迷うだけ迷って

●本日の

一枚。


DSCF8919m1sssf.jpg



二枚。


DSCF8919m2sssf.jpg



三枚・・・(笑)。


IMG_2996ssf.jpg



選べないって、ろくなことじゃないですね。

写真を撮るたびに思うけど、わたしはホントに構図を選ぶのがヘタだ(笑)。

引くのがいいのか、寄るほうがいいのか。

なにをフレームに入れて、なにを外したほうがいいのか。

わからなくて悩んでばかり。

これはもう、センスの問題だろうと思う。

うぐ。






●あらら・・・

中学生もビックリ!大学授業のレベルの低さ 文科省に名指しされた大学側の言い分とは

ネットなどでよく聞かれる「Fラン大学」。

その恐るべき実態。

誇張や揶揄を含んだ、一種のネタだと思ってました。

都市伝説、とでもいうのか。

「そりゃあ偏差値の差はあるにせよ、まさか中学校の内容とか・・・」

内心そう思ってたわけですが、現実だったのね(汗)。

お金を出している(であろう)親の気持ちを考えると、じつに複雑です。


みんなが勉強できるわけじゃない。

そこそこできる人でも、苦手な科目や教科がある。

どうしても○○だけは頭に入らない、って人も世の中にはいる。

学業の得手・不得手は必ずしも、おつむの出来だけの問題じゃないしなあ。

だから、あれです。

Be動詞や比例・反比例がわからない大人がいても、それ自体はおかしくはない。

わかったほうがいいとは思うけど、知らなくても困らない人も多いでしょう。


が、しかし。

わざわざ(義務教育ではない)大学に行くのに、それではさすがにマズイよね。

いくら大学全入時代とはいえ。

というか、

「それでも大学入試に合格したのか!」

という驚きのほうが大きいかな。

“名前を書ければ合格” って、ネタじゃなくてマジなのか・・・?

そのレベルで大学に入って、ちゃんと卒業できるのか。

どんな専門的な勉強をするんだろう。

単位はとれたとして、就職活動は大丈夫なのか。

「大卒(予定)」の肩書があるだけ、それでも有利になるのか・・・?

いろいろと余計な心配をしてしまいます。


だってこれ、大学側のせいではないでしょう?

新入学生のレベルを見て、

「これではいけない」

危機感を抱いたからこその、底上げカリキュラムなのでは。

学生がちゃんとしていたら、中学のおさらいは要らないものね。

・・・いや、待てよ。

ああ、そっか。

そういう学生たちをそもそも入学させている以上、やっぱり大学の責任なんだね(汗)。

そうですね、たしかに。

明らかに学力が不足する学生をそれでもとるのは、経営上の必然か。

子供の数、減ってるもんなあ。

一部の人気大学を除けば、今は学生の取り合いなのだろうと思います。

あれ・・・?

でもこれ、新規開設学部や学科のクオリティに関する調査なのよね。

分母が減ってるのに、あたらしいコースを創設してるのか。

カッコいい名前の新しい学科は、それだけ客寄せに効果があるってこと?

うーん。

目新しいから?

(新築マンションみたいに、新しいってだけで付加価値があって魅力的なのか?)

新しいコースなら、偏差値のネガティブな評価を受けないから?

新規の学部や学科なら、「現役生の就職実績」も出さなくて済むし・・・?

そのあたり、実はよくわかりません。


でも、大変だよなあ。

大学も教員も。

中学や高校の基礎からおさらいして、四年間のうちに、ある程度の専門知識をつけさせないといけない。

おまけに、どこかに就職させないといけない。

(大学は就職の予備校じゃないっていう人もいるけど、就職に強いかどうかは大学の人気に直結しますよね。)

今の子たちはわりとマジメだけど、大変だと思うなあ。

勉強があまり出来ない子って、

「勉強の習慣がもともとあまり身についていない」

「自己学習のやりかたがわからない」

パターンが多いのですよね。

アタマが悪いというより、いろいろと要領が悪いというか。

そういう子供を多く集めて、ひとかどの大学生に育てないといけない。

どう考えても、大学側のノルマ達成は楽ではありません。

(そもそもそれは大学生になってから身につけるものではない、というのはさておき。)

入試の際に学生を峻別しないと、あとで困るのは大学側。

・・・そうとしか思えない(汗)。


文科省の改善要求は、当然のものだと思います。

大学の教育レベルの維持という意味では。

でもそれをやって、今度は学生がついて行けなくなったら・・・?

学力不足を承知で合格させておいて、あとは見捨てるわけにもいくまい。

それで脱落者が続出したら、やっぱり大学は非難されるでしょうし。

うむむ。

どっちにしても、あんまりいい状況ではない気がします。






●ほかにも

いろいろあるのですが、時間切れ(汗)。

では、またね。。。


【24/02/2015 23:32】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム