カメラぐるん 猫もぐるん

●むかし

晴れたらいいね、とかなんとか。

そんなような歌詞の歌があったような・・・?

なんかの主題歌かも。

うろ覚えなのですが、それをなんとなく思い出していました。



DSCF7154ssf.jpg


台風一過。

昼すぎには晴れて、けっこう暑くなりました。

夕方には、こんな感じ。

やさしい青空が広がっていました。



DSCF7128ssf.jpg


河川の増水が問題になったのは、雨風自体のピークをすぎてからでした。

タイミング、ずれるんですね。

この写真を撮ったころには、すっかり穏やかな流れになっていました。

それでも、どう見ても通常より1メートルくらい水位が高い。

こわいものだな、と思います。

ガッチガチのコンクリートの護岸はいかにも美しくない。

もうちょっと自然のままで・・・と、景観だけを考えれば思いたくもなります。

でも、この水位を見るとね・・・(汗)。

これだけの備えが必要なのだと思い知らされます。


うちも、それから実家も、昼ごろには避難勧告・指示が出ていました。

気にかけてくださった皆様、ありがとうございます。

自宅も実家も無事です。

がけ崩れや大規模な浸水など、今回は神奈川の被害もけっこうありました。

横浜とか鎌倉とか、藤沢とか。

ものすごく地元感のある地名が次々とニュースに上がって、ハラハラしました。



DSCF7111ssf.jpg


夕方なのですが、がきれいでした。

いつものしょぼいコンデジで、これだけ撮れる(笑)。

大したものです。

今日のおさまはとても大きく見えたので、よけいに嬉しい。

ちなみに今宵は十三夜です。



DSCF7112ssf.jpg


写真はトリミングしてあります。

しかし、電線・・・(笑)。

なんとも言えないわね。

もちろん電線を避けてトリミングすることも、Photoshopで消してしまうこともできます。

でも今回は、そのまま残しました。

電線がそこにすっと入っていたほうが、距離感というか、サイズ感が見えるかなあ、と思って。

アクセントみたいなもの???

自分の美的センスには、まったくもって自信がありません。

うぐ。

もし「電線なしバージョン」をご所望の方がいたら、ご連絡ください。



ところで>>

望遠レンズを目いっぱい伸ばして、とっても遠いものを撮る場合。

動物や野鳥、遠くの山やタワー。

海の向こうの島だったり、や星だったり。

遠ければ遠いほど、そしてズーム倍率が大きいほど、

“手ぶれ”

が問題になりますよね。

ほんのわずかな手のブレが、被写体をボケボケ、ぶれぶれにしちゃいます。

特に暗ければ暗いほど、笑っちゃうくらいブレるものです。

これは避けられない。

(どんなプロでも、手ぶれそのものを止めることはできない。はずです。)

三脚があればいいけど、まあ、普段から持ってる人のほうが珍しい(笑)。


で、そういうときのコツ。

①なにか台になるものは?

カメラをどこかに置いて撮れるなら、それがいちばんいい。

塀とかクルマとか、使えるものがあれば利用してみましょう。

※他人のクルマはダメだよ!(笑)

小鳥さんの頭頂部や肩を利用することもありますが、これはあまりいい台とは言えません(笑)。

携帯しやすいゴリラポッドなんか、持ってるといいんだけどね。

JOBY ゴリラポッド GP1JOBY ゴリラポッド GP1
(2006/04/17)
JOBY

商品詳細を見る



②露出は許せるギリギリ明るめに。

無理に露出をあげろとは言いません。

それぞれの被写体に適した明るさがあるし、見たままの色を再現するのが優先だから。

でも、許せる範囲で、できるなら明るいほうがいい。

そのほうが少しでも、シャッター速度が上がりますから。

※シャッター速度が遅ければ遅いほどブレる。

③連写モードを活用する。

たとえばを撮るのに、連写なんか要らないよ、って思うでしょう?

でも、これがね、手ぶれを軽減する助けになってくれるのです。

イマドキのデジカメなら、まず連写モードがある。

(野鳥モードとか、スポーツモードとか、呼び方はメーカーによっていろいろ。)

中には一秒間に10枚とか20枚も撮るという、スゴイのもある。

連写=シャッター速度が早い。

ゆえに、手ぶれリスクを減らすことができます。

④高画素数・高画質で撮る。

これもまあ、シャッター速度との兼ね合いです。

高画素数&高画質で撮っておけば、多少ぶれていても、あとで補正でごまかすときに良い。

だけど高画質や高画素数って、SDカードへの書き込みに時間がかかります。

つまり、次のシャッターを押すまでに若干、待たなくてはいけない。

カメラ(画像処理エンジン)の性能、画素数、SDカードの品質、被写体、画像サイズ。

いろんなものに影響されるので、総合的に判断する必要がありますね。

シャッター速度を犠牲にしないほどほどのところで、なるべく高画質を。

・・・としか、言えないなあ(笑)。

以上。

おためしください。





薔薇とねこ

秋のバラ。

薔薇(あきそうび)、とも言います。


DSCF7136ssffg.jpg


DSCF7147ssf.jpg


きれいなんだけど、うまく撮れなかったなあ。

うむむ。

何十種類ものバラを育てている、ご近所の方のお庭なのです。

よそ様のお宅なので、好きなアングルで撮るわけにもいきません。

日差しも思うようには入ってこない。

むずかしいですね。



DSCF7160ssf.jpg


超!失敗写真なのです(笑)。

手ブレどころか、これね。

シャッターを切った瞬間に、カメラを取り落としそうになりまして(汗)。

「あ!」

思ったときには、カメラがぐるん!

だからもぐるん!

落としてはいませんが、撮影の真っ最中にカメラが回転したため、こんなヘンな画像に。

「うはは・・・ナニコレ」

笑ったけど、でもこれ、なんかオバケ写真みたいで面白い。

きょとんとした顔のも、どことなくカワイイ。

ブレブレだけど、それもちょっとマンガの効果線みたいに見えないこともない。

「これはこれでありかも・・・」

狙って撮れる写真ではナイ、ということで。

ご愛嬌です(笑)。



DSCF7171ssf.jpg


これも、はじめて見るちゃん。

おっとりと、じっと動かずにこちらを見ていました。

キジトラちゃん・・・?

顔や手先は、ほとんどゴールドの毛並みです。

サバトラじゃないですよね。

じゃあ三毛なのか・・・?

そのあたり、わたしにはよくわかりません(笑)。

で “カメラぐるん” して失敗した後だったので、慎重に撮りました。



DSCF7181ssf.jpg


美人のユウレイ・・・?(笑)

なんかこれ、半分くらい身体が透けて見えますよね。

ガラスの引き戸の向こうにいる別嬪さん。

とある商店のアイドルです。

ガラスにこちら側のアスファルトや枯れ葉が写り込んで、こんなことに。

こういう柄の猫、ホント好きだなあ。



ところで>>

実際に猫を飼う予定はさっぱりないけど、たまに妄想はします(笑)。

飼い猫につける名前。

最近のブームは、うふふのふ。

「猫を飼ったらさー?」
「うん?」
「粂八とか、五郎蔵とか、伊三次とかいいと思わない?」
「・・・(爆)」

くめはち(三毛)。

ごろぞう(キジトラ)。

おまさ(真っ白)。

いさじ(茶トラか茶白)。

ひこじゅう(白灰ブチ)。

「すんごくカワイイと思うんだけど」
「はい?」
「思わない?」
「いや、だってそれ・・・」
「うん?」
「・・・」

この路線なら、

さじまさん(真っ黒)。

・・・とかもアリ・・・?(笑)


ま、単なる妄想です(笑)。

名前の由来がわかった方は、ぜひともお知らせください。





●それでは、

またね。。。


【07/10/2014 03:50】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム