春を抱いていたALIVE 2 速報(なのか)

●夕方やっと

買いに行きました。

春抱きALIVE』の2巻。

ようやく今日は晴れたから、なんとなく気分も爽快(笑)。

暑かったけど、でも雨が降らないだけマシ。

「よっしゃー!」

気合が入りました(笑)。

春抱き』日和、って感じで。

さて、リアル書店で『春抱き』コミックスを買うの、何年ぶりでしょう。

通常はなんでも通販なので、非常に珍しいことです。

「待てよ・・・」

そもそも、いちばん近い書店で売ってるのか(笑)。

それすらわからなかったけど、とりあえず行きました。

ありました。

「おお!」

見つけるまでに、実はちょっと時間がかかった(汗)。

そのお店のコミックスのコーナーに、足を踏み入れたことがなかったのですよ。

だから地元なのに、まるで “土地勘” がなくってねえ。

だって、意外と広かった。

コミックスのラインアップ、けっこう充実してるように見えました。

「どこ・・・?」

(ふだんマンガを買うこと自体がないので、嗅覚がきかなくなってるようです。)

少年マンガ、少女マンガ、青年マンガのエリアをうろうろ。

講談社、集英社・・・いや、ちがうし。

そっちはどう見ても、少年マンガっぽいし。

ようやくびーえるのコーナーにたどり着いて、ほっとしました(笑)。

ええ、充実してたよー。

なんか、かなりスペース取ってる。

書泉なんかに比べるとアレですが、駅ビル内の一般書店としては、がんばってるんじゃないかなあ。

「まあ、びーえるは今やビッグビジネスだしね・・・」

今さらだけど、実感したわ(笑)。

―――ありとあらゆるコミックスの棚の、いちばん奥だったけど。

お店の最深部かい!(笑)

空気がよどんでる気がしたけど、きっと被害妄想だよね。


*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

平積みの『春抱き』!

平積みのぷりんす・おぶ・さはら!

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


ど真ん中でした。

・・・あたりまえか。

そしてどう見ても、『春抱き』のほうが山が高い。

ヽ( ゜□ ゜;)ノ おぉ~!

「あらら?」

これは意外だったかも。

一瞬まさかと思ったけど、よく考えると、アレだよね。

そもそも入荷した部数がちがったんだよね。

ね?

そういうことにしよう。

うん♪







●というわけで

読みました。

ええ、読みましたとも。



※ネタバレなし、の予定。たぶん。

※一読した段階での速報値?です。



ALIVEの2巻。

表紙がうつくしい。

手、繋いでるのがミソだよね。

もっと大きくカラーで見たいよー。

口絵のイラストも好き。

いいねえ。

これもお手々つないでるのよね。

(´∀`σ)σ

『テンダー・グリーン』の1回目の扉イラスト。

これも、ぜひカラーで見たかったなあ。


帯と、それからカバー裏のコピー。

煽り文句というか、あらすじというか。

春抱き』のはたいてい弾けてるけど、今回もテキトーにフリーダムでしたね(笑)。

夫とか妻とかフツーに書かれていて、くすっとしました。

そういうのに大興奮!

・・・じゃなくて、ほうほう、そらそうよね、って感じ(笑)。


で、加筆部分・・・?


センセイ、ありがとう!!


と、まずは叫ぶしかない。

ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ(゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ワーイ♪

「うぉー!」

なんて、思わずお下品に叫んでしまった。

ひゃっほー!

ヽ(▽ `)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ

正直そこは期待していなかったので、びっくり!ハッピー!で椅子から転げました。

ころころ。

いやん。

にまにま。

そうかそうか、そう来たか。

ごちそうさまでした。

†。+゜*。+゜†(´∀`)†゜+。*゜+。†


それ以外の加筆、というか修正部分。

主に台詞。

細かくみると、けっこうありますね。

微妙なところが変わっていて、うっかり見過ごしてしまう箇所も。

・・・なぜかもっちーの台詞だけは、すぐに気づいたけど(笑)。

全体としては、わりと無難な感じ。

基調は不動というか、GOLD掲載時との大きなギャップはなかったと思います。

話がちがうとか、事情が変わってるとか、そういうのはなし。

まずはそこにほっとしました。


・・・って自信満々で書いたけど、見落としあったらどうしよう(汗)。

うはは。


香藤くんのあの素敵にやーらしー言葉がなくなってるのは、ちょっと残念。

というか、すごく残念!

中年ゲイ夫婦らしい?ヒワイな言葉責めがツボだったのに(笑)。

“意味のある会話” に置き換わっているので、それはそれで楽しいんですけどね。

つか、なるほど。

加筆部分との整合性というか、連携プレイなのね。

そこ、重要なのね。

それはそれでおいしい。


ついでに>>

これはかなり手前味噌ですが。

『テンダー・グリーン』を受けて書いたわたしの・・・あれ、なんて呼ぶのかな。

小説でも詩でもない、なんか、アレ(汗)。

岩城さんの独白っぽいやつ。

ブログにあげましたよね。

あそこに書いたようなことが語られていて、ちょっと嬉しかった。

そうそう、そうだよね!

みたいな感じで、自分勝手に盛り上がっておりました。

ぶひ。







●では、

詳しい話はまたいずれ。。。


【10/07/2015 19:43】 春を抱いていた | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム