Colourful

☆二本目です☆



●なんとなく

どんよりグレーな気分なので、色あざやかな写真を!

気分転換のつもりで。


RIMG0627mssf.jpg


どれも、秋の花の写真

めんどくさいから、花の名前は調べない(笑)。



RIMG0635ssf.jpg


これはなんか、見てると不思議な気分になります。

地球外生物みたいな、そんな感じで。



RIMG0644ssf.jpg


あ、これはキバナコスモスですね。

蛍光オレンジみたいな、ド派手な色彩。

きらいではない・・・(笑)。



RIMG0642ssf.jpg


現代アート的なフォルムが面白いと思いました。

葉っぱにキズがリアル。

画像修正で消すこともできるのですが、そのままに。



RIMG0649ssf.jpg


これもコスモス。

・・・ですよね?



RIMG0655ssf.jpg


夕陽を浴びた花。

カサカサ音をたてそうな紙の花に見える。

なぜだ・・・?(笑)





高倉健さん

亡くなったと、一日中ずっとニュースになってましたね。

昭和を代表する、本物の映画スター。

謙虚で高潔な人物としても、知られていたそうです。

で、報道を見ながら思ったのね。

「こんなに大きな話題になるような人だったのか!」

というのが実感。

※文句をいってるわけじゃありませんよ。

とても有名な人なのだけど、じゃあわたしは、どのくらい知ってるだろう?

どのくらい興味があったろう?

あらためて考えると、空白に気づいてしまいました。

ブランク。

記憶になにも引っかかって来ない。

有名だから、よく知ってる気がするだけ・・・?

子供のころ、学校でみんなで、「幸福の黄色いハンカチ」を観た気はする。

内容は忘れてしまったけど。

ほかの映画は、ひとつも知らない。

かつて「ブラック・レイン」が話題になったのは知ってるけど、観てない。

テレビで見た記憶もない。

タバコのCMで、しぶい大人の男のイメージを醸し出していたなあ。

・・・そのくらい。

どうしてでしょうね。

同じような世代の役者さんでも、たとえば菅原文太さんなら、もうちょっと知ってる気がするのに。

渡哲也さんなら、さらにもう少し記憶があるのに。

(いま調べてみたら渡さんは、高倉健さんより年齢が10歳ほど下でした。同世代、ではないですね。)

「うむむ・・・」

ほとんど知らない。

そのことに逆に衝撃を受けました。

漠然と、

「無口で不器用で、背中で語るタイプの、古風な価値観の男性像」

という印象を持ってるけど、それだけ。

ウィキ先生を、あらためて読んでみました。

なんというか・・・なんだろう?

理性的でストイックな印象が、ものすごく強い。

家柄というか出自もすごい。

そして、これは生意気な言いかただと思うけど、さびしいな、とも。

どこか痛々しいほどに。

辛いことも悲しいことも心ひとつに納め、いっさい弱音を吐かずに、粛々と生きてきた人なのだなあ、と。

つよくそう思いました。

自分を律することに厳しい人。

他人には寛容な人。

それこそ、ノスタルジックな意味で、昔の日本の男らしい。

なるほど、と妙に納得しました。

こういうところが、無性にひとを惹きつけるんだろうな。

高倉健さん。

あらためて学んだ気がします。





選挙・・・

やっぱり、やるのかあ。

どうなんでしょうね、この判断。

安倍首相 今週21日に衆院解散の意向表明

消費税を10%へ引き上げるのを、1年半ほど延期する。

(当初の予定では、来年10月に10%になるはずでした。)

法律で決まっていた増税を遅らせるという、重大な決断をしたのだから、その是非を国民に問う必要がある。

だから衆議院を解散する。

というのは、理屈は通っていると思うんだ。

大義名分としては申し分ない。

それなのに、どこかもやもやするのはなぜだろう。

うむむ。

しばし考えます。





●では、

またね。。。


【18/11/2014 22:58】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム