Sunset over the Thames

●うなぎ~(その後)

ひそかに日本人街???と呼ばれている、ピカデリー・サーカス近くの某ストリートに、小鳥さんとぽてぽてと出かけました(笑)。土曜日に、ちゃんと早起きして外に出かけるのは、ずいぶん久しぶりです(あはは)。

「うなぎ~、うなぎ~、うなぎ~」
「はいはい、わかったから」

さすがに夏のシーズン(←そんな気分じゃないけど、一応そのはずなので)真っ盛りだけあって、観光客の多いこと多いこと(笑)。バスに乗っていても、街中を歩いていても、どこもいつも以上に混雑していて、それだけでずいぶん疲れました(苦笑)。

「うな~、うな~、うな~」
「いいかげんにしなさい(爆)」

で、お目当ての日本食材屋さんに行ったんですが。

「ふに~???」
「あれ、これ・・・」

冷凍庫に入っていた(一見おいしそうな)蒲焼は、中国産でした。何しろこのところの「食の安全」に関するスキャンダルのせいで、「中国産のウナギはリスク」って、脳みそが告げています(苦笑)。おまけに、日本にいる両親からも、「食べちゃダメよ」って言われたばっかりで・・・。

「で、どうするの?」
「・・・いらない(しょぼん)」

そんなわけで、断念いたしました。うるる。

お値段も手ごろだったし、今日はちょっと暑かったので、ちょうどいい感じだったんですけどね~。でも、岩城さんと香藤くんがどんどん年を重ねて、ゆっくり手を繋いだまま老後を迎えるのを、最期まで見届けるのが至上命題の(笑)わたしとしては、ここで(万が一でも)変なものを食べて、くたばるわけにはいきませんから。

・・・『春抱き』フリークの基本は、健康第一(笑)。そんなわけで、石橋を叩いて渡らず、かな?


●久しぶりに晴れた

一日だったので、きれいな夕焼けが見られました。

sunset london 1

sunset london 2

空の色ってときどき、この世のものとは思えないほど綺麗で。いつまでもいつまでも、見飽きることがありません。そういうときは天を見上げて、神さまの気まぐれに感謝したりします(笑)。

・・・そういえば、日本は大きな台風が来ているんだそうですね。神奈川県の実家や、西日本在住の某家族からも、いろいろな報告が届いてます。なにごともなく、無事に過ぎるといいのですけど。






●待望の・・・?

ファンなのかって聞かれると、答えに困るけど(笑)。でもほら、この夏いちばんの話題の映画ですからねえ。

※ポスターは公式サイト(英国版)のDLバージョンです。

※クリックで公式サイトに飛びます。米国版じゃなくて(発音がおかしいんだもん)、ちゃんと(笑)英国バージョンです。音響つきのサイトですので、オフィスなどで見てらっしゃる方はご注意くださいね(笑)。

harry potter and the order of the phoenix


こういうサイトってよく出来ていて、けっこう楽しめます(笑)。

う~ん、それにしても、主役の彼もずいぶん大人になったなあ。最初に見たときは、こんな雰囲気のある美少年/美青年になるとは、想像もつかなかったですね(笑)。

ハリー・ポッターと賢者の石 ハリー・ポッターと賢者の石
ダニエル・ラドクリフ (2006/12/08)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る

ほら、この頃はまだ、ネンネのお子ちゃまだったって気がするでしょう(笑)。演技も、最近は格段に上達しましたし。

原作も読んでないし、所詮はコドモ向けじゃん、などと可愛くないことを言いつつ。それでもきっと、見に行ってしまうんだろうな、と思います(笑)。・・・小鳥さん、一緒に行ってくれるといいなあ。
【15/07/2007 08:45】 London Life | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。