Tender Greens じゃないけど気持ちだけ Evergreen (笑) お茶会レポ1

重陽の節句

ということで、菊の写真を。



IMG_1700ssf.jpg



これを撮影したのは、香取神宮です。

何年か前の秋のことでした。

その日のぷち旅行のことは、とっくにブログに書いたと思ってたけど、見当たらない(笑)。

きっと書こうと思って、つい忘れてしまったんだと思います。

いつか、また写真と一緒に書けるといいなあ。



IMG_1689ssf.jpg



自分で撮った(膨大な量の)写真データベースを探していて、気づいたこと。

意識したこともなかったけど、多分わたし、菊の花がそれほど好きじゃないんですね(笑)。

キライ、じゃないですよ。

ただ単に、あんまり興味がないらしい。

・・・自覚していませんでした。

でも、探してみると、菊の写真が少ない。

たとえば同じ秋の花でも、曼珠沙華の写真は何百枚もあるんですよ(笑)。

萩やコスモスも結構ある。

野ブドウやムラサキシキブ、その他いろいろ。



IMG_1720ssf.jpg



でも、菊は意外と?ありませんでした。

※いわゆる大輪の菊。菊花展などで見られるもの。

キク科の人気園芸種、たとえばマーガレットやガーベラなら、あるんですけどね。

「日常生活で、大輪の菊なんかあんまり見かけないし・・・」

とも思ったけど、もしも好きなら、自分でもっと観に行く気がするのよね。

それをしないってことは、そういうこと。

・・・だと思ってしまいました。

無意識のうちに、選別してるもんだなあ。





●結局は

スーパームーン、見損ねました。

ま、次の機械を待ちましょう。

お天気は・・・なんか、はっきりしないですね。

晴れないし、雨も降らないし。

暑いよりはいいのか・・・(笑)。


DSCF6980ss.jpg


きれいな空がないだけで、気分もイマイチ乗りません。

どういうんでしょうね。


DSCF6980hhffss.jpg


この写真は、何日か前に撮ったもの。

上がほぼ、撮ったまま。

下の画像はそれに色をのせて加工しています。

どっちにしろ、(計画的な)失敗写真(笑)。

夕陽に直接レンズを向けたら、派手にハレーション起こすに決まってる。

光芒や、レンズフレアがほしかったので、わざとやりました。

※よい子は真似をしてはいけません。

というか、いくら液晶画面を通してとはいえ、太陽に直接カメラを向けるのは避けましょう。

目をやられてしまいます。

バリアングル液晶だとしても、同じこと。

ましてファインダーに片目を押しつける昔ながらの?一眼タイプなら、もっての他です。

どうやって撮るのかというと、あてずっぽうです(笑)。

いや、ホントに。

だいたいの構図をイメージしたら、目をそむけたまま、両腕でカメラを掲げます。

ちらりと、カメラが真っ直ぐかどうか横目でチェック。

あとは運だのみでシャッターを押します。

アングルが少々ななめになっても、あとで補正できます。

トリミング前提で、ほしい絵よりもやや大きめ(広角寄り)に撮るといいかも。

まあ、エラソーなことを言っても、この程度の写真なんだけどね(笑)。





●簡単に

8月30日に開催された、お茶会のようすを報告します。

今回の主目的はですね、


「肉を食べる!」


でした(笑)。

もう何度も書いていますが、ゆす茶会の常連さんたちはとにかく、食べるのが好きです。

東京ぐるめ倶楽部、という別名があるほどです(笑)。

(たまにホントに、この「東京ぐるめ倶楽部」主催の集まりもあります。)

ありがたいことに、みなさん健康でよく食べる。

おいしいものが大好きで、幸い深刻なアレルギーや好き嫌いもない。

10人からいて、これは本当に幸運だと思ってます。

三度のご飯よりも『春抱き』が好き。

それは間違いないんだけど、食べることは 僅差の2位 という感じ(笑)。

岩城さんと香藤くんについて、熱くひたすらしゃべり倒すのと同じくらい、

“この仲間たちと美味しいものをたっぷり食べる”

も大事なのですね(笑)。

そういう意味では、二重の同志・・・なんだよなあ。



DSCF6746ss.jpg

<写真は、今回のランチお茶会の会場となったシュラスコのお店>



そしてほぼ全員、見事な肉食でございます。

※若干の例外あり。

女ばっかりだし、この年齢だし、

「そろそろ枯れてもいいのでは・・・」

という考えが脳裏をよぎらなくもないけど、どういうわけか、みなさん健啖家です。

よく食べよく飲み、よくしゃべり。

・・・といいたいところだけど、飲むほうは控えめだなあ。

酒好きの同志は少数派で、飲まない派がマジョリティです。

もちろんカワイコぶってるわけではなく、本当にお酒が苦手なだけ(笑)。

飲み放題の居酒屋さんでも、ソフトドリンクが主流。

その点だけは女子会らしいと、個人的には思っています。


お肉をがっつり!

「いい歳の女性が集まって、もうちょっと遠慮というかカッコつけというか、ないわけ?」

いかにもお下品ではありませんか、などなど。

眉をひそめる向きもあるかもしれません。

想像ですが>>

常連さんたちはですね、いつもこうではないんじゃないか、と思います(笑)。

職場や同窓会や親戚の集まりなど、他のシーンでは、もうちょっとしおらしくしてる、かもしれない。

必要に応じて、もうちょっと大人の女性らしく、お上品に振る舞っている・・・かもしれない。

※わたしの想像にすぎませんが。

なぜって、女性はわりとTPOに敏感ですからね(笑)。

周囲から浮かないように、その場にふさわしい態度をとるくらい、なんでもないはず。

女性は環境の動物だからです。

これを擬態とよぶのか、空気を読むというのか、それは知らん(笑)。

でも社会人として機能できる人は、それをちゃんとこなせるのではないか、と思っています。



DSCF6748ss3.jpg

<写真は、レストラン開店前に銀座をぶらぶらしたときの風景>



で、ゆす茶会です。

なぜこの集まりでは、みなさん擬態を用いないのか(笑)。

あまり体裁を取り繕うことなく、素のまま?に近い状態でいられるのか。

これは断言しますが、毎回ほぼ同じメンツと、一回10時間あまり、ずっと一緒に過ごすのです。

密室で、あっつーいオタク話を延々と。

それを、長い方の場合はすでにもう10年近く、やってるんですよ。

どんなに芝居がうまくても、誤魔化しきれるものじゃありません(笑)。

それだけつきあって、猫をかぶり続けられるわけがない。

「よそゆきの姿」はもちろん、自宅でひとり寛いでいるときとは違いますよ(笑)。

でも、気取ったりカワイコぶったりは不毛です。

化けの皮ははがれてしまうでしょうし、だいいちそんなことしてたら、自分がしんどいでしょう。

だから、わりと素顔のおつきあい。

そうやっていると思います。


で、なぜか???

それは言うまでもなく、おつきあいの根っこに『春抱き』があるから、です。

腐女子が全部、肉食とは限りません(笑)。

とってもかわいくてお上品で、ふわふわした腐女子も世の中にはきっといる。

わたしの周囲にはいないけど。

腐女子=肉食、ではない。

だけどひと口に腐女子といっても、『春抱き』好きはちょいと違う。

春抱き』好き=肉食。

この等式は、かなりの確率で成り立つんじゃないかしらん。

・・・統計的な裏づけ皆無だけど(爆)。


と書くと、反発なさる方もあろうかと思うけど、考えてみてください。

ひとりでこっそり『春抱き』を好きで好きで、たまらなく好きだと思ってるうちはいい。

思うのは自由だし安全です。

ネット同人ではまっているうちは、まだいい。



DSCF6757ss.jpg

<写真は、なぜか銀座で孤独にひたる小鳥さん>



でも、ゆす茶会に参加するということは、これはステイトメントです(笑)。

宣言。

カミングアウト。

自分の顔と名前をさらして、『春抱き』が好きだとリアルに公言するわけですからね。

その辺の単なるBLじゃなくて、『春抱き』ですよ?(笑)

よりによって、岩城京介と香藤洋二ですよ?

