馴れもほどほどにしないと

●TBのお題から

「コンプレックスはありますか?」

え?

ない人っているの?

・・・ねえ(笑)。

いっぱいありすぎて、リストにすると落ち込みそう(笑)。


ただ、ひとつ。

言うことがあるとすれば、消えていくコンプレックスもある、かなあ。

子供のころ、若いころにものすごーく強いコンプレックスを感じていたこと。

中にはもちろん、今でも変わらないものもあります。

その反面、いつの間にか感じなくなったコンプレックスもあるんですよね。

「あれ、そういえば昔はわたし、○○をすっごい気にしてたのに・・・」

ふと気づく感じ。

原因がなくなった、わけじゃなくって(笑)。

昔と同じくそれはあるんだけど、でもなぜか、トシとともに気にならなくなっていった。

なんだろう、心の持ちよう?

どうでもよくなる、っていうか。

人生のプライオリティが変わったせいで、些細なことに思えるというか。

なんとなく、経験値とともに、乗り越える/やり過ごす方法を覚えるのかも。

どうでしょう?

それに気づくと、加齢も悪いことばかりじゃないよな、と思います(笑)。

そのコンプレックスが消えた分だけ、ほんのちょっと楽になるものね。

ま、単にオバチャン化=鈍感になっただけかもしれないけど(爆)。

あはは。






●本日の新発見

今日はじめて知ったこと。

サンマーメン、ってご存知?

わたしはこれ、わりと本気でサンマ(秋刀魚)を使ったラーメンだと思ってました(汗)。

ご当地ラーメンだってのはなんとなく知ってた。

聞いたことがあるというか、推察はしてた。

でも、地元!の神奈川のものだってのは知らなかった(汗)。

その程度の関心しかなかった、ってことです。

で、

サンマーメン???」

魚介系のダシにサンマをつかってるのかな、って勝手に思ってた。

思ってましたよ。

・・・だって、サンマって書いてあるし・・・(汗)。

「サンマ入りのラーメン? へえ、変わってるねえ」

「北海道とか三陸地方とか、あの辺でラーメンにも使ってるのかな」

※秋刀魚の水揚げ量が多いのは根室と女川、気仙沼など(これは知ってた)。

・・・って。

完全に大ハズレ、でございました(汗)。


実は、全然まるっきり関係ないのね、サンマと。

そもそも漢字で、「生碼麺」って書くんだとか。

ウィキ先生の説明によれば、

“細麺を使った塩ラーメンもしくは醤油ラーメンの上に、歯ごたえが残る程度に炒めたモヤシ入りのあんをかけた麺料理である。モヤシ炒めの中にはキャベツやキクラゲ等の野菜や蒲鉾、豚肉の細切り等も入っていることもあり、皿うどんのあんかけによく似ている”

“名称の読みから「サンマが入っている」と誤解される事が多いが、全く関係がない”

・・・んだそうです。

サンマ、出る幕なし。

つか、画像検索してみたよ。

すごく美味しそう・・・(笑)。

キクラゲとか筍の水煮とかあれば、自分でも出来そうだなあ。

うふふ。






●以下の記事は

先週ごろに書いたものです。

書きかけのまんま時間が過ぎてしまって、出しそびれてしまった(笑)。

でも、量が結構あるのでもったいない???

・・・気が若干して、コピっておきます。

よかったらお暇なときに読んでください。



↓ここから↓

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


●暑くて

なんかもうぐったり。

です。

5月にもう、何回目の真夏日なのか。

心底やあね。

もうすぐ6月かあ。

ぐう。


先日の地震に関して、ご心配いただきありがとうございました。

震度4は久しぶりでしたけど、特に被害はありません。

そもそも、被害が出る(ことを懸念する)ような揺れではなかった。

不安定な場所に積み上げていた書類が、ひらひら落ちたくらい。

「いつもより大きいな」

とは思ったけど、それだけです。

よくも悪くも “地震馴れ” してるよなあ。

(ここは “慣れ” ではないのがポイントね。)


ただ、電車は遅れに遅れました。

帰りのラッシュ時刻に、まさか電車が40分間も来ないなんて・・・!

(ふだんなら最低でも5~10分に1本。)

「ありえねえ・・・」

焦る・困るよりも、おかしな話ですがびっくりしました。

(すぐに諦めの境地になりましたけど。)

意外だった。

意外だと思ってしまうこと自体が油断・・・の一種、なんだろうな。

そう思いました。

地震について、(わたしを含め)多くの日本人はマヒしているのかも。


やや大きめ、かつ震源地の近い地震だったとはいえ、午後かなり早い時間のことです。

2時半ごろでしたっけ?

とっさに震度を確認して、マグニチュードの数字を見て。

「そっか」

規模を自分なりに理解しますよね。

津波も来ないみたいだし、どこかで大きな崩落事故が起きたりもしていない。

いったん運転を見合わせていた電車も、徐々に動き始めている。

報道を見る限り、大事ではなさそう。

「なら問題ないな」

そう判断すると、あたりまえですが、日常生活に戻ります。

実にあっさりと。

地震に動揺するのはほんの数分、数十分間。

しばらくすれば、地震のことは忘れています。

ええもう、きれいさっぱり(笑)。

精神的なショックが(この程度では)残らないのが、地震馴れの弊害でしょう。

間抜けな話ですが、ですから、帰宅時。

それはもう見事に、失念していました。

その日、地震があったこと自体を忘れてました。

地震の影響で電車のダイヤが乱れたままかもしれないって、考えもしなかった(汗)。

考える考えない以前に、忘れていたんだものね。

迂闊というか、アホだ。

覚えていたら、あるいは地震がもっと夕方になってから起きていたら。

さすがに、電車の運行情報などをこまめにチェックしてたと思うの。

いくら何でも、もうちょっと気にしたでしょう。

小鳥さんとの待ち合わせにも、もっともっとゆとりを持って出たと思う。

そういうの、全部すっ飛ばす間抜けっぷりです。

油断、ですよね。

「あれれ・・・?」

駅について、ホームの異様な混雑ぶりを見て。

それではじめて、通常通りの列車運行ではないことを悟りました。

「もしかして、地震の影響なのか」

って思い至ったけど、遅すぎるだろ・・・(笑)。

「まずい!」

その時点でようやく後悔しても、時間のロスは防げない。

あーあ、という感じでした。


ちなみに>>

「えー、なにコレおかしくないー!?」

ただならぬ駅の混み合いかたに、グチをこぼす女子大生が何人か。

ちょうどわたしのすぐ後ろあたりにいました。

こういうときって概ね、みんなストイックに、おとなしく待ちますよね(笑)。

その中で、彼女たちの声だけがやけに甲高く響きました。

「電車来てないんじゃん、どうしてだろう?」
「人身事故でもあったんじゃない?」
「えー、困るんですけどー」
「チョー迷惑じゃん」

この会話が漏れ聞こえてきて、ちょっと笑ってしまった。

他人の会話として聞くとバカっぽく聞こえますが、わたしも似たようなこと考えたよ(汗)。

思考プロセスは似たようなものです。

笑っちゃったのはだから、嘲りの意味ではないんです。

「あ、地震で遅延だってー!」

彼女たちの誰かがスマートフォンで、即座に状況を確認した模様。

「えー」
「そういえばさっき、けっこう揺れたよねー」
「でも何時間も前じゃん!」

うん、そうなんだよね。

数時間前の地震のこと、すっかり頭から抜けていた。

わたしも同じ。

これこそが地震馴れ、なのでしょう。

さして重大なことだと認識していないから、こんなにあっさり忘れてしまう。


不幸中の幸い?は、これも笑い話です。

「ごめん、遅れる!」

あわててメールをしようとして、小鳥さんからメールが来てることに気づきました。

非常事態発生のサインです。

※彼女がケータイからメールをちまちま打って寄越すこと自体が非常に珍しく、それだけで緊急事態なのがわかる。

「なんかあった!?」

見ると、小鳥さんのほうも電車がめちゃくちゃに遅れてる、とのこと。

ああ、お互いに遅れるのね。

そう思った途端に、なんかホッとしちゃった。

結局、予定の時間を1時間ほど過ぎたところで、無事に落ち合いました。


ちなみに>>

小鳥さんからの一通目のメール=

「電車来ない」

二通目のメール=

「○○乗換だって」

三通目のメール=

「動かん」

こんな感じです(笑)。

そっけないにも程があるけど、彼女はいつもこんな感じ。

行間を激しく読み、前後を自分でフリーダムに補完して、それでやっと意味がわかります(笑)。

「じゃあ、○時ごろには○○駅に着くのかな」

っていう判断は、ほとんど野生の勘。

というか妄想の産物かも。

でもまあ、それで通じるからいいのか。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

↑ここまで↑


以上!(笑)






●では、

またね。。。


【06/06/2015 17:14】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム