鈴鹿、有明、ミラノ、それから・・・

●雨・・・

よく降るなあ。

しかもこれからが本番って、やめて・・・(汗)。


WS000697.jpg


WS000698.jpg


みなさまどうぞ、ご無事で。





●お便り、拍手、コメント

いつも本当にありがとうございます。

心から感謝しつつ、大事に拝見しています。

リップサービスではありません。

好き勝手なことを好きなペースで、好きなように書く。

むろん自分が好きで一方的にやっていることですが、それで感想をいただくのは嬉しい。

双方向の関係があるのは楽しい。

それが励みです。

(だから見返りをまったく求めていない、といったらウソになりますね。うぐ。)

PCやカメラみたいな、色っぽくない話でも。

かなり自由に書いてる歌舞伎の話でも。

おつきあいいただいて、本当に感謝しています。

疑問もリクエストも、可能なかぎりは対応している・・・つもりだけど・・・どうだろう(汗)。

☆サイト更新しろよ

☆コネコ同盟を放っておかないで

☆お茶会レポまだ~?

☆画像編集や加工について講座ヨロシク

・・・などのご意見、ご要望も承っております(汗)。

忘れてるわけでも、やる気がないわけでもございません。

ただなんというか、気力が、時間が、いやローガンが。

まして、ポンコツXPの限界が・・・つか、データ飛んだし・・・(汗)。

しばし、お待ちくださいまし。

ぐぬぬ。





●スポーツ

たくさん、書きたいことあるんですけど。

ネタをため込みすぎて、すっかり時機を逃してしまった(苦笑)。

新旧いまさらネタも含めて、箇条書きで。


☆錦織くん

楽天ジャパンオープンで優勝。

2014.10.05 錦織圭がラオニッチを破り、2年ぶり2度目の優勝 [楽天ジャパンオープン]

錦織2週連続Vに涙「限界超えて戦えた」

マレーシアOPと、2週間つづけて優勝です。

なにがスゴイって、これで彼がATPランキング6位になるのが確定したこと。

※現在は7位。


WS000699.jpg


6位ですよ、6位。

日本人男子で、史上初の6位。

(まあ、国籍や性別関係なく、6位はシンプルに凄いけどね。)

世界で、彼の上にはたった5人しかいないの。

テニスの競技人口って、世界でどのくらい???

きっと何百万人とかですよね。

そのヒエラルキーの頂点にひょっとしたら手が届く場所まで、彼は行ってしまった。

目がくらむほどの高みです。

上の5人はみんな、モンスターとか異次元とか言われるレベルの鉄人たち。

でも、そのほとんどに錦織くんは勝ったことがある。

キャリア終盤にさしかかっている選手も多いので、いずれ世代交代がある。

何が言いたいかというと、

「無理ムリ! ○○選手とまともにやって勝てるわけないよ!」

と思えるような相手はすでにいないのです。

驕ってるように聞こえたらごめんなさい。

でも、どこかで聞いた 「勝てない相手はもういない」 は本当だと思う。

勝てる、といってるわけじゃありません。

余裕があるわけでもない。

これからも勝ったり負けたり、対戦するたびに死闘が繰り返されるのはまちがいない。

怪我ひとつでもすれば、順位はあっという間に降下する。

だけど、それでも、6位というのはダテじゃない。

一度や二度、たまたまラッキーで勝ち上がった程度では昇れないポジションだから。

(まぐれで決勝に行くことはあり得ても、まぐれで世界ランキング6位にはなれないものね。)

その場にいるべくしている、ということです。

やっぱスゲー。

ホント、あらためて驚くわ。


まーくん

シーズン最終登板では、コテンパンでした(苦笑)。

肘の問題ではなかったみたいなので、気力が切れたということか。

まあ、彼も人間だってことでしょう。

それでも今季、13勝5敗。

チーム1位なんだよね・・・(汗)。

シーズン後半をケガでほぼ棒に振って、それでもチーム最多勝。

おまけにチームMVPに選ばれてしまうあたり、アレです。

「さすがまーくん、しゅごい!」

・・・じゃなくって(笑)。

決してそうではなくて、要は、今年のヤンキーズがそれだけダメダメだったということ。

それに尽きます。

デレック・ジーター最後のシーズンで、もっと華々しい躍進を期待したけどね。

でも、先発投手陣がアレでは、勝てるわけがない。

むしろあの惨状で、圧倒的な打撃不振とのダブルワミーの中、

「よく最終節まで、プレイオフ争いに絡んでたよね」

というのが正直な感想です。

大リーグ 田中「悔しいシーズンだった」

田中将、まい夫人に「ありがとう」メジャー1年目総括会見

The 2014 MVP Of Every MLB Club

ちなみに、まーくんさあ?

これをいうと笑われるんですが、少しばかりカッコよくなってない・・・?

なにしろ元がアレだ。

まあ白クマさんですし、別にイケメンに見えるわけではない(笑)。

そうじゃないけど、でも、この記者会見の映像。

見てると、大人になったよなあ、というか。

落ち着きというか、自信というか。

もともとバカじゃなかったけど、賢明さがうかがえるというか。

(ちなみにわたしは、彼の奥さんもおバカさんだとは思っていない。)

感覚的なものですけどね、いい男になりよって、みたいに思ったわけです(笑)。

おかしいですか・・・?(汗)


☆岡崎くん

泣いた。

独誌がインタビュー、“自虐ネタ”披露の岡崎「僕の顔が内田なら…」

今シーズン得点王の余裕か。

・・・ということに、しておこう。

彼ぐらい、いかにも見た目でわかるいい人って、めったにいない気がします。

それにしても、ホント!

日本では本田くんと香川くんと内田くんばっかり、ニュースになりますよね。

活躍してるのに、実績も十分なのに、あまり記事にならない岡崎くん。

どういう格差なんだ・・・(笑)。


☆本田くん

この人の浮き沈みというか、好調不調の波はどうなってるの。

ホント、よくわからない。

ACミランに移籍して、いきなり大スター扱いされて。

その次のシーズンは絶不調で、ボロクソ言われて。

そして今シーズンは、どういうわけか絶好調のすべり出し。

リーグ戦いまのところ6試合で、4ゴール2アシストだとか。

めでたいことです。

伊紙評価:本田は「ミランから恐怖を取り除いた」

ミランに行ってから、すでに4人目の監督だっけ?

監督との相性なのか、フィジカルの問題なのか、チームメイトとの連携なのか。

不思議ですね。

ちなみに、本田くんはわたし好みのプレイヤーではない。

ないけど、でも、彼の強烈すぎる個性は応援しています(笑)。

意味不明のプライドの在り処も含めて、日本人としては珍しいくらいアクが強い。

いい子ちゃんになろうとせず、自己主張しまくる彼は、

「こんな日本人もいるのか」

と周囲に思わせていることでしょう。

イタリアではそれでいいんじゃない?

(と、テキトーに言ってみる。)

「ホンダケイスケ」ブランドを演じてるだけだという説もあるけど、それならそれで頑張ってね、と思うだけ(笑)。

謙虚さに欠けるとみなされて、日本では損をするタイプかもしれない。

でも、あえてやってるんだろうしなあ。

最後までその路線を貫いてほしいと思ってます(笑)。


☆香川くんと内田くん

最後に、アホっぽいネタ。

内田篤人vs香川真司のカワイイ戦争 ダービーマッチを前に勃発

内田篤人選手、上半身ヌードで肉体美を披露!自身の結婚についても…

あはは・・・(笑)。

内田くんはまっとうな選手ですが、まるでイロモノ扱いですね。

ルックスで損をしてる、稀有な例かもしれない・・・?





●これ

どうなったのかな。

気になってました。

鈴鹿サーキット ナイジェル・マンセル コンテンツ

マンセルのひげ。

誰が考えたんだ。

雨を制したハミルトンが鈴鹿初V。ビアンキが搬送

るいはみ、鈴鹿を初制覇。

雨に強いイギリス人だもんね。

今年は調子がいいみたいで、ちょっと嬉しい。

でもクラッシュで重体のレーサーがいるので、手放しでは・・・。





●それでは、

みなさま、無事に朝をお迎えください。

台風情報はこちらから。

http://www3.nhk.or.jp/weather/disaster/index.html

またね。。。


【06/10/2014 03:40】 スポーツ | Comments (1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/10/09 16:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム