カワセミ見つけた

●本日の

一枚。

というか、(とりあえず)五枚・・・(笑)。



IMG_1268ssf.jpg


カワセミ、見つけた。

生まれてはじめて撮りました。

かわいい!

すっごいキレイ!

ひとりで大興奮、してました(笑)。



IMG_1171ssf.jpg


このあいだ。

半年ぶりに訪れた、ある晴れた午後の自然公園。

桜の咲いていたころ以来です。

お目当ては秋色に染まり始めた葉っぱと、池にあそぶ水鳥。

・・・の予定だったのですが、こんな子を見かけました。

「あれれ?」

たった一羽で、水辺にひっそりといる鳥。

大きさは、スズメよりちょっと大きいくらい。

長くおおきなくちばし。

鮮やかなコバルトブルーと、オレンジ色の羽根。

「あれはもしかして、うわさに聞く・・・?」

カ、カワセミ様だあ!

ひとり勝手に、興奮しました(笑)。



IMG_1179ssf.jpg


望遠レンズぎりぎり目いっぱい伸ばして撮りました。

三脚なしなので、とにかく手ぶれしまくり(笑)。

(実際には、100枚以上は撮っています。)

デジタル一眼でなかったら、こんなに鮮明に撮れなかったと思います。

※元の画像をトリミングしてあります。



IMG_1188ssf.jpg


こんなふつうの、街中の自然公園にもいるんですねえ。

それにしても、なんてきれいな羽根。

漢字で書くと、カワセミは「翡翠(ひすい)」なんですよね。

空を飛ぶ宝石(のように美しい)、という意味なんでしょう。

たしかに、きれいだ。

悪目立ちしそうだけど、いいんだろうか(笑)。

ちなみに、ときどき池にすっとダイブして、魚を捉えていました。

ものすごい早業。

「あ!?」

と思った瞬間には終わっている感じなので、うまく撮れない・・・(汗)。

連写スピードのもっと早いカメラじゃないと、ロクなショットは撮れないのかも。

いつかきっと、羽ばたいているところを撮りたいものです。



IMG_1227ssf.jpg


ところでこれ、全部たった一羽の写真です(笑)。

ぴょんぴょん飛んだり跳ねたり、移動するのをずっと追いかけてました。

「今度はどこだ? おお、あっちだ!」

などとつぶやきつつ、右へ左へ、うろうろ。

ハタから見てたらきっと、ずいぶん間抜けな姿だったと思う(汗)。

カメラを抱えていなかったら、不審者あつかいされかねないかも。

枝から枝へ、軽快に移動するカワセミ

それに合わせてモタモタ、うろうろするオバチャン。

・・・ま、しょうがない(笑)。


なお、カワセミの生態に関しては>>

http://www.digital-dictionary.net/wildbird/wb_2_003.html

http://www.suntory.co.jp/eco/birds/encyclopedia/23.html

http://www2.kct.ne.jp/~ryouchan/newpage48.html

このへんで勉強しました。





●では、

またね。。。


【30/09/2014 17:38】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム