しつこくエミリアーノ(爆)

☆このお話は、昨日の記事の続きです(爆)☆




●膨大な量の

アフタヌーン・ティですが、お菓子やスコーンだけじゃなくて、フィンガー・サンドイッチもおいしいんですよね(笑)。

afternoon tea at harrods

なんというのか、素材からして違うんですよ(笑)。

たかがハム、あるいはスモークサーモンが一切れ入っただけの、ごくごくシンプルな小ぶりのサンドイッチですが、パン生地ひとつ、バターひとつが違うって気がする(笑)。・・・イギリスってそもそも、何を食べてもおいしい国ですが、ハロッズは中でも格別です。(あたりまえ?)

そんなわけで、「おかわりはいかがですか?」と金髪の青年にすすめられて、わたしたちは「ハムとサーモンのサンドイッチを、もう少しください」と答えました。・・・ええ、そう(笑)。おかわりなんてしなくっても、充分お腹はいっぱいだったんですけどねえ。


●衝撃のハプニングは

その後に起きました(笑)。

薄切りハムのサンドイッチと、濃厚なスモークサーモンのサンドイッチ。それを数切れずつ、頼んだつもりだったのですが、金髪の青年が運んで来たのは、お皿いっぱい!山盛りのハム・サンドイッチ(爆)。

あまりのことに、わたしたちは悲鳴(のようなお上品な失笑)を上げましたね~(笑)。どうするんだ、こんなの・・・って思いが、おそらく顔に出ていたんでしょう。黒髪のマルコが、「どうかしましたか?」と心配そうに近づいて来ました(笑)。

「あの~、わたしたち、ハムとサーモンを少量、ってお願いしたんですけど?」

少々控えめにそう説明すると、彼はにっこり。すぐに「作り直させますから」と、一旦そのお皿を下げました。この辺まではまだ、よかったんですね(笑)。さすがハロッズ、と、そつのない対応に感心できる余裕がありましたから。

でも、次にしずしずと届けられたのは、大皿にいっぱいのサーモン・サンドイッチ(のみ)・・・(爆)。わたしたちは、5人揃って爆笑してしまいましたね。だってもう、こうなると、笑うしかないじゃない?(笑)

でも気の毒なのは、恐る恐るお皿を置いた途端に、日本人女性5名の大爆笑攻撃を受けてしまった、金髪の青年です。(オーダーが通ってないのは彼のせいなので、プロとしては同情の余地がないかもしれないけど、まあ、大目に見てね。)

この後、三度目の正直でようやく、ハムとサーモンが並んだわけですが。わたしたちの会話の中心は、しょげて垂れた耳が見えそうな金髪の青年でした(笑)。だってね、緊張と羞恥心で、すっかりカチコチの彼。・・・かわいそうなくらいうな垂れて、もう、笑顔を振りまいてはくれません。

「もしかしなくても、あの子、落ち込んでない?」
「うん、やっぱり、一斉に笑ったからな~」
「相当ショックだったのかも」
「だってあれ、最高に傑作だったもん」
「厨房で、すっごい怒られたとか?」
「あはは、たぶんそうだよ」
「ちょっと、かわいそうかも・・・」
「ほら、もうそばに来てもくれないよ」
「うん、さっきから一度も、こっちを見ようともしないね~」
「そうそう、お茶も注ぎに来てくれないし・・・」

ぴーちくぱーちく、おしゃべりは続きます・・・(笑)。






●それにしても

名前が知りたいよね、というわけで。

わたしたちは彼をついに強引に呼び寄せて、胸につけてるネームプレートを覗き込もうとしました(笑)。でもこれが、なかなか上手くいかなくってね。すぐそばに立つウェイターさんの上半身をまじまじと見つめるって、けっこう不自然で難しいもんです・・・。

とうとう焦れて、わたしは正攻法に出ました(笑)。

「あの~」
「はい、なんでしょう?」
いぶかしげに、頼りなさげに、彼が首を傾げます。
「いや、ゴメン(笑)。名前を見ようと思ってね♪」

ストレートにそう言うと、彼はちょっとびっくりしてから、嬉しそうな満面の笑顔になりました・・・あらら(笑)。名前を聞いただけで、こんなに喜んでくれるんだ・・・(笑)。彼はにっこりと、自分のネームプレートをつまんで見せてくれましたとも(笑)。

その名は、エミリアーノ・ベルトラーニ・・・!

あまりに華麗でお耽美で出来すぎのイタリアンな名前に、わたしたちは仰け反りました(爆)。マルコ・ディ・ローザと、エミリアーノ・ベルトラーニ・・・う~ん、イタリアって偉大・・・!!

こうなるともう、押せ押せムードです(笑)。個人的なことを恥ずかしげもなく聞くオバチャンの乗りのままに、「へえ、きれいな名前ね。どこの出身?」と、詮索してみたんですが。

「ジェノヴァです」

という答えに、今度は小鳥さんが「うわ!!」と叫びました(笑)。予想外の、いや、予想以上の反応です。

・・・じぇ、ジェノヴァのエミリアーノ!?!?


●ジェノヴァ萌え

ジェノヴァって言えば、アレです(笑)。

イタリアではヴェネツィアなどに並ぶ、歴史的にすご~く有名な海洋国家です。裕福で華麗な海港都市で、軍港でもあるし、今でもたぶん、イタリア最大の貿易都市・・・のはず。

頭の中には、海賊の首領クラウディオさまのお姿と、それにつき従うジェノヴァの(おつむの弱い)貴公子・・・とか。エレナ姫に無謀な片恋をする、不器用な海の男とか。いやいや、でもあのキャラは受けだから、そうなると・・・?

なんてね、とんでもないエミリアーノ妄想が、暴走しちゃいました。たぶん、他のみなさまも、多かれ少なかれ、似たような妄想をしたと思われます(笑)。なにしろ全員、にまにまと顔が緩んでましたから・・・。

※余談ですが。

わたしたちが、明らかに金髪のエミリアーノに興味を示したことに、気分を害したのか、嫉妬したのか(笑)。黒髪のマルコが、途中からしゃしゃり出てきて、「ジェノヴァ出身の男なんてダメだよ~」と主張してました。・・・ホント、楽しいなあ。


●そんなわけで

天下のハロッズでも、しっかりBL連想(笑)。できないと言いつつ、『春抱き』変換までする始末です。これって、フリークの鑑・・・かな?
【20/06/2007 01:08】 旅★たべもの | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。