Tender Greens じゃないけど気持ちだけ Evergreen ゆす茶会レポ3

●なんか

寒いですよね・・・(笑)。

朝晩の冷え込みがちょっとしんどい季節になってきました。

秋本番・・・?

いや、なんかちがう。

気持ちいい秋晴れ、プリーズ。





●そういえば

リクエストがありましたので、ちょっと大きめの画像を貼っておきます。

何に使えるのか、うむむ???

なんでしょう(笑)。

PCやスマートフォンの壁紙になると思いますが、若干サイズが足りないかも。

ガラケーの待ち受け画面か、あるいはPCのスクリーンセイバーなら何とか。

画質はすでにかなり落としているので、むりに拡大しないほうがいいと思います。



yusuraume_WP01s.jpg


浅草は隅田川のほとりです。



yusuraume_WP03s.jpg


こちらは湘南。



yusuraume_WP04s.jpg


そしてこれは京都ではなくて、鎌倉の竹林です。

報国寺というお寺ね。

(京都の竹林の写真も、そりゃ何度も撮ってますけど。)


サムネイルをクリックすると、大判画像にたどり着きます。

よろしかったら使ってやってください。


もし他にも、大きめで見たい写真があれば・・・って、いやいや。

素人の自己満足です。

あんまり調子に乗らないほうがいいわね、わたし(汗)。





●昨日の

お茶会レポのつづき。

お肉まつりのあとは、古典的に “銀ブラ” を楽しみました。



PhotoFunia-12f845aaSS.jpg


銀ブラ・・・(汗)。

※俗説があるようですが、もちろん大正時代から、「銀座をぶらぶらする」という意味ですよ。

死語だとは思いますが、でもこのコンセプト自体は、今もあるよなあ。

専門サイト?発見>>

http://www.chuo-kanko.or.jp/walking/ginbura/


あ、そういえば!

ひとりだけ、

「今からリゾート地でバーベキューに行ってきます!」

という猛者がおられました(笑)。

青春真っ盛り?のお若い方なので、元気なのは当然だけど、それにしてもスゴイ。

「うへえ、今からさらに肉か・・・!」

さすがにムリ、と思ってしまった時点でオバチャンの負けです。

若いっていいなあ。

彼女は、

「もう、お腹いっぱいなの・・・♪」

などと、イケメンの前で小食のカワイコちゃんの演技ができる、と喜んでいました(笑)。

(そりゃまあ、直前までシュラスコでお肉まつりをやってました、なんて言う必要はない!)

ふふふ、策士やね。

ヽ(*´∀`*)ノ

「では、電車の時間ですから!」

スカートの裾をひらりと翻して、かろやかに走り去った彼女。

(おいおい、あれだけ食べた後で走れるんかい!)

・・・ステキすぎる(笑)。

「『春抱き』話もそこそこに、お肉祭りのためだけに、彼女は来たのね・・・」

と、誰かがポツリ。

バカにしてではなく、感嘆してのことです。

えらい。

まさに、東京ぐるめ倶楽部ゴールド会員の鑑です。

イケメン・ハンティング、成功したのかな・・・(笑)。



DSCF6813kkssf.jpg


「ぷは~、お腹いっぱい~」

「食べすぎたよ~」

「おいしかったねえ」

「でも、くるしい・・・!」

などと、聞き苦しいグチ(おおむね)を言っていたのは言うまでもありません。

よれよれの(でも満腹で幸せな)わたしたち。

なんだかんだ、気分は高揚していました(笑)。


前回も書いたとおり、この日。

8月の最後の週末でしたが、びっくりするほど涼しかった。

夏の盛りのゆす茶会

暑くて汗だくで、きっとしんどいんだろうなあ、という恐怖心を吹き飛ばしてくれました。

それだけで、もう、ありがたい。

そう思ったものです。


「で、次のお茶会は~?」

「なんだろう、食べ放題で、うむむ・・・」

「お寿司とか?」

「おー、いいねー」

わいわいガヤガヤ。

お仲間のひとりが、ずいっとわたしに迫って来ました。

「ましゅまさん、あのね?」

「は、はい?」

「次のお茶会、なにも12月まで待たなくってもいいのよ?(強気」

「・・・!」

ハッとしましたね・・・(笑)。

このところずっと、ゆす茶会は『春抱き』のGOLD掲載に連動してきました。

(昔からずっとそうではなかった。かつて長い休載中も、定期的に集まっていましたから。)

GOLDに『春抱き』が載る、偶数月の月末にお茶会

それがこの頃、パターン化してました。

というか、それでいいんだと思ってた。

どこか、そんな頻繁にゆす茶会を開催しても、ね・・・っていう気持ちがあったのね。

で、ほら。

10月(12月号)は『春抱き』がない = お茶会もない。

はなからそう決めてかかっていました。

でも、あれ???

そのM嬢も、そのほかのメンバーも、

「そうだそうだ」

みたいなリアクションでした(笑)。

あれ。

もしかしてみんな、楽しみにしてくれてるのか。

(いや、もちろん、イヤイヤながら仕方なく来てるとは思ってないけど!)

次の『春抱き』まで4カ月、ってのもツライけど、

「なにもお茶会まで、同じように間隔を開けなくてもよくない?」

って、みなさん思ってくれてるんだ・・・(笑)。

うわあ。

今まで、そんなふうに言われたことがなかったので、嬉しかったなあ。

幹事なんかやってると、アレです。

自分の好きなように、好きなペースで、好きな場所でパーティーを企画できる半面。

主導権を握るからこそ、

「わたしに声をかけられたら、みんな断りにくいだろうなあ」

という配慮?遠慮?も、どこかではたらく。

・・・たとえそれが、無意識でもね。

お茶会にみんながあつまって、わいわいおしゃべりしつつ、

「次は年の暮れ・・・またしても、冬コミとかぶっちゃうねえ」

なんて、当然のように話していました。

(仲間の中には、コミケ常連さんも何人かいます。)

そっか。

4ヶ月待たなくてもいいのか・・・(笑)。


・・・って!

そう思ったのは、8月の終わり。

今はもう10月半ばではありませんか(汗)。

ひゃあ。

どうしようかな・・・(笑)。





●それで

のろのろと銀座をお散歩。

(気持ち、すいていました。夏休み最後の週末だったのにね。)



DSCF6830ssff.jpg


おしゃべり。

なぜか、物価の話になったのを覚えています(笑)。

野菜が高いとか、お肉も高いとか。

※この日の参加者のうち、家計をあずかる主婦が2名。

それ以外もほぼ全員が独居ですので、食費や家計には関心があります。

「100グラム100円を切る豚肉なんか、もうめったに見なくなったよねー」

「そうそう。ホント、いろいろ高くって」

「紙類が高いよー」

「ティッシュ5箱198円とか、もはや存在しない!」

「昔は10個100円以下があたりまえだった、卵ですら・・・」

「消費税の増税も地味に効いてるよね・・・(汗)」

「うんうん」

「シロさんのさ、食費が月に25000円。あんなの、絶対にムリだ!」

「あー、わたしもそう思う」

「成人男子ふたりで、あの予算はねえ。結局ふたりとも、あんまり食べないのね」

「うんうん」

こんな感じ。

シロさんとは無論、イケメン弁護士の筧史郎さんのことです。

よしながふみさんのマンガ、「昨日何食べた?」の主人公。



銀ブラの果てに、歌舞伎座にたどり着きました。

このときはちょうど、出しもののない期間。

一ヶ月25日の興行がおわって、次の興行がはじめる前の合間ですね。



DSCF6833ssff.jpg


でも、この威容を見るのはたのしい。

目的はそれと、興行のチラシを集めること。

そして、地下のショッピングです。



DSCF6840ssff.jpg


このときはちょうど、9月公演の特大ポスターが貼ってありました。

うるわしの孝夫ちゃんこと、仁左衛門の雄姿です。

孫の千之助(子獅子)と、「連獅子」を踊るというのが話題でした。

うう、かっこええ・・・(笑)。



DSCF6842pc01ssf.jpg


ここに来たら必ず、歌舞伎稲荷様にご挨拶。

興行の無事と、役者さんたちの健康安全を祈ります。



DSCF6846pc01ssf.jpg


これが、毎度おなじみの木挽町広場

地下のショッピングエリアです。

今では、一種の観光スポットになっていますね。

歌舞伎をやっていないときも、ここはいつでも営業中。

(地下鉄のコンコース直結。)

歌舞伎グッズ、東京みやげ、飲食店などなどがひしめいています。

(歌舞伎役者グッズや歌舞伎関連の書籍などは、歌舞伎座タワー5階のショップへ。)

地味に便利なのは、コンビニやクロネコヤマト、トイレがあることですね・・・(笑)。



DSCF6849pc01ssf.jpg


歌舞伎座限定、石川五右衛門バージョンのくまモンもいるよ!

くまモングッズはけっこういいよ!(笑)



DSCF6855pc01ssf.jpg


高齢者が多いから?

あちこちに椅子があります。

これも地味に、便利だったりする(笑)。


今回はのんびりと、お店をひやかして歩きました。

興行のあるときに比べると、お客さんはやや少なめ。

とあるお店でセール中のTシャツやエコバッグに、マジではまってみたり(笑)。

まあ、それなりに楽しいところです。



DSCF6864pc1ssf.jpg


なぜアメコミ仕様・・・(笑)。

結局、木挽町広場タリーズに入りました。

人数がすこし多いので、席を確保するのにちょっと時間がかかったけど。

ここ、いつも混んでいるんですよね。

「もっと広くつくるべきだったと思うの・・・」

入るたびに、そう思います。



DSCF6873pc1mssf.jpg


カボチャになってしまった・・・(笑)。

明るいカフェで、この辺から『春抱き』トークが熱を帯びてきました。

・・・はは、いいのか(汗)。



DSCF6871mssf.jpg


こうして、銀座の午後はすぎていくのでした。

うむむ。

画像、ふざけすぎててごめんなさい(笑)。





●それでは、

またね。。。


【17/10/2014 03:47】 「ゆすらうめ異聞」関連 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム