サイト更新

ぽよよん

岩城さん

こっそり更新しています。

相変わらず、です。

今日の日付のつもりで、数時間フライングしました(笑)。

小野塚くんと宮坂くんの岩城さん “いじり” は、自分でもやりすぎたと思います。

あんな延々といじめる予定じゃなかったけど、ちょっと楽しすぎた・・・(汗)。

困ったり恥ずかしがったりする岩城さん、実にツボです。

しかし、あれじゃなあ。

天才肌の研究者のはずが、まるっきりオツムが弱そうでマズイですね(爆)。

デフォルメにもほどがある。

・・・とは思いますが、そのあたりは笑って流してください。

加筆部分がとても多いので、全20回で終わる自信がなくなってきました。

しばらくまだ続く予定です。

楽しんでいただければ幸いです。





●先般

「人をだめにするソファ」

とか呼ばれる商品が、ネットで話題になりましたよね。

無印良品のビーンバッグ、みたいなものだったと記憶しています。

それとは違うけど、最近のわたしは、

“人をダメにするパンツ”

・・・に、はまりつつあります(笑)。

なんのことかというと、某うにくろの裏ボアのルームウェア。

メンズものです(もらいもの)。

一見ふつうのジャージというか、シンプルなスウェットパンツ。

つまらない、といっていいくらい地味なデザイン。

でも裏地にたっぷり、分厚いボアフリースがあしらわれていてねー。

これがもう、びっくりするくらい暖かい。

ホントにあったかい。

ぬっくぬくのもっこもこです(笑)。

下半身の冷えが気になるわたしには、まるで天国です。

※下に保温蓄熱効果のあるレギンス必須。

「素晴らしい・・・!」

フリースや裏起毛の室内着は以前から使用していますが、こんなにあったかいのは初めて。

「科学技術の発達とは、凄まじいものよのう・・・」

ぬくぬくすぎて、脱ぐのがツライ(汗)。

この暖かさを知ってしまうと、ほかのものを着られなくなる。

洗い替えがないから、洗濯中は不幸な気分を味わいます。

「アレがないと困るんだけど!」

ついに、逆ギレしそうになる始末。

欠点があるとすれば、まさに、あたたかすぎるところ。

矛盾してると思われるでしょうが、なまじ寒さをシャットアウトしてしまうため、

“そのままうっかり、暖房もつけない部屋で寝落ちしてしまう”

というのを、何度かやらかしました。

寒ければイヤでも起きてベッドに逃げ込むのに、それをせずに済んで?しまう。

結果、かえって風邪をひきそうになります(汗)。

・・・まずい。

人をダメにするパンツじゃないの、これ?

ひそかにそう思う今日この頃です。





●ああ、

これはなんとなく、わかるかも。

<母親>自分の母親は美しい? 調査で日本、突出して低く

あくまでわたしの知る範囲で、ですが。

日本では往々にして、ときに過度に、母性を神聖視する傾向があるように思います。

それ自体は、悪いことじゃない。

母親を神聖化、あるいは偶像化してあがめ奉るのは、

“天照大神(アマテラスオオミカミ)を最高神とする神道の国”

的には、自然なことなのかもしれません。

一方で、「理想のお母さん」像のハードルが高すぎる、ような気もする。

お母さんはあれもこれもそれも、余裕でみーんなカンペキに出来てあたりまえ!

(そうあるべき!)

・・・みたいな。

お料理も上手でお弁当も毎日きれいにつくって、掃除も洗濯もカンペキで、

親戚やご近所づきあいもPTAも余裕でこなして、子供の勉強も見て、

ダンナの世話も遺漏なく、もちろん風邪も引かず怪我もせず、

家計のやりくりもカンペキで、おだやかで知的でヒステリーも起こさず、

おまけに、外で立派な仕事をして稼いで来る・・・とか???

スーパーウーマンにもほどがある(笑)。

女性がそういうのを(自主的に)目指すのはいいけど、

「そのくらいやって当然だ!」

とか、本気でいう人もいますよね(汗)。

そんな理想を押しつけられた日には、たいていの女性は音をあげるしかない。

その、ものすごーく高い理想のお母さん像。

実現できる人、どのくらいいるの???

・・・って。

非現実的すぎるんですよね。

超レアなスーパーウーマンにしかできないことを期待され、できなきゃ

「お母さん失格!」

の烙印を押されるなんて、たまったもんじゃありません。

どこの国にも、理想のお母さん像はあるけど、日本は特にカンペキを求める。

「お母さん」という存在に瑕疵を認めたがらない。

そんな印象です。

で、その “理想のお母さん” イメージ。

不思議なことに、そこに 「女性として魅力的」 ってのは含まれていないんですよね。

どこか、そういう気がします。

いや、

「妻として、母として、美しくあってほしい」

という(男性サイドの)願望はあるかもしれない、というか、ある。

でもそれは、世間一般の異性の目を引く、という意味ではない。

むしろ逆で、性的な魅力は嫌悪される傾向にある。

(お母さんがよその男性に色目をつかう、という意味じゃないよ!)

母としての気高い美しさは、一般的にいう「女性美」とはちがう、という認識なんでしょう。

ヨーロッパなんかにいると、

「妻であろうと母になろうと、オンナとして現役=性的な魅力があること=であるのが重要」

なんだなあ、としみじみ感じることがあります。

根本的に価値観がちがうんだな、と思うことも多々ありました。

(まあ、個人差もあれば例外もある、きわめて大ざっぱなくくりですが。)

母親に非現実的な理想を求めない一方で、

「いつでも、いつまでも、死ぬまで女性として魅力的であれ」

と期待されるというのも、それはそれでしんどいものかも・・・?

・・・などと。

つらつら考えてしまいました。

あれ。

もしかしてこれ、上の記事からずれてる?(汗)





●では、

またね。。。


【01/12/2014 03:21】 「ゆすらうめ異聞」関連 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム