○○の日とか、ね

●6月1日

ですね。

今年も残すところ、あと6ヶ月ばかりと・・・いや待て。

7ヶ月じゃないか(汗)。

暑さのあまり、意識が朦朧としているようです。

すみません、やり直し。

2015年も残すところ、わずか7ヶ月と相なりました。

おそろしいですね。

時が過ぎるのは早いものです。

あぐぐ。






●たまたま

ですが、今日キヤノンからメルマガが来てました。

(ちなみにいつも書いていますが、カタカナ表記は「キヤノン」ですよ。ヤも大きな字ね。)

今日は写真の日、なんだそうです。

史上はじめて日本人が写真を撮影した日・・・ってことらしい。

ただし、こんな但し書きつき。

“後日の調査で誤りである事が判明しましたが、その後も引き続き6月1日は写真の日として今日まで続いています。”

・・・なんだ。

間違ってるんじゃん・・・(笑)。


で、ふと。

「そういえば、○○の日って、やたらいっぱいあるよなあ」

と思いました。

誰がどう決めてるのか知らないけど。

どのくらい一般的に認知されてるのかも、わからないけど。


調べてみると、あるわあるわ。

ウィキでざっと見ただけでも、6月1日は、

電波の日
気象記念日
バッジの日
写真の日
チーズの日
世界牛乳の日
麦茶の日
氷の日
チューインガムの日
梅肉エキスの日
ねじの日
真珠の日
景観の日
NHK国際放送記念日

・・・なんだそうです(笑)。

これでも抜粋。

写真の日やNHKの国際放送のように、その日に制定した理由がはっきりしてるのは、まだいい。

(写真の日は、少なくとも決めた当時は、その日が初めてだと認識されていたわけなので。)

チーズの日なんて、

“「写真の日」であることから、写真を撮る時の掛け声「はいチーズ」にかけたもの”

―――って、ウィキ先生が仰ってます。

ホントかいな(笑)。

そんなテキトーな理由で、記念日?を決めていいのかしらん。

うむむ。


この程度の取っ掛かりでいいなら、いっそ「BLの日」があってもいいかも。

などと妄想します。

ていうか、もしかして既にあったりして。

ていうか、あるべきじゃない?

ボーイズラブの日。

・・・すげえ(笑)。

恥ずかしくて口にできないレベル、かもしれない。


なお>>

やおい=801にかけて、8月1日をやおいの日、ってのはあるみたい。

なるほど、語呂合わせね(笑)。

(あるといっても、一部のファンが勝手にそう言ってる、って程度の話みたいですが。)

それでも別にいいけど、厳密にいうと、やおいとBLは違うよなあ。

ひょっとして広義では同じかもしれないけど、わたし個人の認識ではちがう。

ずいぶんちがう。

(ついでにいうと、ウィキにある「やおい」項目の論文には納得できない部分も多い。)

・・・ような気がする。

どうでしょうね???

※これは別の話題になっちゃうので、ここでは置いておきます。


BLの日。

これを制定するとして、いつにするのか?(笑)

つまんないけど妥当な理由は、最初にこの言葉が使われたとき。

1990年代にどこぞの商業誌で使われたコピーが語源だそうなので、初出をたどることはできるんじゃないかなあ。

というか、それ知りたい(笑)。

もうちょっと面白い?のは、記念碑的な作品が生まれた日。

(雑誌で連載がはじまった日、とか。)

これぞ 「ザ・BL」 と呼べる名作。

当然、どの作品を選ぶかで大論争が起きそうですね。

どの作品が適当なのか?

ちょっと想像がつかない。


これがJUNEの日なら、決めるのはわりと簡単だと思います。

記念すべき?創刊号が発売された日、でいいんじゃないの。

たぶんいちばん反論が出ない。

これを仮に

“JUNE的な作品が生まれた日”

までさかのぼると、やっぱりどの作品をベンチマークにするかで揉めそうですね。

(JUNEという言葉は長いこと、単なる雑誌名ではなく、ジャンル名として使われてきたから。)

とはいえ、やっぱり「風木」と「ポー」の一騎打ちになるんだろうなあ。

ウィキ先生によれば>>

少年同士の恋愛を描いた初めての少女マンガは「サンルームにて」だそうな(竹宮惠子、1970年)。

このあたりの古典的作品は、実はどれも読んだことがありません・・・(汗)。

いつか “お勉強” しなくちゃと思いつつ、今日まで読まずに来てしまった。

最近はもういいかな、と思う。


って、あれ。

例によって、激しく脱線しましたね(爆)。

失礼しました。


え、『春抱き』の日?

それはそれで、えらく揉めそうな予感が・・・?(笑)

あのおうちに引越した日、ですかね?

(あるいは、かの第1回目が雑誌に載った日?)

「1月27日!」

というのは、小鳥さんのご意見です。

即答でした。

いやそれ、あの、岩城さんの日じゃないの・・・?(汗)

「いいの、それで!!」

はっきり、きっぱり。

断言されてしまいました。

あはは。






●というわけで

無駄に脱線しまくった挙句、オチもなく終わります。

まさにやまなし、おちなし、意味なし(爆)。

では、またね。。。



【01/06/2015 23:11】 BL | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム