今年もあと・・・

●あっという間に

20013年も残りあとわずか。

一週間もない。

もうホントに信じられないほど、時の過ぎるのは早いですね。

おそろしいことです(苦笑)。


1727203ss.jpg


まだアップしてなかったクリスマス画像を・・・今ごろ(汗)。

イギリスでは今日はBoxing Dayで、まだクリスマス休暇中。

ってことで(笑)。


そういえばそろそろ、最愛の仮称☆洋介くんの誕生日です。

あっという間に彼も7歳。

小学生になってすっかり、なんていうのか、子供っぽさが抜けました(笑)。

いや、まだギリギリ6歳だし。

もちろん客観的には、まだまだねんねの可愛い少年ですよ。

サンタさんにもらったスーパーこまちが嬉しくて、それはそれは浮かれてますし(笑)。


参考画像(笑)>>

新幹線E6系スーパーこまち新幹線E6系スーパーこまち
(2013/11/23)
トイコー

商品詳細を見る



それは当然なのですが、でもな~。

どう言うんでしょう。

※以下、おばバカ注意報発令。

おおきながっこうに行くようになって、周囲が見えるようになってきました。

価値観や、おうちの躾けのちがう子供。

好きな科目も、好きなおもちゃも人によってちがう。

大人しくて教室で委縮する子もいれば、暴れん坊もいる。

ルールを守る子も、守れない子もいる。

大人のいうことも、よくよく考えると人によってちがったりする。

そういうのに気づき始めてるみたい。

要するに、世界が広がったんですね。

幼稚園の頃とは、ずいぶんと視野がちがう印象です。

他者に対する配慮・・・っていうと、大げさですが(笑)。

そういう「気づき」の第一歩、みたいなもの。

本当におとなになったなあ、と思います。

(いや、まあ、ですから、あくまで6歳の子供レベルでのお話だけど。)

もう幼児じゃなくて、少年なんだなあ、と。

しみじみと思います。

オバチャンの一年も早いけど、子供もあっという間に成長しますよね。

気がつくと、甥っ子ちゃんはものすごく成長してる。

お母さんや弟くんに対する態度には、すでに「大事にしなくちゃ」って男の自覚すら伺わせます。

スゴイよ、ホント・・・(笑)。

男の子って、とにかくやさしいでしょう?

ものすごく繊細で、純粋で、そしてとてもやさしい。

もっと無邪気で小動物みたいだった頃の彼が、なつかしくもあり。

今の彼が頼もしくもあり。

これからの彼がとても楽しみでもあり。

ああ、でも、今のままでいてほしい、とも思うなあ。

・・・あはは。

ホントにおばバカです(汗)。

失礼しました。


追伸

念のために申し添えると、弟の仮称☆洋二郎くんは3歳半。

超!絶!完!全!に可愛いです。

まるまるくるくる、死ぬほどかわいいです(笑)。

マジメでお利口なお兄ちゃんと比べると、彼は天衣無縫ないたずらっ子タイプ。

末っ子気質、というか。

気管支系がやや弱いらしく、どういうわけか低めのハスキーボイス。

元気なときもハスキー声。

生まれながらのハスキー声ってあるのね・・・(笑)。

愛くるしい笑顔とのミスマッチが面白くて、おしゃべりが楽しい。

なんでもお兄ちゃんと一緒がよくて、一緒じゃないとイヤで、でもいろいろ追いつけなくて。

それでときどき癇癪を起こす、そういうアホなところもかわいいです(笑)。

・・・あ、もう。

やっぱり、死ぬほどおばバカ(爆)。




●ぽよよん

岩城さんへの拍手とコメント。

本当にありがとうございました♪

続きは・・・まあ、他愛ない内容ですが、執筆中です。

少々お待ちくださいませ。

香藤くんみたいなカンペキな彼氏が、たったの22歳ってあり!?

というコメントが多かったけれど、それはほら、アレです。

そういう人だからこそ、岩城さんがころっと・・・ねえ(笑)。

普通ならまあ、あり得ないですね。

22歳の大学生であんなに世慣れてたら、むしろ可愛げがないとすら思うかも?

でも、そこは『春抱き』です。

天下の香藤洋二です。

究極のファンタジーの世界ですから、あれでいいの!

・・・と、強弁してみる(汗)。


クリスマス・ディナーの予約のドタキャン。

あは、は・・・(汗)。

気にしてらっしゃる方もいらしたけど、たしかにあれはダメでしょうね。

本来ならやってはいけないことだと思います。

普通の日であっても、当日キャンセルなら、キャンセル料を取られてもおかしくない。

ましてクリスマスの特別メニューだと、マズイでしょうね。

人気レストランなら尚更、高額なクリスマス・メニューを提供してるでしょうし。

その辺どうなったのか、それは書きませんが、キャンセル料を払ったんじゃないかなあ。

香藤くんが、です。

岩城さんは・・・どうでしょう?

ディナーのキャンセルにお金がかかったはずだと、気づくかな?

(なんとなく、そこまで頭が回らない気がして。)

思い至るきっかけさえあれば、きっと真っ青になって弁償するでしょうね。


そんなに何時間も、待てるものか・・・?

という疑問を持たれた方もいたようですが、これに関してはイエス。

・・・だと、わたしは思います(笑)。

約束に遅刻することに関しては、以前このブログで触れました。

わたしがその点、若干ルーズな傾向があることも含めて(汗)。

でも、この場合はね?

香藤くんは最初から、長~いこと待たされる覚悟でいると思うのですね。

(ヘタをしたら最終的に岩城さんが来れないことも、考慮に入れてたかも。)

そりゃ、待つのが好きなわけないし。

よりによってクリスマス・イブの夜、彼みたいな目立つ人がずっと人待ち顔だったら、周囲の注目を浴びちゃうだろうなあ、とは思います。

(若い彼には、「あの人、彼女に振られたんじゃない?」みたいな視線は相当に痛いはず。)

でも、岩城さん、最初から遅れると言ってるわけだし。

出られそうなら連絡する、とも言ってる。

それでも待つと決めたんだから、そらもう香藤くん、腹をくくるしかないじゃないの(笑)。

待てると思いますよ。

うん。

(わたしがわりと、待つことに苦痛を感じないタイプだからかも。)

合理的に考えれば、

「遅めのクリスマスになっちゃうけど、じゃあ、今度の土日にしよっか?」

のほうが、スマートですよね。

なんせ、その日は仕事で抜けられるかどうかわからないって、恋人が言ってるんだから。

冷静に考えたら、別の日にスケジュールし直すしかないはず(笑)。

でも、「その日」にこだわってしまうんだなあ。

そこはもう価値観の違いって気がするし、若さゆえかもしれない。

イベントの重要さというか、日にちへのこだわりって、個人差がありますから。

どうしてもその日じゃなくちゃダメ、って。

香藤くんの気持ちはわかるけど、まあ、わがままでもありますよね(笑)。

そういう意味では、実は子供っぽいのかもしれない。

それに必死でつきあう岩城さんは、実はオトナなのかも・・・?

(本人に自覚症状はないけど。)


などと、考えるのも楽しい。

『春抱き』に関しては、妄想が尽きることはありません♪




●それでは、

またね。。。


【26/12/2013 02:32】 春を抱いていた | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。