夢ほど自由にならないものはない

●TBのお題から

「何度も繰り返し見るってある?」

ありますねえ。

何なんでしょうね、あれ。

ほぼ同じエピソードを、何度もくりかえし辿るケース。

「ああ、これは例のか・・・」

と半ば意識しつつ、それでも焦ったり困ったり、こわい思いをするケースもあります。

連続ドラマのように、徐々に話が進んでいくものもある。

いろいろですね。

内容はあんまり覚えていません(笑)。

断片的には記憶にあるんだけど、ストーリーを説明できるほど明確ではない。

というか、にありがちな、

「起きたときはハッキリ!覚えてるような気がするのに、いざ誰かに話しはじめると要領を得ない」

感じです。

ってふしぎだ。

よく、その人の不安や願望が反映されると言いますが、

「ええ、そうなの!?」

わたしはその説をあんまり信じていません。

だってわたしの、変だもん(笑)。

まるっきり現実と関係のない、荒唐無稽なスリルとサスペンスが多いけどなあ。

うーん。

マンガやSFではときどきあるけど、を記録する装置。

いつかそういうものが出来たらおもしろいな、とは思います。

自分の夢、ちゃんと「見て」みたいです。

ひょっとしたら、小説のネタになるかもしれないし・・・(笑)。






●本日の一枚

は、これ。



IMG_2955mss.jpg



藪椿が午後の日差しを浴びていました。

それがちょうどバックライトになって、ちょっと幻想的な感じに。

椿の葉っぱは色が濃くて分厚いけど、太陽の力は偉大ですね。

あの葉っぱですら、光をうけて明るく輝いていました。

けっこう気に入っています。






●外の

舗装補修工事は、今も続いています(汗)。

よくある、例のやつですよね。

「予算を遣いきらなくちゃマズイ!」

ではじまる、年度末の道路工事。

それ自体は驚かないけど、なんだかねえ。

「予算が余ったら来年度に減らされてしまう」

ではなくて、2年か3年くらいプールできる仕組みにならないかしら。

あ、もちろん。

自治体や公的機関が、お金を自由につかったり貯めたりするのはよくない。

―――ってのはわかります。

裏金づくりとか、使途不明金とか。

定期的に問題になりますものね。

でも、たとえばほら、公立学校にエアコンを設置するとか。

つい先日も話題になりました。

いまだに反対する政治家もいるけど、なんとかならないものでしょうかね。

(たいていの場合は非常に暑いエリアにある学校で、かつ大っぴらに窓をあけて風を入れられないローカル事情があります。やみくもにすべての学校にエアコンを、とは言ってないと思う。)

昨今はもう、精神論でがまんできるようなレベルの夏じゃないのに。

自治体としては設置してあげたい。

だけど、それ以上に重要な事業の予算が優先されるので、なかなか手が回らない。

そういうときに、年度末に余った半端な予算とか回せたらいいのに。

・・・って、思ってしまった(笑)。

ま、これはきっと楽天的にすぎるんでしょう。

法律が、市民が容易にはそうさせないのであろうとは、想像がつく。

Aの目的でとった予算(の未使用分)を、Bのために遣う。

できるならとっくに、みんなやってますよね(苦笑)。

ダメかあ。

無駄に道路工事をするよりは、いいと思うけどな。






●あらら

試験で誤判定、留年に賠償命令 鹿児島大、元学生に370万円

似たような経験をしたことがあるので、身につまされる・・・(汗)。

もちろん、もともと悪いのは大学側です。

それは双方とも認めている。

不運な学生の側の 「失われた時間と機会」 に対する損害賠償。

精神的な苦痛に対する慰謝料。

それが必要なのもわかる。

いや、だって。

卒業する(できる)はずが、できなかったんでしょう?

その苦痛と徒労感。

それに加えて、就活の結果に得たであろう内定がパアになった・・・んだよね?

(医者や歯医者の就職の仕組みがわからないので、一般学生の感覚で言ってますが。)

取り返しのつかないロスであろうことは、想像にかたくない。

その学生さんの心痛と怒りは、察してあまりあります。

が、しかし。

共感はするけど、この訴訟の内容はヒドイ(汗)。

報道のとおりならば、彼の主張は理屈が通ってない(ように見える)。

裁判長の判断が、けっこうまともに見える。

「がめつく行きすぎたねえ・・・(ためいき)」

という印象ですよね。

わたしが代理人なら、それは無理な請求だって止めると思うけどなあ。

※以下、あくまで報道された情報をもとにした私見です。

大学側が、和解のためにテーブルに置いたのは500万円。

原告が要求したのが、4000万円以上。

地裁の判決は、費用込みで370万円。

結果論ですが、原告は和解しておいたほうが得だった、ということになります。

うーん。

一年ロスしてしまった、その対価。

それに伴う苦しみ。

それにお値段をつけるのは容易ではありませんが、地裁の算出はまっとうに見えるなあ。

結果を見て言っても説得力がないけど、わたしだったら、

和解金の500万円(損害賠償+慰謝料)。

それとは別に、弁護士費用(実費)。

(ふつうコストは損倍賠償の中に含まれるけど、まずは別途ほしいと言ってみる的な。)

そして、公的な謝罪。

―――この三本柱で交渉するなあ。

お金も大事だけど、実はけっこう重要なのは謝罪かも。

大学側のミスで一年、留年したかたちになったわけですよね。

それでは履歴書の見栄えも悪いし、これから世の中に出て行くにあたって、

「おや、君は卒業に○年かかっているんだね?」

どこでそう言われるか、わかったもんじゃありません。

就職や転職、開業や結婚。

そのどこかで、誰かにイヤミを言われないとも限らない。

不利益を被らないともいえない。

(これも一般学生のケースで、医者や歯医者はちがうかもしれないけどさ。)

そういうときに、必要だと思うのよ。

大学側が正式に、公的に非を認めた証拠。

自分の将来を守るために、ぜひともほしい書類です。

そして、もうひとつ。

徹底抗戦をせずに、適当なところで和解しておいたほうが・・・と思う理由。

よく知らないけど、医者の世界ってあれじゃない?

「学閥」がけっこう幅を利かせている、そんな印象があります。

学生さんが憤懣やるかたないのはわかるけど、それにしても、相手は自分の母校です。

その大学の出身だという事実は、一生ついて回る。

恩師も先輩も後輩も、その大学の出身です。

そういう世界で生きていくことを考えたら、どこかで矛(ほこ)を収めたほうがよくない?

なにも、泣き寝入りをするわけじゃない。

きっちりもらうもん貰って、あとはニコニコ手打ち。

―――そのほうが結局はかしこいと思うのは、自分がケガレタ大人だからか?(汗)

損得勘定。

そら、大事ですって。

怒りにまかせてウン千万円の請求を叩きつけたら、相手は本気になるよ。

おだやかに和解なんか考えず、本気で応戦モードになる。

申し訳ない気持ちが消えうせて、「なんだコイツ」になってしまう。

(というか、実際にそうなったのだと思います。)

そこまでこじれてしまうと、あとがきついと思うけどなあ。

この人は、そういう懸念はなかったんだろうか。

そこまではさすがに、報道ではわかりませんね。

親がすでに開業医で、後を継ぐのが決まってる・・・とか?

それならまあ、学閥も就職も、そこまで問題じゃなかったのかもしれない。

もちろん全部、憶測ですが。


なんか、ね。

過ぎたるは及ばざるが如し。

この一件は裁判の「意味」と「戦略」を考えるのに、最良の事例のように思えました。

何のために訴訟をするのか。

何を得るのが目的なのか。

譲れないラインはどこにあるのか。

裁判をして得るもの、失うものは何か。

そういう基本的なことを考えるのに、ものすごくいい教材のような気がします。

いや・・・ごめん。

教材なんて言ったら、当事者には申し訳ないけど(汗)。






●それでは、

またね。。。


【20/02/2015 03:41】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム