ああ追憶の・・・ (野球ネタ)

まーくん

えっと、あのね。

昨夜というか今朝、夢を見たんですよ。

どういうわけか、まーくんの夢です(汗)。

けっこうストーリー性のある、鮮明な夢。

・・・あはは。

「そんなん言ったら引かれるから(やめとけ)」

って小鳥さんには言われたけど、書いちゃう。

正確にいうと、まーくんの奥さんと一緒になんか遊んでる夢でした。

うむ。

やたら楽しかった。

それでどういうわけか、一緒に野球を観戦してるわけです。

(なにしろ夢ですので、時系列とか空間とか、いろいろめちゃくちゃです。ご容赦ください。)

無論まーくんが投げてるわけですが、相手のピッチャーがなんだか、

“かつての好敵手”

的なポジションの人で、久しぶりの対決にみんな盛り上がっている。

※念のためにいっておくと、どこぞのハンカチっぽい人ではない。

まーくんも試合前のインタビューで、いつもより気合が入ってる感じだった。

「いいぞ、いけ!」

ファンの声援を受け、まーくんが快投して勝利を収める。

・・・っていう、ね。

非常に安易で都合のいい、わかりやすい願望たっぷりの夢でした。


で、日曜日の朝。

といっても寝坊したので、すでに日は高い。

いつも通りPCを立ち上げてニュースを見てみると、おお!

田中 今季最長の7回無失点で2勝目

田中将大が圧巻の投球、ヤンキースがレイズ粉砕 米紙も絶賛

【米国はこう見ている】田中将大の2勝目に辛辣NYメディアも一転、絶賛の嵐 「おかえり、タナカ」

まーくん、勝ってるではないか。

「予知夢だったのか・・・!」

わお。

すごい(アホな自画自賛)。


2勝目もうれしいけど、より嬉しいのはその内容です。

7回を2安打無失点、8奪三振、無四球。

全85球中、ストライクが58球。

ストライク率が68%。

これは昨年の好調時とだいたい同じ。

(ちなみにこれを電卓で計算してたら、小鳥さんに「野球オタすぎる」と笑われた。ヒドイ。)

(わたしは野球オタじゃなくて、単なるまーオタだよ。失礼な。)

要するに、ほぼカンペキなピッチングだったのがわかります。

というか、クオリティ・スタート=QS自体が久しぶりだなあ。

MLBのダイジェスト動画を見たけど、落ち着いてたしカラダのキレもよかった。

コントロールの良さは相変わらず。

丁寧にコーナーをついて、相手チームにつけいるスキを与えなかった。

速球の最高値が時速150キロくらい。

彼の最速にはまだ及ばないけど、これもまずまずの数字。

ホッとしました。

ケガ以降の成績を見る限り、これで安泰、とはとても言えません。

やっと復調してきたのかな、という程度。

でも、よかった。

まーくんの本来の資質すら、このところ疑われていましたから。

信頼という意味では、まだ2年目だもの。

(さらにいうと、1年目すら途中でケガ離脱してるわけだし。)

信頼 “回復” というより、信頼をこれから築き上げて行けるといい。

これだけの投球ができるピッチャーなんだと、見せられたのは本当によかった。

これがきっかけで、調子が上向いて来ますように。

チームもファンもひと安心・・・してくれるといいな。

(そういえば、味方打線の大量援護もすばらしい!)

そう願ってやみません。






イチローくん

話題になった、あの本塁突入。

「忍者」再び イチローが三塁打&本塁生還、“5分44秒チャレンジ”で判定覆る

※記事の中に動画へのリンクがあります。

MLBの動画を何度も見ましたが、ホント、すごかったねえ。

何度見てもすげえ。

見事な身体のキレ、スピード。

咄嗟の判断と、ワザありの本塁タッチ。

年齢とか、まるで関係ないわ。

(もっとも長年のキャリアからくる経験値は関係あるよね。)

超一流の走りってのはこういうもんかと、唸らされました。


試合の流れは、こんな感じです。

マーリンズ(イチローくんのチーム)が1点差を追う展開の7回1死の攻撃。

イチローくんは代打で登場し、3塁打を放つ。

(相手にしてみれば、俊足の3塁ランナーを背負って1打同点のピンチ。内野はバックホーム態勢。)

次の打者(この人も俊足)が、セカンドゴロ。

エンドランの指示が出ていたらしく、イチローは本塁へ猛ダッシュ。

が、打球の行方を見てとっさに「こりゃアカン」と判断。

速度を落として、ホーム手前数メートルで急停止。

アカンってのはつまり、自分がアウトになってしまう、という意味ね。

(サインに従った結果のホーム突入なので、イチローくんの判断ミスではない。)

本塁アウトは避けられない。

だったら少しでも時間稼ぎをして、打者走者が進塁するほうがいい。

自分がサードと捕手に挟まれて逃げ回ってる間に、打者走者は2塁くらいまで行けるかもしれないからね。

ここまでは想定の範囲内。

おもしろいのは、実はここからです(笑)。

イチローのスピードに焦ったのか、セカンドが本塁にまさかの悪送球。

ボールは派手に1塁側に逸れ、捕手があわててキャッチに走る。

イチローくんから見ると、目の前にいた捕手がいきなり遠ざかったことに。

「行ける!」

瞬時に彼はダッシュを再開し、本塁に飛び込みます。

捕球して全力で戻って来たキャッチャーとの、きわどいクロスプレイ。

すべり込むイチローの伸ばした左手は、わずかに本塁に届かない。

(主審はこれを見て、アウトの宣告。)

でもこのとき実は、キャッチャーは完全にはイチローくんにタッチしてなかった。

タッチしてるように見えるけど、ホントは追いタッチ(空タッチ)、というやつですね。

その一瞬あとで、イチローくんの左手の指先が本塁に触れる。

(これでホームイン=1点追加のはず。)

そのさらに一瞬あとに、キャッチャーのグラブがイチローくんの左手に触れる(=タッチ)。


・・・って。

長々と文章で説明しましたが、すべては数秒のことです。

あっという間。

身体もボールもみんな猛スピードで動いてるし、タッチのタイミングなんかコンマ何秒の世界。

目の前にいた主審ですら、どれだけ正確に見届けたものか。

「今のはセーフでしょ!」

イチローの訴えを受けて、というかマーリンズの監督がチャレンジ=ビデオ判定を要請。

これが、ながーいながーい5分44秒になりました。

これだけ長いビデオ判定というのはめったない。

(別室にいる審判団が、さまざまな角度の録画を参考に、主審の判定が正しいかどうか見直す。)

何がすごいって、この「録画」の質です。

MLBの動画を見ればわかりますが、ホントにすごいよ。

ありとあらゆる角度から、ものすごく鮮明な画質で、問題のクロスプレイが録画されてる。

右から、左から、後ろから、前から、真上から。

あれはすごい。

そのクオリティとアングルの徹底ぶりには、驚嘆するしかないわ。

日本のプロ野球ではあり得ない数であり、質でした。

(そもそも日本には、チャレンジの制度自体がないけど。)

その結果、イチローくんの本塁突入はセーフに。

お見事、というよりほかはありません。


でね、もうひとつ。

イチローくんがセーフになった理由のひとつが、「2度目のタッチ」だったと思うのです。

一度ばかりか、二度目のタッチに行ったキャッチャー。

その行為自体が、

「最初のタッチは空振りだった」

(少なくとも、最初のタッチは有効ではないかもしれないとキャッチャー自身が考えていた)

証拠になったのでは・・・?

ビデオを見ていてそんな気がしました。

この捕手、試合後のインタビューがめっちゃくちゃカッコよかった。

イチローくんの走塁を誉め、自分がちゃんとタッチできなかったって認めたんですよね。

こういう潔さは、なんかいいなあと思う。

(試合は結局マーリンズが負けたので、勝者の余裕もあったのかもね?)






●最後に

あれから30年、なのかあ。

間違いなく、わたしの青春の輝かしい1ページだったなあ・・・(笑)。

バース氏が阪神梅田本店に登場、「バックスクリーン3連発」から30周年を記念

3連発から30年 バースさん大阪訪問

伝説のバックスクリーン3連発から30年 レジェンド3人が甲子園に集結

掛布バース岡田が始球式 伝説の3連発から30年

【動画】 バース!掛布!岡田!伝説の3連発から30年 「今年は日本一や」バースさん 阪神百貨店

岡田彰布が語る“伝説の3連発” 色あせない、阪神1985年の追憶







それにしても、なんていうか、アレですね。

バックスクリーン3連発(と阪神優勝)が、うら若き乙女の青春のハイライト(のひとつ)って・・・(汗)。

なんかいろいろ、まちがってた気がする。

あぐぐ。

「オッサン好きは、その頃から変わってないのね」

とは、小鳥さんの弁。

(まあたしかに、当時でもすでにバースはおっさん・・・だったよね。うん。)

どうせ。






●では、

またね。。。


【19/04/2015 21:18】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム