かのひとを偲ぶ

●これ

もしかして、とっくにご存知かもしれませんが。

おもしろいので、リンク貼っておきます。

白金派? 青黒派? どちらかわからない謎の色のドレスの写真で世界がまっぷたつに

今日、ネットでずいぶん話題になってましたね。

わたしは最初、白と金に見えました。

というか今も、だいたい白と金に見える(汗)。

※だいたいというのは、あっちこっちに転載されている(元は同じはずの)画像でも、ものによっては青×黒に見えるからです。たぶん、彩度や明度がいじられているんだと思うけど。

実際には黒と青のドレスだと聞いて、ぶっ飛びました。

うっそお。

どう見たってアレ、白地に金(またはベージュ系)のレースじゃない!?

うむむ。

ちなみに小鳥さんに聞いたら、藤色っぽい青と(濃い)ベージュに見えたそうです。

彼女の目のほうが正確らしい・・・(汗)。


それにしても、不思議なものですよね。

ある程度は、モニターの特性や画像の明度に影響されるようです。

でもメインの理由は、「錯視」。

要するに目の錯覚というやつです。

さきほどのドレスの色に関しては、こちらの説明がわかりやすい>>

なぜドレスの色の錯覚はおきたか?-色の恒常性-

なるほどねー。

脳みそにある知識と経験が、目の前のものに関する情報を補正しちゃうんですね。

「これは一見青っぽく見えるけど、実際には光量が足りないときの白のはず」

って、脳が判断するわけです。


目の錯覚に関しては、こういうのも>>

どうしてもダマされる、錯視画像10選

【明らかに違うでしょ!?】実は同じ色!錯視画像集

こんなの、どうしようもないじゃない(汗)。

目/脳は意外と、トリックに弱いのね。






●どうしても

ダイアナ妃の記憶を重ねてしまうよね。

英・ウィリアム王子 きょう初来日

ウィリアム王子 英連邦戦死者に黙とう

両陛下 ウィリアム王子と交流

あのお葬式のときの、あの小さかった男の子。

彼ももう30歳をすぎ、もうすぐ二児の父。

ほんとうに時間の経つのは早いものです。

きっとどこに行っても、

「あなたのお母さまはね・・・」

って言われるんだろうなあ。

煩わしいこともあるかもしれませんね。

(彼自身もさらっとダイアナ妃に触れたりするので、嫌がってるとは思わないけど。)

でもそれは、彼にとって財産でもある。

全世界で彼に向けられる好意の何割かは、お母さんの思い出がらみだから。

もちろん、それだけじゃないけどね。

(彼はじっさい生真面目な青年で、イギリス国民からもおおむね好かれています。)


ウィリアム王子、初来日 かつてダイアナさんも着物姿にーー王室との交流を振り返る(画像)

ちなみにダイアナ妃

生きていれば、今年で54歳だそうです。

若い。

若いよなあ。

おばあちゃんになったダイアナ妃

見たかったねえ。


Diana Princess of Wales by Mario Testino at Kensington Palace: Princess of WalesDiana Princess of Wales by Mario Testino at Kensington Palace: Princess of Wales
(2006/01/09)
Mario Testino、Hamish Bowles 他

商品詳細を見る







●では、

またね。。。


【27/02/2015 22:52】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム