記憶をたどると

●3月11日が

またやって来ました。

一年のスパンという意味でいうと、早いなあと思う。

それはただ、自分が歳をとったせいかもしれないけど。



Google 未来へのキオク

【3.11】東日本大震災から4年。今ではあまり報道されない被災地の現状とは

震災伝承館

震災から復興への歩み

NHK東日本大震災アーカイブス

東日本大震災と原発事故発生から4年 風化を懸念

東日本大震災追悼式 天皇陛下のおことば



風化してもいいと思えるのは、あのときの底知れない恐怖だけかもしれない。

それ以外は、忘れるわけにはいきません。

忘れられるものでもありません。

とはいえ、たしかに以前ほど話題に上らなくなった。

「震災のあった日本」という現実。

それに、日々の生活を通して、馴れてしまっているのかもしれない。



また、マスコミの報道にも、若干の方向性があるのを感じます。

気のせい・・・ではないと思う。

偏向、というと強すぎる言葉かもしれないけど。

「被災地発の悲惨で辛いニュースよりも、復興に向けた明るい、前向きなニュースを!」

「せっかく恐怖心も薄れて来たのだし、みだりに国民の不安や恐怖を煽らないように」

という思想が背景にあるのは、否定できない。

(気がする。)

ポジティブなニュースはもちろん大事です。

人とビジネスを東北に呼び戻すためにも、明るい話題はどんどん報道していいと思う。

でもそのせいで、悪いニュースが行きわたりにくくなってやしないか。

「そういう暗いネタは、復興の妨げになるから」

という理由で、都合の悪いことにあえて触れずに過ごしてはいないか。

それで、被災地を応援してる気になってやしないか。

善意からであったとしても、偏向はダメでしょう。

そういうの、チェックしようがないから漠然と不安になりもします。



壊れた原発の恐怖や懸念も、なくなったわけじゃない。

気にしないわけでも、どうでもいいと思ってるわけでもない。

でも、どこか・・・感覚的に、麻痺してしまってるのかも。



自分のブログの過去記事を、読み返してみました。

震災当日の記事から、その後の生活の様子。

わりと冷静だな、というのが第一印象です。

事の重大さを、もしかしたら理解していなかったのかもしれない。

ある意味では当事者でありながら当事者意識がない、そんな感じがある。

そして、わりと中身スカスカ(汗)。

史料的価値の乏しさに我ながらがっかりしました。

とはいえ、リアルではある。

余震、緊急地震速報、空っぽになったスーパーやコンビニ。

原発メルトダウン、計画停電、飲料水の不安。

脳裏に焼きついていることもあれば、意外と忘れていたこともある。

記憶というのはランダムなものですね。

http://kyosukelove.blog58.fc2.com/blog-date-20110311.html

http://kyosukelove.blog58.fc2.com/blog-date-20110312.html

http://kyosukelove.blog58.fc2.com/blog-date-20110313.html

http://kyosukelove.blog58.fc2.com/blog-date-20110314.html

http://kyosukelove.blog58.fc2.com/blog-date-20110315.html

http://kyosukelove.blog58.fc2.com/blog-date-20110318.html

http://kyosukelove.blog58.fc2.com/blog-date-20110319.html

http://kyosukelove.blog58.fc2.com/blog-date-20110323.html

グダグダの東電。

飲料水の不安やガソリン不足。

生理用品やパン、乾電池もなくて、途方に暮れたこともあった。

計画停電は思いのほか辛かった。

お花見の是非や、プロ野球の開幕時期をどうするか、なんて話題もありました。

「不謹慎厨」と呼ばれる人たちと、それに反発する人たち。

たしかにいろいろあった。

わりと直後に福島に行ったし、秋には宮城や岩手にも行った。

行かずにはいられなかった。

被災者ではないけれど、震災によって生活が大きく変化した。

ずいぶん意識も変わった。

変わったけど・・・4年たってどうだろう。

あの頃の危機意識を、緊張感を、今も同レベルで維持しているとは言い難い。

経験を活かすというのは、実はとてもむずかしい。

今さらながら、それを痛感します。



震災から4年。

まだ復興もおぼつかず、除染も終わっていない。

(除染したら本当に大丈夫なのかどうか、それもわかっていない。)

原発事故の収束の目途は・・・どこにあるのか。

復興予算や義援金のつかわれ方にも、問題が多々あることがわかっています。

問題は山積。

あの地震と津波で、2万人もの人が亡くなりました。

(震災関連死を含む。)

今も行方不明の人が、2500人あまり。

そして22万人もの被災者が、今でも避難生活を送っているそうです。

彼らにとって復興とは何を指すのだろう。

安心してずっと住める家を得たら、それでいいのだろうか。

おそらく違いますよね。

ビジネスは復興できても、ひとの心はどうやって復興させられるのか。

答えの出ないことばかりのようにも思います。



そして、最後にこれ。

JR九州「幻のCM」がグランプリ、カンヌ・ロンドンに続きACC最高賞受賞

沿線ウエーブが感動を呼ぶ! あの九州新幹線CMの舞台裏

本当はこれ、震災に直接は関係ない。

というか、震災が起きたために放送を取りやめてしまった、んじゃなかったっけ。

でもその後、いろいろ受賞をしたり。

復興を支援するバージョンも出来たりして、話題になりました。

なんだろうね。

すごくいいんだ。

見るとじんわりと泣けてくるから不思議です。

わたしの脳内で、これはなぜか分かちがたく、震災の記憶と繋がっている。

おかしなものです。







追悼式典のニュースを見て、あらためて思いました。

今日は命日なんだ。

今日は法事なんだ。

あたりまえだけど、この日亡くなった大勢の人たちの。

そう思えば、風化はあり得ない気がしてきます。

悲しみや衝撃は時とともにやわらぐかもしれないけど、故人を忘れることはないから。

日ごろ思い出す頻度が下がる=風化、ではないよね・・・?

あらためて思い出すために命日や、お彼岸やお盆があるのだから。






●などと

なんか支離滅裂になってしまった。

この辺でやめておきます。

では、また。。。


【11/03/2015 12:12】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム