イワキメイキング (be-boy GOLD2015年06月号) お茶会レポート その1

●たくさんの

拍手とコメント、ありがとうございました。

まだれびゅーもロクに書いてないのに、あの数字にはびっくり。

拍手数とか、PVとか。

嬉しい気持ちと感謝と、それからちょっとばかりプレッシャーを感じました。

あはは・・・(汗)。


うん、今回のはね。

イワキメイキング・・・どう考えても不可思議なタイトルだ。あぐ。)

わたし的には、センセがくれたご褒美、だと(勝手に)思ってます。

『テンダー・グリーン』で、衝撃的なストーリー展開に耐えた!

迫り来るカバの脅威にも、踏ん張ってこらえた!

精神衛生上よくない(ばっちい)どアップにも、必死で持ちこたえた!

びゅんびゅん暴風雨の吹きすさぶ中で、

「でもでもでも、やっぱり岩城さん香藤くんが好きなんだー!!」

(たとえ過去にどんだけ考えナシのおバカさんだったとしても!)

と頑張ったファンへの、ねぎらい(笑)。

うん、きっとそうだ。

そうに違いない。

・・・と、自分に超☆都合よく解釈しています。


だって、甘々じゃーん♪

❀.(*´◡`*)❀.❀.(*´◡`*)❀

らっぶらぶじゃーん♪♪♪

(//∇//)

なんなの、あれ。

ベッタベタに甘くて、砂を吐きそうに甘くて。

「えっと・・・なんかアナタたち、とても大きな問題を抱えてたような・・・?」

あれ、ちがったっけ?

なんも解決してないと思うけど、いいのかー。

なんかもう、どうでもいいのか。

そっかそっか。

※いいわけ、ない(笑)。


少なくとも、あれだ。

今回の終わり方は、『春抱き』伝統の?黄金パターンでしょう(笑)。

安定のというか、王道ワンパターン。

「うきゃー!!」

「どどど、どうなっちゃうの!?」

「次回まで2カ月(あるいは4ヶ月)待てと!?」

・・・的なクリフハンガーじゃなかったというだけで、寿命が延びた気分です。

ああ、よかった(笑)。


でも、ね。

たぶん賭けてもいいけど、次号はそれをやられると思うんだ(汗)。

(なにを賭けるか? うーん、岩城さんの名刺とか・・・??)

次のGOLD発売日が、6月27日。

カトウメソッド、ですよね。

んで、執筆予定によれば、次に『春抱き』を読めるのは10月末だ。

この4カ月の隙間がクセモノ。

どう考えても、

「うぎゃあ、続きはどうなるの!?」

の刑に遭うのは目に見えてる・・・よね・・・(汗)。

あぐぐぐ。

|||(-_-;)||||||

香藤洋二はちょっとM入ってる。

それは間違いない。

(どっちかというとヘタレ属性というか、S要素がない、というのが正確かもしれないけど。)

だけど、もしかしたら、『春抱き』ファンもその傾向があるのでは・・・(笑)。






●と、まあ

そんなわけで、お茶会です。

4月29日。

あんまりゲリラ的でもないけど、プレお茶会が開催されました。



DSCF9765ssf.jpg



今年最初のゆす茶会

通算で何度目のお茶会なのか、それはわかりません。

参加者は昼夜あわせて7名。

なんで “プレ” かというと、まあ、なんというか。

きわめて突発的なものだったからです。

本会=ゆす茶会を5月2日にやると決めた後で、遠来のゲストが来ることがわかったのね。

「是非、お会いしましょう!」

が、いつの間にか、ぷちお茶会プロジェクトに早変わり。

常連さんに声をかけてみると、

「行きます!」

無理にでも都合をつけてくださった方が、思いがけず多かった。

本当にありがたかった。

ゲストにはだって、ゆす茶会の雰囲気を味わってほしかったので。

それで、急遽プレお茶会と相なりました。



DSCF9768ssf.jpg



まあ、なに?

言ってみれば、飲兵衛の飲む言い訳みたいなもんかもね・・・(汗)。

GOLD発売直後ということもあって、機会さえあればしゃべりたい。

できることなら、すぐにでも仲間と話したい。

その気持ちは、みんな共有しているから。


とはいえ>>

プレお茶会ではなく、本会にご出席予定のみなさま。

どうぞご安心ください。

5月2日がそのせいでおざなりになるとか、そんなことはありません。

あり得ません。

春抱き』仲間に会ってしゃべるのに倦むときは、人生に倦んだときだ。

・・・といったのは、かのオスカー・ワイルドでしたっけ?

※冗談です。言ってません。

おしゃべりのネタが尽きることはないので、ご心配なく。

お茶会はいつだって一期一会ですから。

(・・・ん?)



DSCF9772ssf.jpg



場所はいつもの、高級ホテルのパーティールームでした。

慣れも惰性もあるけど、ここは条件が揃いすぎてる。

カラオケ用の個室はゆったりきれいで、もちろん防音完備。

スタッフのサービスは一流。

お料理がおいしくて、ジュース類やお茶はフリーフロー。

夕方まで4時間でも、5時間でも置いてくれる。

・・・カンペキ。

これ以上の施設を探すのは、いかに東京が広くてもむずかしいかも。



DSCF9774ssf.jpg



初めましてさんも、8年?越しのベテランさんもいました。

でもなんか、初対面でもわかりあえるのよね。

社交辞令もよそゆきのマナーもすっ飛ばして、いきなり懐に飛び込む感覚。

「今日、生まれてはじめて、岩城さんって口に出しました!」

うん。

ものすごくわかる。

それを味わったときの感動は、今でも覚えていますもの(笑)。



DSCF9776ssf.jpg



白熱するオバチャンたちの会話に、ダンボーも呆然。

・・・なのか(笑)。

いつも通り、製本されたGOLDを持って、何度も繰り返し読みながら。

ああだ、こうだと話に花が咲きました。

(ご存知かとは思いますが、製本というのはこの場合、『春抱き』以外のページを全部きれいに取り去って、自分で薄い本に仕立て上げることを言います。雑誌まるごとじゃ、持ち運びに不便だものね。)

岩城さんに差し出された香藤くんの手!

・・・とか。

抱きしめた岩城さんの腰の細さ!

とか。

それひとつで、何十分でもしゃべっていられます(笑)。

妄想が妄想を呼び、収拾がつかなくなるほど。


面白いのは、ね?

春抱き』以外の話もけっこうする、ということです。

昔のマンガだの、アニメだの、ふつうの芸能ネタだの、いろいろ。

小説の話もすれば、時事ネタ、地理や歴史の話に飛んだりもする。

どんな話題になっても、だいたいみんなついて来ます。

そこが、純粋にスゴイと思う。

『春抱き』がきっかけで、『春抱き』だけが共通点で知り合った人たちなのに、

“他にもたくさん共通項がある”

今はそれに慣れちゃったけど、結構すごいと思います。

おおまかに同世代とはいえ、ね。

本名も年齢も、知らなかったりするのに。



DSCF9777ssf.jpg



今回もお料理は美味でした。

平凡なパーティーフードの域を超えた、ちゃんとした味です。

(実をいうと閉会後、フードについて必ずフィードバックを求められます。そういう姿勢も好ましい。)

アレルギー除去食のリクエストも、丁寧に聞いてくれてうれしかった。

こまやかな心配りは、さすがですね。


しかし、なあ・・・(汗)。

あんまり頻繁に利用するので、マネージャーさんたちにすっかり覚えられてしまった。

電話やメールのやり取りもするし、名刺ももらった(笑)。

顔パスの日が来るのも近い・・・???



DSCF9788ssf.jpg



とにかく今回はものすごーく、岩城さんがきれいだったよね♪

と、誰かが言います。

でもそのぶん、マジでアホだったよね♪

と、別の誰かが応えます。

―――うん。

たしかにそうだ(笑)。

顔にシワもシミもない代わり、脳みそにもシワがなくなったんじゃないの?

・・・と、まあ。

ごめんなさい。

とまらない悪口雑言。

言いたい放題ですけど、みんな筋金入りの岩城さんフリークなのよ(汗)。

屈折した愛情表現ですね。

岩城さんの幸せそうな顔が、なにより愛しい。

まぶしい。

ホントです(笑)。



DSCF9792ssf.jpg



一方で、香藤洋二はめちゃくちゃに称賛されます(笑)。

死ぬほどかっこいい。

いい男すぎる。

本当にかっこよすぎて、目眩がしそう。

「一家に一台、香藤洋二がほしいよねー」

・・・あれ?

なんか、ちょっと単位がちがうような。



DSCF9801ssf.jpg



一応は女子会プラン、なんですよね。

実際には腐ったオバチャンの集いだけど(ひとり除く)、まあ、そこはスルー。

だから女子向けに、プチケーキがたくさん登場します。

いつもまったく違うものばかりで、そこは凄いと思う。

今回は、やわらかい味のムースが多かった印象です。

苺のムース、抹茶のムース。

季節感がちゃんとあるんですね。

実をいうと、3日後のお茶会(本会)も、ここでやる予定です。

お料理やお菓子、ある程度は変えてくれるらしい。

ふふふ。

わがままなリクエストを叶えてくれるのは、大変にありがたい。

・・・たのしみ。



DSCF9810ssf.jpg



戦い済んで日が暮れて、よろよろとホテルを出るところ。

この後、お茶会は夜の部になだれ込みます。

つづく。






●では、

またね。。。


【01/05/2015 05:09】 春を抱いていた | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム