ぬこ日和、とか

●ぬこぬこ散歩

この日はホント冷えた。

でも、きれいに晴れていました。



DSCF8125ssf_20141223022753fae.jpg


太陽光マジック。

きらきら輝く紅葉が、ほんとうに綺麗でした。



DSCF8146ssf_20141223022754593.jpg


散歩ルートの途中に、あるんですよ。

なんていうんだろう、とても古い公営住宅。

ものすごく昭和というか、高度成長期の遺物というか、そういう雰囲気。

ほとんど住んでる人もいないらしくて、荒れ果てた庭もあったりする。

(別に危険な場所ではない。あたりはごくふつうの、というかむしろ閑静な住宅街。)

どこか打ち捨てられた感じがあるし、実際あちこち朽ちかけてる。

想像ですが、(とっくの昔に)建て替えが決まって、大多数の住民はすでに引っ越していった。

だけど、ちらほらと居残ってる人たちがいる、ってところでしょうか。

その、時に忘れられたような団地で、をけっこう見かけます。

伸びた雑草や植え込みの合間に、誰かが投棄したプランターの陰に。

小さなお皿を見ることもあるから、誰かエサをあげてるのかも?

ともあれ、にとっては悪くない住環境のようです。

のんびり日向ぼっこするたち。

のどかだよなあ、と思います。



DSCF8150ssf_20141223022755273.jpg


ちょっと警戒気味の、ハチワレのサバ白ちゃん。

この日出会ったねこちゃんのうちでは、いちばんの別嬪さんでした。

じっとわたしたちを観察して、そのあと、生け垣の向こうに消えていきました。

「あん、待って・・・」

撮影タイム、わずか15秒ほど。

おっきいカメラを出すヒマもありませんでした。



DSCF8157ssf_201412230227571c5.jpg


ちょっと図体の大きな茶トラ。

茶白・・・?

昼寝の真っ最中を邪魔したらしく、このとおり。

「あんだよ、ええ?」

思いっきり、睨まれました(汗)。

絵に描いたような、見事なガンの飛ばし方です(笑)。

そこは車道だから危ないよ。

そう声をかけたけど、完全にスルーされました。



DSCF8163ssf_201412230227517ea.jpg


逆光がほとんど神々しいサビ

実に悠然たるもので、その貫禄に感動しました(笑)。

この子がいるのは、これ、墓石の上なんだけどね・・・(汗)。

まるでどこぞの賢者様みたいなありがたい雰囲気ですが、じつに可愛らしい声で鳴いていました。

声に呼ばれて、この子を見つけたんですよね。

みゃうみゃう、にゃー。

あれは何を訴えていたんだろう。

語はさっぱりわかりません。


なお>>

撮ったのは、いつものコンデジです(笑)。

富士フイルムFinePix F600EXRだっけ。

今じゃ機能もなにも、かなりポンコツ?だと思いますが、この写真には感心しました。

距離がある上に、ほぼ太陽に真正面からレンズを向ける、完全な逆光アングル。

おまけに黒っぽい墓石と、ただでさえ顔立ちの判別しにくいサビです。

写真を撮る条件としては、最悪に近い。

それなのに、ダイナミックレンジ優先で、これだけちゃんと撮れました。

木漏れ日が白とびしてる程度で済んでいるのは、けっこうすごい。

※腕がいいって意味じゃないよ!

カメラの能力によっては、明るい光がまぶしすぎて真っ白!

になったり、

暗い部分(猫の顔や木の幹)がつぶれて真っ黒!

になっちゃってもしょうがないぐらいのシーンです。

写真はちょっと補正していますが、白とびや黒つぶれは、画像処理ソフトで直せるようなものではありません。)

「へえ、けっこう頑張ってるじゃん!」

冷遇しがちなカメラなのですが(汗)、意外とデキル子らしい。



IMG_2607ssf_201412230228229a9.jpg


ここからは、キヤノンの一眼レフですね。

真っ白なネコさんが、目の前を横切って行きました。

すたこらさっさ。

※これは、だいふくではありません。

どこに行くのか知らないけど、なんかものすごい真剣な顔。

「もしもーし?」

脇目もくれず、立ち去っていきました。



IMG_2615ssf_20141223022824f4b.jpg


そこから数メートル離れた植え込みの陰。

もう一匹の白い猫さん。

午後の日差しを受けて、まったりしてるようでした。

「・・・やや?」



IMG_2615ssfff_20141223022821f38.jpg


上の写真の、顔だけアップ。

オッドアイの白猫かあ。

かっこよすぎる、と思ってしまった。


一日で、これだけ猫に会うのはめったにない。

(それも、白猫たち以外は初めて会った子たちばかり。)

そこはかとなく、ついていた休日でした。





●これだけじゃ

まださわり、でしかないでしょう。

誤報認めた朝日特集記事「上から見下ろすよう」

朝日新聞従軍慰安婦記事 検証委が報告書

慰安婦検証記事「謝罪なし」、池上コラム「不掲載」 いずれも木村・朝日前社長の意向だった

えらそうな態度。

内向きの思考回路。

「俺がやったんじゃないし」という当事者意識の欠如。

社会正義を標榜する組織に、あってはならない無責任主義。

まだまだこれからだよ、という気がしました。

謝罪し、反省するのが第一歩。

それがないと始まらない。

だけどそれを、社会が認めるかどうかは別の問題です。

謝罪を受け入れ、許すかどうかを決めるのは読者でしょう。

「ほら、謝ったよ? 謝ったからね? 謝ったんだからもういいでしょ?」

ではダメです。

読者には謝罪をはねつける自由も、許さずに見捨てる自由もありますから。

これから、どう変わっていくのか。

いかに改善していくのか。

それが目に見えない限り、判断できないよなあ。





●では、

またね。。。

【23/12/2014 03:42】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。