片岡仁左衛門、人間国宝へ (昨日のつづき)

●うへへ♪

(´∀`σ)σ

昨日からニマニマが止まりません。

〈速報〉片岡仁左衛門、人間国宝認定「父に感謝しています」

(´∀`σ)σ

なんかもう、気持ち悪くてすみません・・・でへ(汗)。

人間国宝:父譲りの芸、歌舞伎けん引…片岡仁左衛門さん

(´∀`σ)σ

自分でも、こんなに嬉しいとは思わなかったなあ。

これは先代(孝夫ちゃんの父上)の記事>>

想い出の俳優 十三世片岡仁左衛門

(´∀`σ)σ

我ながらびっくり。

片岡仁左衛門が人間国宝 2代続けての名誉「親孝行できた」

「型」の意味、追い求めて 人間国宝に片岡仁左衛門さん



松竹の記事、一日たってやっと来ました。

歌舞伎の公式サイト、という意味です。

仁左衛門が重要無形文化財保持者各個認定(人間国宝)の喜びを語る



NHKでは、ちょっとだけですが動画も。

※NHKの動画は数日すぎると消えちゃいます。

人間国宝 片岡仁左衛門さんら新たに4人

そういえばNHK、いま大阪でやってる「絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)」を収録したそうです。

いつになるか知らないけど、テレビで放映の予定。

人間国宝のニュースとあいまって、話題になる・・・といいなあ(笑)。




記者会見の様子はこちら>>








孝夫ちゃんの面白いところ。

※以下、ごく私的な見解です。

三男坊でありながら、大きな名跡を継いだこと。

上のお兄ちゃん二人がダメダメならともかく、そうじゃないからねえ。

長兄の我當(がとう)さんも、次兄の秀太郎(ひでたろう)さんも、立派な役者なのです。

上方歌舞伎の伝統を受け継ぐという意味で、なくてはならない役者さんたち。

(このクラスで兄弟それぞれ名優となると、幸四郎さん&吉右衛門さんぐらいしか他に例がないかも。)

ただ、我當さんと秀太郎さん。

玄人ごのみの芸達者ではあっても、一般的に知られているとはいいにくい。


その点、三男坊=片岡孝夫はちがいました。

よくも悪くも、若かったからでしょうね。

関西歌舞伎が低迷して、つまり駆け出しの若い役者にまで仕事が回ってこなくて、

“やむを得ずに”

東京に出て来た。

(東京には歌舞伎座があって、ちゃんと毎月幕が上がっていたからね。)

出稼ぎの労働者みたいなもの・・・だったんだろうと思います。

今とちがって当時はまだまだ、なんというか、東西の壁が厚かった(らしい)。

「仕事ほしいって・・・あんた誰?」

ってのは、言いすぎかもしれないけど。

大阪からやってきた無名の孝夫ちゃん、ずいぶん大変な思いをしたようです。

関西では松嶋屋(というでっかい名跡)の御曹司でも、江戸ではただの若い役者。

その他大勢のひとり。

関西でもらうより格下の役を頭を下げてやっと振ってもらって、かつかつで修業を重ねた。

テレビや映画の仕事をしまくったのも、この頃。

ニヒルな色男なので、愛人役やインテリっぽい悪役が多かったように思います(笑)。

かの眠狂四郎も、この頃になるのかなあ。


今になって振り返ると、

「もうちょっと仕事、選ぼうよ・・・」

的なものもなきにしもあらずですが、それはまさに結果論でしょうね。


もっとも、江戸の歌舞伎界にただ苛められていたわけじゃない。

守田勘弥(玉三郎の養父)や先代の勘三郎(勘ちゃんの父上)など。

若い孝夫ちゃんを可愛がり、稽古をつけ、積極的にいい役でつかってくれた恩人もいます。

孝夫ちゃんが玉さまや勘ちゃんとめちゃくちゃ仲がいいのは、偶然ではないのですね。


そうやって東京で生きていくうちに、いつしか飛躍の時期が来ました。

ブレイク、ってやつですね。

孝夫ちゃんは、すでに30代から40代になろうとしていました。

なにしろ、水もしたたるイイ男だ。

玉さまとの美男美女コンビが注目を浴び、「孝玉ブーム」なんてのがやって来た。

(スターという意味では、年下の玉さまのほうがずっと早くから知られていました。)

歌舞伎界、そして歌舞伎のファン層も、ちょうど転換期にあったのだと思います。

人気のあるなしとは無縁の、ひたすら芸術を追い求めていく、一種の守旧派。

(プロの評論家には称賛されても、歌舞伎座はガラガラ・・・みたいな。)

それに対して、マスコミにもどんどん露出し、一般的な知名度をも大事だと考える若い世代。

その交代時期と、孝夫ちゃんの台頭が重なったんじゃないかなあ。

というより、孝玉ブームの到来自体が、世代交代の象徴だったのかもしれない。

その変化を、軽佻浮薄だと嘆く人もいた。

歌舞伎が民間の興行である以上、儲からなければ続かないじゃないか、と反論する人もいた。

その結果・・・?

人気役者がちゃんと芸を引き継ぎ、かつ客も呼べる状態になっている。

―――と思いますが、さて。


そういう流れの延長が、孝夫ちゃんの仁左衛門襲名であったと思います。

なにしろデビュー以来、40歳をすぎてもずっと本名のままだった。

歌舞伎の世界ではかなり、かなーり珍しい事態です。

というか、こんな例をわたしは他に知らない。

三歳や五歳の子供でも、もっともらしい名跡をもらう世界ですからね。

(その気になれば、それらしい名跡のひとつやふたつ、松嶋屋に空いてなかったはずないのに。)


最初は偶然だった、んだろうな。

テレビや映画に本名で出演して、その名前で売れたから。

でも、どこからかは、意図的だったのだろうと思います。

あえて、なんの襲名もさせなかったとしか思えない。

「もしかして、ひょっとして、ひょっとすると・・・」

人気が出てさ、それでもエラソーな名前をもらうことなく、ずっと 「孝夫ちゃん」 のまま。

その時点で、ひょっとしてこれは・・・?

って、ファンは思っていたと思います。

もしかしてもしかすると、一気に仁左衛門に行くのかなあ、と。

お兄ちゃん二人をすっ飛ばして、いきなり。


そしてそれは、現実になりました。

片岡孝夫、一生にたった一度の襲名披露。

そりゃもちろん、行きましたとも。

襲名の前にも大きな病気をして、さんざんハラハラしましたから。

命にかかわるような病気だった。

生きていて。

お願いだから生きていて。

万が一それで舞台に立てなくても、生きていてほしい。

孝夫ちゃんのファンはみんな、それからも何度も何度もそう祈って来たと思う。

(團十郎のファンもきっと、同じ思いをして来たんだろうなあ。)


たぶん、だから。

人間国宝になると聞いて、最初の反応が

「よかった!」

だったのだと思います。

不吉な言いかたをするわけじゃないけど、間に合ってよかった。

無事に、笑顔でこの日を迎えられてよかった。

奥さんも子供も孫もいて、仲間たちに祝福されてよかった。

舞台に出演中にこの報が届き、直接お客さんに祝ってもらえてよかった。

今後のことを語る、余裕があってよかった。

心からそう思います。







●では、

またね。。。


【18/07/2015 22:09】 歌舞伎2013~ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム