花いろいろ その4

●あやうく

応募はがきを出すの、忘れるところでした(汗)。

例のGOLDのプレゼント。

岩城さんのイラスト色紙ね。

「やっば・・・!」

締め切りが28日までなのよね。

あわててコンビニに、めったに買わない切手を買いに行きました。


「昔はさ・・・?」

そう。

かつては切手って、自宅に当然、常備されてるものだったよなあ。

ハガキ用と封書用が何枚か。

(ついでにレターセットやハガキも、絵葉書とか官製とか、手持ちが常にあった。)

最低限はそのくらい、うちにあるものだった。

救急箱とか、予備の乾電池とかと同じ扱いでした。

でも今はホント、郵便って使わない(汗)。

手紙、書かなくなりました。

宅配便やメール便は使っても、古典的なハガキや封筒はすっかりご無沙汰です。

今はそういう時代じゃないよなあ。

そう思う反面、ちょっと寂しくもある。


かつてのわたしは結構な手紙魔?で、大勢の人と手紙のやり取りをしてた。

(いわゆるペンパルではなく、親の転勤などで離れ離れになってしまったリアルな友だち。)

海外の友人へのエアメールも頻繁で、

「ワタシって世界中に友だちがいてカッコいい!!」

ぐらいに思ってた(汗)。

※今でいう厨二病というヤツに近いかも。うぐ。

お洒落なレターセットを大量に揃え、ながーいながーい手紙を書いたりしてた。

(千趣会の数々のレターセットとか、今でも実家にたっぷり。あはは。)

あの頃のパッションは今いずこ・・・(汗)。

今はもう、そんな気力も体力もないわ。

時代も変わった。


でもさ?

メールもSNSも便利でいいけど、かつての文通のような情緒はない。

思いの丈を推し量ることもできない。

早くて、お手軽なのはいいんですけどね。

昔は便箋やペンを選ぶところから、すでに相手のことを考えて。

夜の自室で黙々と筆を走らせて、日常生活のあれこれを綴り。

現像に出して焼き増しした写真を一枚、二枚と選んで同封して。

封のかわりに、ときには可愛いシールなんぞを貼って。

重さを計って切手を貼って、郵便ポストに投函するまでの長いプロセス。

(その切手も、きれいな記念切手を用意しておいたものです。)

それが全部、 “手紙を書く” ということでした。

ああ、そっか。

プラス、相手からの返事を待つわくわくドキドキ、もありますね。

そこまですべてひっくるめて、人とつながる経験でした。

それだけたくさんの時間と気持ち(とお金)を、コミュニケーションに投資していた。

安易に今と比較して、どっちがいい、とか考えても意味がない。

意味がないとは思うものの、昔は努力してたなあ、とは思います。

若かったから・・・?

それだけじゃない気がます。






●ささっと

吸葛(忍冬、スイカズラ)とその仲間たちの写真を。



IMG_6297mssf.jpg


あま~い香りがします。

吸葛とも、忍冬とも書くスイカズラ

英語で Japanese honeysuckle 、学名(ラテン語)ではロニセラ・ジャポニカ。



IMG_6298ssf.jpg


とにかく、このの形が独特です。

なんなのこの、ぶら下がったバナナを半分むいたら皮がだらーんと垂れちゃった、みたいな

・・・いや、かわいいけどさ。

それだけでとても目立つ。

甘い香りがして虫がいっぱい飛んで来るので、余計に目立つ。

存在感、満点です。



IMG_6300ssf.jpg


そして何なの、このおいしそうなツートンカラー(笑)。

こってり濃厚カスタードクリームと純白のホイップクリーム半分ずつ、みたいな感じ?

実際には、は白いのです。

というか、咲き始めは白い。

それが徐々に黄色く変化していく。

パッと見、二色づかいに見えるのはそのせいです。

「金銀」という異名があるのも、頷けますよね。



IMG_6304ssf.jpg


吸葛は果たして、地味ななのか。

それとも派手ななのか。

毎年そう考えるものの、いつも答えは出ません(笑)。




IMG_6248mssf.jpg


画像がテキトーすぎ・・・(汗)。

クマンバチがそばにいたので、ロクにアングルなど考えず撮り逃げしたのが丸わかり。

これ、ツキヌキニンドウといいます。

スイカズラの親戚。

ツキヌキニンドウ。

響きがどういうわけかツボにはまって、なんか何度も口にしてしまう(笑)。

ツキ・ヌキ・ニン・ドウ。

「・・・何語だよ・・・」

小鳥さんが眉をしかめていましたが、漢字で書けばカンタンです。

尽抜忍冬

花をつけた茎を辿っていくと、理由がわかります。

まるい葉っぱの真ん中を、茎が貫いているように見える。

これが由来です。

(対になった2枚の葉が、どういうわけかくっついてしまうらしい。ふしぎ。)

ちなみに花は、最初は赤と黄色(オレンジ色)。

そのうち全体が赤くなるんだそうです。




IMG_6242mssf.jpg


そして、これも同じくスイカズラの仲間。

日本の自生種ではなく外国原産なので、一般的にはハニーサックル(あるいはロニセラ)と呼ばれています。

園芸種。

色の取り合わせが華やかで、どこにあっても目立ちます。

花の並び方が変わってますよね。

幾つもの花が寄り集まって、大きなひとつの花を構成しているみたい。



IMG_6251ssf.jpg


なかなかゴージャス!(笑)

個体によって色は微妙に変わるそうですが、赤(あるいはワインレッド)とオレンジ。

大人っぽいし、洋風にちゃんと見えますね。



IMG_6253mssf.jpg


園芸種を特定しようとしたけど、むずかしい。

ヘクロッティ、もしくはアメリカン・ビューティーじゃないかと思いますが、自信はないなあ。




IMG_6243mssf_20150524183932f36.jpg


これもハニーサックルロニセラ)の仲間。

上の三枚とよく似ていますが、花のつきかたがちがいますね。

そしてこれは、輝くようなオレンジ色(黄金色)単色なのです。

オレンジ・イエロー、のほうが近いかな。

テルマニアーナという品種で、とても人気があるらしい。

こんな花がお庭に咲いていたら、元気が出るだろうなあ。

(でも、虫は来るよね。うぐ。)






●以上

グダグダですが、今日はこの辺で。

小鳥さんのブログにあった猫の写真は、別の機会に。

では、またね。。。


【24/05/2015 22:14】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム