Wow, amazing...

●すごい!

錦織圭、すげー。

【速報】錦織 日本人初で自身初のGS決勝進出、世界ランク1位のジョコビッチ撃破<男子テニス>


WS000650.jpg


USオープンで快進撃。

イライラしながら、文字だけのネット速報を追ってました(笑)。

いやあ、もう思わず震えたわ。

すごい。

本当に素晴らしい。

(ついこの間、なんか手術したって聞いていたのに!)

第一シードで世界ランキング一位のジョコビッチを破って、堂々の決勝進出です。

ちなみに錦織くんは第10シード、ATPランキング11位。

ベスト4、つまり準決勝にまで進んだだけでも、大変な快挙だというのに。

日本人初のグランドスラム決勝進出。

のみならず、どうやらアジア人男子初、らしい。

(と、試合後のぞいたネット中継の実況解説者が言ってました。)

マイケル・チャンは?

と一瞬おもったけど、彼はアメリカ人だものね。


昔むかし、マイケル・チャンの活躍をうるうるしながら見てました。

レンドルもエドバーグもマッケンローも、ベッカーもアガシも好きだった。

ウィンブルドンでは松岡修造も応援した。

ちなみになぜか、イワニセビッチがいちばん好きだった(笑)。

でも、中でもマイケル・チャンは別格でした。

ファンというより、畏敬の対象?

あの人があれだけできるのなら、日本人が頂点に立つ日だって夢じゃない。

夢物語じゃなくて、いつか実現するかもしれない。

そう思わせてくれた。


で、今まさにそれを、錦織くんが証明してるように思えます。

マイケル・チャンがコーチについてから、本当に伸びた。

選手として超一流で、指導者としてもすぐれてるマイケル・チャンって、あらためて凄いお人です。

天才、って言葉じゃ追いつかない。


準決勝の相手。

アンディ・マリーより、ジョコビッチのほうがいいとは思ってた(笑)。

と今になって言っても意味ないけど、ホントです。

だからといって、勝てると思ってたわけじゃないけど。


決勝の対戦相手。

フェデラーかチリッチか、どっちだろうなあ。

フェデラーが来てくれたほうがいい、と思ってしまうわたしは変かもしれない(笑)。

チリッチのほうが数字(シード、ランキング)の上では、錦織くん有利のはず。

でもテニスって、そういうのあんまり関係ないですよね。

大会の最初のほうならともかく、トーナメント後半になればなるほど、勢いが大事になる。

勢いがつくというか、流れに乗るというか。

なんなんでしょうね。

いったん運がつき始めると、ランキングなんか関係なく、次々と難関を突破する。

決して、ラクラク進むわけじゃないんですよね。

毎回、たいへんな思いをすることはするんだけど、でも、

「ああ、運命の女神は、この大会ではこの選手が気に入っちゃったのね」

としか思えないケースが、ときどきある。

そうやってスターは生まれる。

そうなの・・・?

これは、そういうこと???


あうう。

決勝、見たいなあ。

ジンクスがこわいので、見ないでおくべきか。

でもきっと死ぬほど気になるよね・・・(苦笑)。

がんばれ錦織圭

一世一代のチャンスだ。

その他大勢の選手で終わるか、モブから抜け出すか。

これが試金石になるでしょう。

グランドスラムのタイトル、とろう。

そしてベストエイトの常連になろう。

勝負はこれから。

怪我をせずに、ベストの状態でファイナルに臨めますように。





●では、

またね。。。



【07/09/2014 05:07】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム