちまちまと浪費している」

と、周囲の人間には言われています。




●先日の

おもしろい?ショット。

たまたま通りかかった道で、ふと気づきました。


DSCF2650aS.jpg



☆追記、訂正☆

どうやら「セイノ」ではなく、「セイノー」らしいので訂正します(汗)。




DSCF2650aSS_201312081455438ba.jpg



ありふれすぎて、ふだんなら意識もしない眺めですよね。

配送のトラックが三台、等間隔で並んでる。

よくよく見ると西濃、佐川、ヤマト・・・(笑)。

ヤマトさんと佐川はまあ、いつでもどこでも見かけますが。

西濃は「いつも」とは言えないので、そろい踏みに反応しました(笑)。

ぼ~っと歩いていたのですが、

「あ!」

気づいた途端にカメラを取り出してました。

ヤマトのクルマがすでに動き始めていたので、ピントを合わせるのが精一杯。

ギリギリ間に合ったという写真です。

「・・・だからなに?」

って言われると、いや・・・それだけ、ですが(汗)。




●こっちは

夜の・・・いや、夕方の散策から。


DSCF2566aS.jpg


今は日が短いので、夜でもないのに暗い。

午後4時半くらいじゃなかったかな。

三日月がきれいに出ていました。

そのとき持ってたのは、富士フイルムの FinePixF600EXR だけ。

いいカメラ・・・なんですけど、何て言うのでしょうか。

あっさりした発色がときどき、自分の好みに合わなかったりする(汗)。

それから露出を、どうも明るめ、明るめに補正してくれちゃう気がします。

薄暗い場面で、(わたしのイメージよりも)明るい写真に仕上げてしまう傾向がある、という意味。

解像度も高いし、起動も早いし、いいカメラなんだけどなあ。

そんなわけで、この写真。

露出をマイナス2くらい、つまりけっこう激しく補正しています。


DSCF2576bS.jpg


カメラの愚痴もいいますが、でもこれ。

手持ちで、これだけ暗い状況で、お月さまをアップで撮れる。

スゴイ性能だと思います(笑)。

普通なら見られたもんじゃないと思いますが、この程度のブレで済んでるんですもの。

2万円もしないコンパクト・デジカメでこれだもんなあ。

※わたしが買った当時のお値段。もう生産終了してます。

※今なら2万円くらいあれば、はるかに新しい後継機種、F900EXRが買えると思う。


DSCF2573s1.jpg


不思議なクリスマス・デコレーション。

ひょ、ひょうたんかと思った・・・(汗)。


DSCF2602aS.jpg


夜の踏切。

・・・って、なんでこんなに異様な雰囲気なんでしょう(汗)。

※特に色合いをいじったわけではありません。

夜といっても、せいぜい午後5時くらいだったし。

ごくごく普通の、なんてことない線路なんですけどね。




●では、

また。。。


【08/12/2013 14:51】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。