サイコーにやらしくて、サイコーにえろくて、サイコーに美しい。

サイコーにカッコよくて、サイコーに「どこのジャパンだよ!?」で、サイコーにわけわかめ。

世紀の傑作。

希代の問題作。

こんなとんでもないモンが、世の中にどれだけあるっていうの。


いい歳をした立派な社会人やってる女性たちが、

「岩城さんサイコーです! 何よりも好きです!」

ってね、ネットで知り合った素性もよくわからない同志相手に、宣言するわけです(笑)。

(・・・あ、ごめん。ひとり、香藤くんファンもいるんだった。)

あの濃厚ないちゃいちゃとか、らぶらぶとか、ちょめちょめとか含めて、みんな。

リスキーだと思いません?

恥をさらす覚悟がなければ、早々できるもんじゃありません。

気分だけでいえば、江戸時代の隠れキリシタンが自己の信仰を告白するようなもの、かも。



DSCF6761ss.jpg

<写真は、オサレな銀座のビルのディスプレイ>



世間ではよく、

「学生のうちに親友をつくっておきなさい」

「社会人になってからでは、本当に心をさらけ出せる友人を見つけるのはむずかしいから」

なんて言いますよね。

それは、真実だと思うの。

大人になって、仕事も家庭環境も学歴も収入も趣味嗜好も、どんどん多種多様になってきて。

しがらみや過去が増えれば増えるほど、そういうのを無視して忌憚なくつきあえる人って、なかなか出会えないから。

でも、『春抱き』はスゴイよ(笑)。

年齢とか出身地とか職歴とか配偶者の有無とか。

全部ぜーんぶスルーして、仲間をハートで結びつけてしまう。

鷲づかみ、ってやつ?


『春抱き』が好きだって、大好きだって公言することは、さ?

おかしな喩えですが>>

30年、40年から生きてきて、ほぼ初めて会った赤の他人に向かって、

「わたし、せっ○すのときは○○の体位がいちばん感じるの!」

といきなり報告しちゃうみたいな(笑)。

そのくらいの “清水の舞台から飛び降りる” 感があるんじゃないか、と・・・(笑)。

※喩えです。

※あくまで喩えです。

※そのような会話を実際にしたことはありませんよ。念のため!

なんせ、ヤドカリえっちがいちばんエロいよね、とか。

いやいや、いっちばん岩城さんがヤラシー!サイコー!なのは剥奪者でしょう、とか。

もっとも深くつながってるのはどう考えても××のシーンだよね、とか。

そういう話だって、しちゃうわけだもん(汗)。

※そういう話 「も」 する、ということですわよ、おほほ。



DSCF6765ss.jpg

<写真は、ひと足早く到着したお茶会仲間のM嬢と談笑する小鳥さん>



ま、アレだ。

中高生の女の子が、彼氏とどこまで行ったとかいかないとか、赤裸々にしゃべっちゃうのと似てるかもね。

「絶対ヒミツだよ!!」

の、濃厚な少女だけの世界(笑)。

秘密と官能とカタルシス。

ある意味それを、今になって再現してる・・・のかもしれません。

『春抱き』を読んで、あるいは凡百のBLを読んで思ったこと、疑問に感じたこと。

今まで誰にも言えなかった、聞けなかったこと。

そういうのを何でも気兼ねなく口にできてしまう。

そういう結びつき。

そんな関係性ができてしまったら、今さらカッコつけるもへったくれもありません。

なんせ、心のいちばん奥にある無限の欲望や愛情や妄想を、口にしてよい環境です。

それを自然に、煽りも茶化しもせずに、受け止めて反応する仲間たちです。

(なにを言ってもいいのだけど、なんでも話すわけじゃない。・・・わかる?)

けっこうな絆だと思いますよ(笑)。

それに比べたら、食べ物の嗜好を語るなんて何でもない。

たぶん。

そういうことだと思います。

・・・きっと。





●あれれ?

なんかうっかり、延々と語ってしまいました(汗)。

相変わらずしゃべりすぎだ、わたし。

さらっとすすめるはずが、申し訳ない。

長くなりすぎてしまったので、お茶会の様子はまた後日に回します。

すみません。

では、またね。。。



【10/09/2014 03:22】 春を抱いていた | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム