百人百様

☆二本目です☆




●ああ

あまりにもアホすぎる。

アホすぎて脱力しました・・・(汗)。

つか、泣いた。

なんなの、これ。

冗談・・・じゃないの???

朝日新聞デジタルが、ノーベル平和賞を受賞したマララさんの受賞会見英文記事を全文差し替え

無駄だと知りつつ、いちおう申し上げると。

ネットで派手に横行している朝日新聞の全面バッシングに、乗っかりたいわけじゃないのです。

非難しない、というわけじゃない。

なんでもかんでも、口汚く罵ればいいってもんじゃないだろう、という意味。

それをやってると、正当な批判がいつか単なるイジメになってしまうから。


でも、これはヒドイ。

全角英字で英文の記事を発信する、という発想がまずあり得ない。

パッと見て、おかしいってわかるじゃない(笑)。

ひと目でおかしいと、ド素人でも気づく。

デスクのチェックとか、文章校正とか以前の問題でしょう。

まさかの全角英字。

そんなものが世に出てしまう時点で、すでに悪いジョークとしか思えない。

100歩ゆずって、まあ、間違ってそれが公表されたとしましょう。

(だれにでも過ちはある、という意味で。)

でも、誰かが見ればいっぺんで気づくじゃない?

「おいこれ、おかしいぞ!」

英文をまったく読めなかったとしても(それはさすがにあり得ないけど)、それでもわかるレベル。

だって、文字の “見た目” の問題だもの。

ここまでだって、十分にアウト、です。

(信用が最近のあれこれで失墜したかどうかはさておき)まっとうな新聞がやることじゃない。

つか、ふつうの大人はやらない。

ひとりとして、まっとうな一般常識を持った人間がかかわっていないのか???

そういう新聞なの?

そう皮肉をいわれても、否定できないと思うの。


そのうえ、公式ツイッターのリアクションがすごい。

本気で、本当にマジで、

「おーい、アタマ大丈夫か!?」

と心配になるレベルでしょう。

「技術的なことがわかる人に対応可能かどうか聞いてみます」

って・・・はいー???

ええー!?

エイプリル・フールじゃないよ、国際報道サン。

捨て身のギャグだとしたら、まったく笑えないから大失敗ですね。

・・・信じられない。

本当に、背筋が寒くなりました。

ワード・・・を使ってるのかどうか、知らないけどさ。

全角英字を半角に直すのって、ファンクションキーひとつじゃないの?

一瞬、でしょう???

(仮にソフトがちがっても、同じような機能はあるはず。)

「えっと・・・あのお・・・」

ポリポリ。

もしかして朝日新聞の中の人って、そんなこともわからないの?

ツイッター担当してるのは、中高生ですか?

(いや、それじゃあ中高生に失礼かも。)

「いろいろとヤバいのでは・・・」

なんか、重層的に、まずくない?

ここ数カ月のスキャンダルに嫌気がさして、いくばくかの良識と知性を持った人間はみんな逃げちゃったとか・・・?

うーむ。


今回のこの件を、単なるフォントの好みの話、とか思ってないだろうか。

まさかと思うけど、一連のバッシングに便乗した嫌がらせ、とか認識してないだろうね???

事態を把握してるのかどうかもあやしい、信用できない。

それが朝日の現状です。

(と、言わざるを得ない。)

偏向報道や捏造が問題になっているときに、

「それ以前に、社会人としてまっとうな感覚を持ち合わせていない」

のが露呈してしまった、そんな感じ。

いいのか、朝日。

本当に、ほんとうにまずいと思うよ・・・(汗)。





●ガラリと

話題は変わって、趣味のお話です。

彼氏がコレクションしていたら嫌だと思うもの「1位 フィギュア」

ああ、わかる。

わかりすぎる・・・(汗)。

※以下、まったく個人的な見解です。

若干の偏見をも含んでいると思うので、もしもどなたかが不愉快になったらごめんなさい。


まず、趣味は自由だ。

それが大前提です(笑)。

犯罪や不法行為でない限り、誰がなにを好きだろうと、他人にとやかく言われる筋合いはない。

(はず!)

なにを好きでも、なにが楽しみでも、他人にジャッジされる謂われはない。

(家族に迷惑をかけるとか、そういうレベルまでいくと問題だと思うけど。)

気に入らない?

気に入らないなら放っておけ。

アンタには関係ないんだから、見なければいい。

・・・そう思うし、実際そうしています。

自分自身、おそらく世間からみたら、十分に

“キモイおたく”

なのかもしれない、という自覚はありますよ(いちおう)。

ふだん腐女子にやさしい環境にばかりいるから、あまり気づかないけど、

“偏見を持たれる立場”

にいる、ということも理解しているつもりです。

うん。


さて、それはそうなんだけど。

そうはいっても、人間ですからねえ・・・(汗)。

好ききらいはどうしてもある。

わからない/どこか変だと思うひとの趣味、というのもやっぱりある。

ありますよ、もちろん。

別にそれを人前でけなしたりはしないけど、偏見・・・がない、とは言えないかもなあ。

その筆頭が、フィギュアなのです。

上記リンクの記事で1位~3位を占めている美少女(アニメ)フィギュア

あれのよさだけは、いまだにわからないんですよね。

どうしてかなあ。

どこか男性特有の趣味のような気がしますが、ちがうかな。

「BL好きが何をぬかす!」

「おまえだってダンボーだのテディベアだの、好きなくせに」

って反論されるのかな?

「どっちがよりキモイか」という論争は、不毛なのでやめておきます。


ただ、このアンケートの結果。

おおむね同意なので、そこに奇妙な安心感があったのは事実です。

アニメを立体化したようなフィギュア

なかには相当なレアものや、精巧なつくりのものがあるらしい、というのは想像がつきます。

なんでダメだと思うんでしょうね・・・?

ホント、合理的な説明はむずかしい。

イヤなもんはイヤ、としか言えないかも(汗)。

なお>>

気持ちのうえで抵抗はあるものの、もしそれがパートナーの趣味だというなら、しょうがない。

自室でコレクションする限りにおいては、文句を言わないようにしたいとは思います。

(もっとも、ロリ方面に特化していたら、それはサヨナラ案件かも。)


これがもし、ガンプラだったら???

飛行機や戦艦の模型だったら???

「へえ、そういうのが好きなんだー」

気のない返事はするかもしれないけど(笑)、あまり抵抗は感じません。

鉄オタあたりと同じ扱い。

そういう趣味なのね、と思うだけ。


アイドルの追っかけやAV収集となると、どうでしょう???

(女性にとっては)あまり好ましい趣味じゃないかもしれないけど、それもまあ、

「男性だもんね・・・(笑)」

的な、やや消極的な理解はするんじゃないかな、と思います。

※これに限らず、なにごとも程度の問題ではあると思う。

相手がアイドルやセクシー女優だと、嫉妬しないとは言い切れないけど。

微妙なラインですね。


女性下着、という項目にはびっくりした(笑)。

それって趣味なのか。

犯罪としての下着泥棒ではなく、あくまで自分で購入するもの、と仮定します。

これは正直、ちょっとヘンタイ寄りに感じるかな・・・(汗)。

家族・親族や知人なら、知らずにすんだほうがいいかも。

でもまあ、ひと目のないところで自分が楽しむだけなら、許せるかもしれない。

誰かに迷惑がかかるわけじゃないから。

いやがる妻や彼女にえっちな下着を着るように強要するとかなら、問題ですけどね。

あ、ところで、女性下着の収集。

女装趣味とはまた別のもの、だと考えていますが、どうだろう???

かりに女装趣味だったとして、それが自分のパートナーだったら・・・?

嬉しくはないけど、これもまあ、露出趣味がない限りはギリギリゆるせる・・・かな。

どうだろ?

女装が趣味で、しかもその格好で外に出たい。

他人に見られたい、不特定多数に見て欲しい、というケースだったら?

ここまで来ると、ちょっと受け入れがたいかもしれないなあ。

頼むからうちの中でとどめてくれ、とは思うだろうと想像します。

(もっとも、世間一般的にみて女性にしか見えないほど似合っていたら、話は別かも???)


虫とか亀とか爬虫類は、わたしにはたぶん無理です。

これは残念ながらアウト(苦笑)。

仮にわたしの目に触れないところで飼育したとしても、家の中にいる、というだけでダメ。

寛容かどうかではなくて、俗にいう「生理的にムリ」というやつですね。

これはもう、ご縁がなかったということで。

(1000歩くらい譲って、カブトムシあたりなら我慢できる、かもしれない。)


ことほどさように、趣味には個人差があるものです。

十人十色、千差万別。

自分の趣味嗜好も、よそ様にとっては相当に「キモイ」かもしれない。

わたしには大事な大事なものが、誰かにとっては耐えがたいほどキモチワルイ、かもしれない。

「理解しない、できない」

のは、まだいい。

でもだからって、貶したりしちゃダメよね。

それを肝に銘じておかなくちゃいけないな、と思います。





●では、

またね。。。


【13/10/2014 05:24】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム