ピンクのロールス☆★☆

●エミリアーノの残影

す、すみません・・・!

昨日の日記の続きを、書く気はすご~くあるんですが(苦笑)。でも、あまりに眠くって、眠くって、へろへろで、昨夜は追記を断念しました(爆)。

わたしたちがハロッズ(←みなさまご存知かと思いますが、世界でいちばん有名・・・かもしれないロンドンの超・高級デパートです)で遭遇した、どうしようもなく可笑しい魅惑のイタリアンふたりについては、後ほどまた改めて(笑)。

今回のパラレル・ツアーとは直接の関係はないはずなのに、ひょっとしたら、もっとも腐女子的な萌えを提供してくれた金髪のエミリアーノと、黒髪のマルコ。・・・近いうちに、ご説明申し上げたいと思います(笑)。


●ロンドンの夜

ケンジントン・ガーデンズのあたりを、あてもなくふらふらと歩いておりました。小鳥さんとふたりだけの散策、です。その事情については、某Mさまのブログできっとそのうち、ご紹介があるかと思います・・・(笑)。

そしたら、ロイヤル・アルバート・ホール(下のほうの画像です♪)の前に、とんでもないモノが停まっていました(笑)。

pink rolls royce

シャンパン・ピンクのキャディラック・・・じゃなくて、これはロールスロイス、ですよね(笑)。すっごい綺麗な色ではありますが、でっかい高級車のボディにふさわしい色かどうかは、多少意見が分かれるんじゃないかなあ。

いや、すっごい迫力でした・・・ある意味(笑)。

royal albert hall at night

余談>>

実はこの有名なコンサートホールには、ずいぶん昔・・・今からたぶん、15年以上前に、一度訪れたことがあります(笑)。

エリック・クラプトンの『Unplugged』ツアーの一環だったと思いますが、何しろあんまり昔のことですし、友人に(当日キャンセルしちゃった)誰かのピンチヒッターとして呼ばれただけなので、よく覚えていません。ファンにとってはきっと、垂涎のチケットだったと思いますが、わたしはそういう意味では、あまり興味がなかった。ありがたみが分からない・・・ってやつですね。

まあ、それはともかく。

そのコンサートで、クラプトンは「Tears in heaven」という(亡くなったお子さんに捧げる)曲を初めて(←だと思いますけど、まちがってたらごめんなさい)披露したんですね。

ちなみに、そのときコンサートに誘ってくれたのは、背の高いオランダ人のウォルターというクラスメートでした。よく考えたら、(誰かの代理ですが)コンサートのタダ券をくれた時点で、何か「えへ?」な意図があると思うべきなんでしょうが、当時のわたしは鈍くてね~(初心かったとも言う、笑)。コンサートの後、にっこり笑ってお礼を言って、ひとりてくてくと元気に帰宅したような・・・。






●最後にこれは

おまけショット(笑)。

red bird cage in paris

パリのrue des Cannettesで見かけたお店のディスプレイ。真っ赤な鳥かごですが、どうもお耽美な感じですよね(笑)。小鳥さんに、「こんなかわいいおうち、買ってあげようか?」と聞いたら、すっかり拗ねてしまいました・・・。


●いろいろと

ハプニングもありましたけど。

怒涛の『春抱き』パラレル☆ツアーは、事故も脱落者もなく、無事に7泊9日の旅程を終了しました(笑)。ツアー参加のみなさんが、終始にこにこと元気でいてくださったことが、いちばんの喜びです。

おいしいイギリス、おいしいパリ。

短い期間ではあったけど、萌えと欲望に忠実な食い倒れツアー(笑)としては、まずまずの出来だったのではないかと思います。(ツアー参加者全員に、旅行レポートを書いてくださるようにお願いしましたので、日を改めてまた、思い出したエピソードなどを随時つづりたいと思います。)

ほんとに、楽しかったよ~。

自分の体力の無さについては、へろへろ疲労困憊の小鳥さんともども、実感してます(笑)。みなさんが元気すぎるというより、ふだんから運動不足で、ともすれば引き篭もりがちなわたしたちが、スタミナなさすぎなんでしょう・・・。ぐるる。
【17/06/2007 07:26】 旅★たべもの | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。