秋のプレビュー

●TBのお題から

「○○狩りに行ったことある?」

いちご狩り。

むかし静岡のどこか、石垣イチゴを摘みに行ったことがあります。

あまーい練乳をつけて食べた、そんな記憶が。

ぶどう狩り。

こっちは山梨だ。

覚えてないけど、勝沼のどこか。

ぶどう棚の高さがビミョーで、ぶどうを摘んでいるうちに腰が痛くなった・・・(笑)。

イチゴもブドウも、子供のころの話です。

こう考えてみると、両親にはいろんな場所に連れて行ってもらってるなあ。

ありがたいことです。


それから、紅葉狩り。

これは今でもほぼ毎年、どこかに行ってますね。

(今年は養老渓谷という説も。)

「狩り」っぽさ(=深い山に分け入っていく感覚)があったのは、京都の鞍馬山。

圧倒的に、山です(笑)。

それから箱根から行く、大雄山最乗寺ですね。

どちらも見事!な紅葉狩りの名所です。

おすすめ♪





のカケラ

こんな感じ。

やわらかな日差しが、色づきはじめた草木に映えますね。



IMG_1097ssf.jpg


カエデはまだまだ青い。

でも広葉樹はすでに、黄色くなり始めてる。

そのコントラストがきれいでした。



IMG_1089ssf.jpg


太陽の力ってスゴイ。

ありふれた枯れかけの?葉っぱが、ゴージャスな黄金色に見えるもの(笑)。

黄色~オレンジ~赤~緑。

とてもきれいなグラデーションでした。



IMG_1093ssf.jpg


なんか・・・(汗)。

最初の三枚をこうやって見比べて、思ったけど。

ものすごく構図が似てますね。

トリミングして、つまり元画像からは構図が変わってるのに、コレです。

今まで意識したことなかったけど、こんなに撮影者のクセが出るのか。

知らなかった。

完全に無意識のうちに、感覚だけでやってるのに。

「ましゅまさんの写真は、見てすぐにわかるようになりました!」

というコメントは、一種のお世辞だと思っていました。

いや、これ。

ホントこわい(苦笑)。



IMG_1108ssf.jpg


最後のこれは、ハナミズキですね。

春の花ももちろんきれいだけど、紅葉のシーズンはもっと好きかも。



IMG_1121ssf.jpg


水鏡、です。

山はまだ緑で森閑としていたけど、よく見ると、やはりの色合いが混ざっている。

とても美しい長めでした。





●オマケというか

この花ね、初めて見たんですよ。



IMG_1047ssf.jpg


すっごい華やかな真っ赤な花。

いかにも南国、という感じ。

よそ様のお宅の塀の上から、にょきっと伸びていました。

高いところにあるので、よくは見えなかったけど、

(そういうときは写真にとりあえず撮っておいて、あとでじっくり検分する感じ。)

「ナニコレ?」

珍しいと思いました。



IMG_1049ssf.jpg


調べてみると、アメリカデイゴ、という花らしい。

鹿児島県の県木だそうです。

「やはり、南国の花なのか・・・!」

ちょっと興奮しました(笑)。

※沖縄の県花であるデイゴとは別種。


ところで>>

花の名前のおはなし。

花や草木の名前がわからない場合にどうやってるのか、と聞かれたことがあります。

調べる方法。

実はこれに近道というか、楽な方法はありません(汗)。

画像検索や照会では、まずヒットしません。

天下のぐーぐる先生も、この点に関してはとっても検索精度が低い。

だから、やりかたは完全にアナログです(笑)。

花や葉っぱの形が色に特徴があって、

「たぶんこれ、○○科じゃないかな・・・?」

とかなんとか、(あてずっぽうも含めて)なんとなく推理がはたらく場合は、

http://kasugak.sakura.ne.jp/

こういうサイトで、片っぱしから科名のページをめくります。

図鑑をいちページ、いちページ見てる感覚。

効率はともかく、これで見つけるとものすごくテンションがあがります(笑)。

完全にヒットはしなくても、よく似た花を見つけた場合は、今度はぐーぐる先生の出番。

「△△ 似た花」

とか乱暴にぐぐると、運がよければ正しい答えにたどりつきます。

(けっこうこれがね、知恵袋とか、自分と同じことを聞いてる人がいたりするのよ。)


なに科なのか、見当もつかない場合は、

http://www.hana300.com/

ここの出番。

花の色と、咲いている季節で分類したリストがあります。

これをね、やっぱり地道にひとつひとつ、ページを開いてチェックしていくのさ・・・(笑)。

骨が折れますが、地味な努力が実を結ぶこともある!(笑)

この有名サイト、わたしたちがその辺で見かけるたいていの花は網羅されています。

しいていうと野草(雑草)系はやや弱いけど、それでも十分すぎるほど。

ホント、偉大な先駆者がいたものです。

このサイトにどれだけお世話になっているか、言葉では言い尽くせません。


今回、アメリカデイゴの検索では、

「マメ科っぽいな」

とは思ったのですね。

萩とかスイートピーとか、藤とか。

マメ科の花はみんな、似たような外見をしているから。

でも調べてみると、マメ科は種類が多すぎる(笑)。

なので結局、

に咲く真っ赤な花」

で探してみました。

「季節の花300」で、わりとすぐに見つかったのは単なる偶然。

ラッキーでした。


で、花の名前にたどりついたら、今度はもう一度その名で検索します。

画像の検索をして、回答の「答え合わせ」。

それからフツーにぐぐって、専門的に研究してる人のサイトがないかどうかチェック。

(大学のセンセとかじゃなくて、個人が趣味でやってるケースもあります。)

これがね、結構あるんですよ。

どんな花でも、どこかに必ず、つよい思い入れを持った人がいる(笑)。

やたら詳しいサイトに巡り合うと、ホント、努力が報われた気がします。

さくらやバラ、ツバキなどは、その手の専門サイトが豊富です。


意外な?穴場は、農園や園芸ショップのサイト。

特定の品種を、外国種や最新の園芸種も含めて、集中的に栽培している人たちがいるんですよね。

バラならバラ、デイジーならデイジー。

百合もあれば、曼珠沙華もある。

お店(オンラインショップ)を兼ねていたりして、情報も豊富。

けっこう役に立ってくれます。


以上!

植物の調べ方でした。





●では、

またね。。。


【02/10/2014 06:25】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム