花は散れども

●TBのお題から

「学生のときに所属していた部活

わお。

いろいろあるんですよね、これが。

演劇部と文芸部。

このふたつがメインだけど、他にいろいろ駆り出されてました(笑)。

どういうわけか合唱部とか、手芸部とか。

漫研・・・はなかったけど、なぜか美術部でそっち(マンガ)的なものも少々。

なんかあっちこっちに顔を出してた気がします。

ええ、はい。

完全なるインドア派ですとも・・・(汗)。

あとは、生徒会ですね。

厳密にいえば部活じゃないけど、実質的には、部活動に準じる感覚で所属していたように思います。

予算委員会とか、文化祭実行委員会とか。

いつも何かグダグダとやってました。

放課後になると、用があってもなくても、生徒会室で過ごす。

“仕事” がなければ受験勉強をしたり、文芸部の原稿を書いたりもする。

誰かがラジカセを持ち込んで、音楽を聞いたりもしました。

(先輩の趣味でヴァン・ヘイレンを大音量でかけたら、職員室から先生が飛んできたことも。)

まあ、たまり場みたいなものです(笑)。

それがあたりまえの生活でした。

・・・って、あれ?

こうやって書き出すと、なんかすっごい青春してたみたいですね(笑)。

当時はまったく、そんな実感なかった。

ごくごく普通の、どこにでもいる高校生でした。

たぶん。

※その頃は腐女子としては半覚醒状態。

過去は美しく見えるって、こういうことか・・・(笑)。






●えっと

かなり今さら、なんですけどね。

それはわかってるですけどね・・・(汗)。

写真

花の終わりの写真

そのうちアップしようと思っていたものが、それこそ何十枚、何百枚もあります。

撮った枚数はむろん、その何十倍も。

ブログに費やす時間とエネルギー不足で、そのほとんどが日の目を見ないまま。

ううう。

すべてをボツにするのは、わたし的には忍びない(汗)。

全部はムリですが、少しずつでも、掲載できるといいなあ。

今回のは、GOLD発売前にすでに加工済みだった画像です。



IMG_5540sssf.jpg


可憐でうつくしい松月桜

長いこと目を楽しませてくれたけど、さすがにそろそろ終わりです。

花期の終わり。

ご覧のとおり、突き出した緑のツノ(葉化した雌しべ)が目立ちます。



IMG_5542sssf.jpg


淡いピンク色の濃淡がきれい。

こうやって見ると、まだまだ見られるような気もしますね。



IMG_5549sssf.jpg


でも、こうして見るとよくわかる。

緑の葉っぱが勢いを増すのに反比例して、花は散っていきます。

花びらが落ちたあとの、ガクだけの枝。

色彩はきれいなんだけど、ちょっとさびしい。



IMG_5551sssf.jpg


遅れて来たつぼみも、ちらほら。

でもやっぱり、花は終わりに近づいていました。



IMG_5570sssf.jpg


こちらは、紅普賢象(ベニフゲンゾウ)。

花の咲きはじめは、きれいな薄紅色でした。

初々しい、可憐なピンク色。

それが散る頃には、こんなに濃い色合いに変わる。

こっくりしてるのに、明らかに褪めてもいる。

でも、どちらの色も本当に美しいんですよね。

その変化を見届けるのが、とても楽しかった。



IMG_5571sssf.jpg


高い位置の枝には、まだかなり花が残っていました。

やはり濃厚なピンク色。

色だけで言うなら、こっちのほうが好みかも・・・(笑)。



IMG_5330sssf.jpg


そしてこれは、別のの木です。

森の中に一本、あでやかな花を咲かせていました。

時期的には、普賢象とほとんど同じ。

色はきれいなピンクで、八重で、ときどき葉化した雌しべが見える。

でもご覧のとおり、花のつき方に特徴があります。

花が明らかに下向きに咲く。

もこもこ固まりにならない。

サクランボみたいに2つか3つずつ、ぶら下がるような咲きかた。

「なんていう品種だろう?」

ずいぶん調べたけど、今のところはっきりとは分かりません。

この木のすぐ隣には、御衣黄(ギョイコウ)。

かの黄緑色のです。

場所は、地元のお寺。

特徴のあるの木がこれだけ何種類も植わっているのだから、かなりこだわりがあるはず。

誰かがかつて、意図的にこういう品種を選んだはず。

でも、植物の名前プレートとかはないのよね。

「聞いてみたらわかるだろうか・・・?」

広大な境内を掃き清めている若いお坊さまに、聞いていいものかどうか。

(カメラを持ってしょっちゅう通っているので、なんとなく顔なじみではある。)

悩ましいところです。






●ついでにnamesake

写真も掲げておきます。

撮ったのは、GW直前です。



DSCF9729ssf.jpg


この1枚だけ、一重のです。

を撮るむずかしさは、この紫色を見たまま再現できるかどうか、だと思う。



DSCF9733ssf.jpg


八重の棚。

ものすごい偶然なのですが、空に飛行機が写っています。

撮ったときはまったく気づかず、自宅に戻ってPCでチェックしてびっくり。

偶然とはいえ、いい位置にいるなあ(笑)。



DSCF9734ssf.jpg


満開のちょっと手前でした。

いい感じにほころんではいるけど、まだつぼみが多い状態。



DSCF9735ssf.jpg


明るい初夏の日差しと、新緑と、八重の

なかなか魅力的なコンビネーションでした。

整然と並んでいるのもいいけど、こんなふうにワイルドな雰囲気もいいですね。



DSCF9745ssf.jpg


遠景には柳です。

青柳のかがやきは、また格別。



DSCF9749ssf.jpg


なんかブドウみたい(笑)。

八重のはこういうふうに、ひとつの房で濃淡のバラつきがありますね。

もったり重い感じの花。

そして、けっこう匂いがする。



DSCF9758ssf.jpg


この2日後、3日後あたりに再訪していたら・・・!

見事な満開の花を見られただろうと思います。

行けなかったのは残念だけど、お茶会に次ぐお茶会で、それどころじゃなかった(笑)。

今はどうかなあ。

まだギリギリ間に合う、かも・・・?






●それでは、

またね。。。


【06/05/2015 00:21】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム