いいこともあるもんだ

●よかったよかった

久しぶりに、いいニュースを聞いた気分です(笑)。春からずっと行方がわからなくなっていたBBCニュースの中東レポーター、アラン・ジョンストンが、無事に釈放されました。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/middle_east/6267928.stm

http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/middle_east/6268062.stm

混迷するガザ情勢の中、ハマスの助けが必要だったってのは、後々問題になりそうな気はしますけど。でも、とりあえずは珍しく明るいニュースで、ほっとしました。


●いまさら

ずいぶん間が抜けていますが(笑)。

7月1日から、イングランドでも全面的に、「禁煙法」が施行されてます。北アイルランドやスコットランドでは、すでにもう発効しているので、やっとイングランドが追いついたって感じです。

案外とめんどくさい法律なんですが、ひとことで言えば、屋根のある場所、囲いのある場所では、そこが公共の場所である限り、タバコを吸ってはいけません、ってことかな。オフィスも、レストランも、パブも、駅も、乗り物の中も、みんな禁煙になりました。

もともと、禁煙(あるいは分煙)がとても進んでいる国なので、ものすごい方向転換ってわけじゃないですけど。でも、意識的には、大きな変化ですね。

お外で吸う分には、あるいは自宅で吸う分には、もちろん制限はありません(ほかにも例外あり)。・・・でもさ、いい機会だから、禁煙しようね?(笑)


●僻地・・・?

さてさて、うちのサイトのプロフィールでも申し上げているとおり、ロンドンってのはBL的には、けっこうな僻地です。そう、わたしは思ってます(笑)。

アマゾンやBK-1やコミコミさまさまのおかげで、それから心やさしい同志の格別のご好意で、なんとか「春抱き」の最低限!は押さえられますけど(コストはさておき、笑)。でも、いつも文句を言っているとおり、応募できない全員プレゼントとか、海外には発送してくれないドラマCDとか、いろいろ、忍びがたいこともあるんですよね~(笑)。






だけど、とある方からメールをいただきまして。

ヨーロッパ在住の「春抱き」「僕声」ファンの方ですが、どうやらお話を聞くかぎり、ロンドンなどよりもずっとずっと「都会」から遠い、地方都市・・・なのかな。要するに、わたしよりもさらに「僻地度」の高い場所に、住んでいらっしゃるようです。

そうですね、BL的には、イギリスの首都も田舎町も、あまり変わらないと思いますけど(笑)。それでも、たとえばロンドンにはリブレ出版の雑誌を扱ってる日本書籍のお店もあるし、何より、リアルなエンターテイメントへのアクセスが簡単です。

BLそのものというより、BL好きのふじょし(←使ってみましたけど、あんまし好きな言葉じゃないです)のレーダーが反応するモノが、都会のほうがたくさんある、ってことでしょうか。お芝居とか、コンサートとかもそうですし、そっちの世界(ホンモノの、ってことです)の情報も、大きな街のほうが充実してるもんね(笑)。

(わたし自身は、リアルなゲイの生態やシーンにはほとんど興味がないので、ロンドンにいても、その恩恵を受けることはありません。その気になれば、ずいぶん面白いものが見聞できるらしいけど。もったいないって、言われることもあります・・・。)

そっか、わたしは究極の僻地にいるんじゃないのか・・・。ふと、それに気づかされた次第です。

※ちなみに、ヨーロッパ在住の「春抱き」ファンって、絶対にもっともっと、いるはずですよね(笑)。わたしの知る限り、今のところ4名(と1羽)なんですが・・・お仲間の方、よかったらご連絡くださいね☆

これから出かけるので、ここまで(笑)。できたら後で、追記しますね~♪
【05/07/2007 00:05】 London Life | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。