8月はすぐそこまで

●注目の新刊

らしいです・・・(笑)。

ダサいオヤジは「暴力的存在」である (祥伝社新書 78) ダサいオヤジは「暴力的存在」である (祥伝社新書 78)
松尾 智子 (2007/07)
祥伝社

この商品の詳細を見る


http://book.asahi.com/express/TKY200707300309.html

趣旨はともかく(笑)、「ダサい」というコトバ自体、今では微妙にダサいと思うのはわたしだけ?


●やめようと思うのに(笑)

FC2ブログのトラックバックのお題に、またしても、引っかかってしまいました(笑)。ああ、安易だな~。いや、わたしはTBとは、まったく縁がないんですけど(うちのブログではオフになってますし)、何しろ、「もしも朝起きたら、異性になっちゃってたらどうする!?」ですよ。

そりゃあもちろん、嬉々として、晴れて堂々と、岩城さんを襲うに決まってます!!

どうするも何も、迷いようがありません。ってか、ほかに、やりたいことなんてあるわけないじゃん(きっぱり)。マジで男なら、そらもう、遠慮はいらないわけで・・・って、あれれ??(笑)

そっか・・・力と体格があっても、それじゃあ足りないのよね(あたりまえだボケ)。

※「無理やり」は犯罪です。たとえ相手がえろえろフェロモン垂れ流しのワケアリ黒髪コネコちゃんでも、犯罪は犯罪です。よい子は絶対にやってはいけません。プライドのある人もやってはいけません。ましてや好きな相手になんて、死んでもやってはいけませんよ~。

たとえわたしが、マジで男性になったとしても。

おまけに、仮に(あくまで仮にです)香藤くんにも匹敵するくらいの、実にほれぼれするほどの★☆ご立派なモノ☆★を備え持っていたとしても。でも、岩城さんにはやっぱり、ダンナさまがいるんじゃん・・・ううう(しょぼん)。

所詮、自分の性別が変わった程度じゃあ、岩城さんをゲットできるわけないってことさ。・・・ぐるるるる~(ため息)。


●いいにくいこと

を、どうしても言わなくちゃいけないとき。

そう、たとえば人事評価なんかで、自分がめんどうを見た研修生くんの成績をつけなくちゃいけないとき。しみじみ、知らないふりして逃げ出したくなります(苦笑)。・・・まあね、言うべきことは、言わなくちゃいけない。そんなのはわかるんですけど。でも、気が乗らないときって、ホント困ります。

もちろん、褒めるほうはいいんです(笑)。できのいい研修生くんについて、レポートを書くのは簡単です。っていうか、「この子はいいよ!」って評価するのは楽しいし、ストレスにはなりません(笑)。

でも、苦言を呈さなくちゃいけないとき。

・・・これは、実に疲れます。ものすご~く神経を使います(苦笑)。あまりいい点をあげられないとき、それはなぜか、客観的に(←事例を示して、ね)書かないと、人事担当者に伝わらない。主観でものを言うわけには、いきませんものね(苦笑)。






その彼に与えたタスクが、彼のレベルにちょうど良かったのか、こちらの説明は十分だったのか。つまり、彼が上手にできなかった原因はどこにあるのか・・・そんなことを、いちいち考え直さないといけません。一種、自省を強いられているようものです(笑)。

だってほら、「彼は細かいところに目が届かない」って書くのは簡単ですが(笑)。それじゃあ人事の担当者には、詳細は何も伝わりませんものね~。

どういうシチュエーションで、どういう仕事をさせたのか、具体的に細かく書かないと、「なるほど、じゃあ彼にも、こーなればあーなるって予測がついたはずだ」とかね、そういう判断が、第三者にはできないものね。ただ「目が届かない」なんて書くのは、評価する立場の人間の、それこそ職務怠慢だと思うし、それなりに努力してる(はずの)研修生くんにも失礼ですよね(笑)。

・・・なんて、偉そうなことを言ってますが。

これってけっこう大変です(笑)。だから、人事評価のリクエストが来ると(メールで受信箱に入ってくるんだね)、どよよ~ん、と暗い気持ちになったりします。こっそり、「おまえな~、あれだけイジメてあげたのに、懲りずにわたしに評価をしろって言うのか~」と、悪態をついたりします(笑)。

(評価レポートは、いわば自薦式というか・・・研修生くんが、自分が仕事を頼まれた先輩を何人かノミネートする形式なんですね。)

それにしても>>

成績のイマイチ芳しくない研修生くんに限って、わたしがひそかに「こいつは使えねえ!」と思ってるって、気づいてくれないのはなぜだろう(笑)。
【31/07/2007 01:59】 London Life | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。