真夏のゆす茶会2015 チャレンジ新宿編 その1

●さて・・・

まいど、お暑うございます。

三連休も最後となった20日。

今年で20回目の海の日。

(ちなみに来年からは、山の日のお休みもあるんですってね。8月11日。)

西から東海あたりまでは、ようやく梅雨明けしたそうですね。

めでたいのか、めでたくないのか。

そのあたりは不明ですが、さしあたり暑い

本気で暑い

(;´д`) ι(´Д`υ)アツィー

今日も元気にバリバリ暑い

・・・って感じでしたね。


とはいうものの、本日は完全ひきこもりでした。

もうね、何もかも放棄してぼーっと。

したのは洗濯と炊事くらい?(笑)

お茶会のあとはいつも、こういう虚脱状態?になりがちです。

年齢のせいも、まあ、ある。

ものすごい勢いで萌えエネルギーを消耗するので、翌日は出がらしのお茶っ葉(笑)。

昨日はとくに暑かったので、余計にヘトヘトでした。

一日かけて再充電、ってことになります。

※いわゆる人間関係に神経を使って「疲れる」とか「しんどい」とか、そういう意味ではない。

だからこそ、三連休の中日でよかった。

ホントそう思います。


ここしばらくは、暑いんだろうなあ。

真夏になって、身体が慣れるまでしんどそうです。

どうぞみなさまお大事に。







●というわけで

昨日、19日のお茶会。

ALIVE2巻の発売を祝して、というのが名目です。

が、どちらかというとメインイベントは、

“お寿司食べ放題”

のほうにあったかも・・・?(汗)

東京ゆす茶会のメンバーは、とにかく『春抱き』至上主義です。

それはもう、言わずもがな。

そして同時に、どういうわけか健啖家ぞろい。

春抱き』を愛するのとほぼ同じくらいの情熱を持って、食べることが好きなのだね・・・(笑)。

ヾ(´▽`;)ゝ

この集まりを別名、東京ぐるめ倶楽部と呼ぶ所以です。

うむむ。


え、年齢?

(たしかにイイ歳の女性ばかりです。うん。)

稀に小食な方もいらっしゃるけど、なぜか年齢は関係ないみたいね・・・(爆)。

食べる量もそうですが、それだけじゃなくて。

お肉大好きだったり、そういう嗜好もあんまり(ほとんど)枯れた感じがない。

肉食系腐女子。

うわあ。

・・・なんかこう書くと、ものすごくヤバい気がします。

ひ、引かないでね。



P7192426ssf.jpg


朝10時。

死ぬほど晴れてました。

すっかーんと熱い。

暑さがね、前日までとまるでちがう。

肌がひりひりするような、熱線の重さを感じるような、そういう日差し。

夏、到来。

「ああ、夏だね・・・(絶望)」

そんな朝でした。




P7192433ssf.jpg


P7192440ssf.jpg


奇しくも、向かったのは新宿です。

先日ちょうどカメラの修理に行ったばかり。

・・・まったく偶然ですけどね。

しかし、本当に暑かった。

くらくらするほどの暑さで、西口で行き倒れるかと思いました。




P7192448mssf.jpg


P7192453mssf.jpg


食べ放題のお寿司屋さん。

・・・というのは都内にいくつもありますが、あたりまえだけど当たり外れが大きい。

値段設定もけっこうバラつきがある。

いろいろ検討した結果、えらんだのはココでした。

評判がわりといい。

比較的最近できたお店なので、小ぎれい。

あとは行きやすいとか、価格とか。

「久しぶりのお寿司!」

「いっぱい食べるぞー」

暑いさなか、集まってくださったみなさん。

コミックスの話題もあいまって、いよいよ盛り上がります(笑)。




P7192459ssf.jpg


中トロ、はまち、漬けマグロ。

最初のお皿がこれ。

ご、豪快。

「わお!」

子供みたいな歓声が上がりました(笑)。

ひと目見てわかる、とにかく美味しそう。

タネがものすごく大きい。

ちなみに、それに比例してシャリも大きい。

これだけ大きな寿司だと、いくつ食べられるんだろう・・・?(笑)

という不安は、まあ、なかったけどね。


オーダーはすべて手元のタブレットで。

最近このタイプ、多いですね。

いちいち店員さんを呼ばなくていいから、まあ、便利ではある。

一度に注文できるお寿司の数や種類にかぎりがあるので、

「もっと! はやく次!」

最初のうちは、ものすごい勢いでどんどんオーダーしてました。




P7192461ssf.jpg


とろっとろに柔らかくてふんわりした穴子。

見た目は非常に雑ですが、おいしかったなあ。

手前はエンガワとシャコ。




P7192464ssf.jpg


赤身、コハダ、イワシ。



P7192470ssf.jpg


赤海老、炙りエンガワ。



P7192468ssf.jpg


ねぎとろ軍艦、いくら軍艦、タコ、サーモン、玉子。

・・・子供か(笑)。

って感じのチョイスですが、でもこの玉子、おいしかったよお。



P7192471ssf.jpg


中トロおかわり。



P7192473ssf.jpg


蟹身軍艦。



P7192474ssf.jpg


炙りサーモン、さば、イカゲソ。



P7192478ssf.jpg


赤貝ひも。



P7192476ssf.jpg


うに軍艦、子持ち昆布。



P7192481ssf.jpg


炙り中トロ・・・はちょい炙りすぎ(笑)。

鯛、サーモン(マヨ忘れ)、とり貝、ズワイガニ。

サーモンの「マヨ忘れ」は、今日になって写真を整理して気づきました。

昨日は、

「あれ? そういえば注文したはずなのに・・・」

サーモンマヨが来ないので、わざわざ店員さんに調べてもらったのでした。



P7192482ssf.jpg


厚焼き玉子。

あまりに美味で、何回たのんだかわからないくらい(笑)。



P7192485ssf.jpg


めんたい軍艦、とび子軍艦。



P7192488ssf.jpg


と・・・トマト・・・(笑)。

一品料理もいくつか食べ放題に含まれていました。

写真に撮ってないけど、お味噌汁が絶品でした。



P7192487ssf.jpg


かんぱち、甘エビ。

ところでわたしは海老の類が好物です。

だから喜びいさんで頼んだのですが、この日は他に海老ラバーがいなかった(汗)。

・・・あらら?

おかしくない???

そんなもん???

海老ってわりとポピュラーなタネだと思うんだけどなあ。



P7192491ssf.jpg


鮭ハラス焼き。

おいしかったねえ。

飲兵衛さんなら垂涎の一品かも。



P7192494ssf.jpg


カレイのから揚げ。

これが来たころにはもう、全員お腹いっぱいに近かった。

「ここで揚げ物ですか・・・」

なんとなく、もう無理かも、という空気が流れていました。

が、これ。

食べてみると、とても美味しかった。

「いけるよ!」

結局それで完食しました。



P7192499ssf.jpg


穴子、サーモンマヨ(だぶり)、炙りエンガワ。

炙りエンガワは、この日の裏人気メニューでした。




P7192500mssf.jpg


P7192503mssf.jpg


戦い済んで、日が暮れて。

・・・ってことはないけど、たらふく食べた後のけだるい感じ。

「次の注文は?」

「・・・もうお寿司いらない」

白旗タイム。

時間制限、まだちょっと残ってましたけどね。




P7192507ssf.jpg


お店を出たところで、記念写真

今回、残念ながら来られなかった某さま。

次はきっとね。




P7202687ssf.jpg


この日のレシート。

翌日(つまり今日)、ダンボーに協力してもらって撮りました。

「な、長い・・・」

レシートの長辺を計ってみたら、47センチありました。

どんだけ食べたんだ。

ドリンクも含めて、156点。

うむむ。

なお、下に敷いたパンダの手拭いは、某さまからのプレゼントです。

ありがとうございました!







●そして

午後2時すぎ。

気温35度の新宿。

腹ごなしのために、ふらふらと歩きだしました。



P7192513mssf.jpg


ギラギラした日差し。

ミンミンゼミの合唱。

遠くにかすむ高層ビル群。

「ちくしょお、夏だぜ!」

まさに息苦しいほどの午後でした。

(もしかして、息苦しいのは食べ過ぎたせいかもしれないけど。)

でも、なぜか。

それでもね、午前中の日差しほどの脅威は感じなかったなあ。

午前11時すぎに新宿西口あたりを歩いていたときが、いっちばん暑く感じた。

不思議なものです。




P7192519ssf.jpg


目指すは、都庁舎です。

すごく有名な建物ですが、間近で見たのはこの日がはじめて。

案外、都内に住んでても行かないですね。

ところで、この写真

太陽の光をまともにレンズで受けちゃって、ものすごいハレーションを起こしてます。

レンズフレア、というやつ。

本来ないほうがよいものなので、そういう意味では失敗写真

ですが、この赤い水玉みたいなフレア。

まるでフォトショ加工したみたいだ。

実はこんなの、はじめて見ました(笑)。

意図して作れるものじゃないから、まさに光とレンズのいたずらです。

これはこれで面白い、かも。


以下、「都庁展望室編」につづく。

・・・かも。







●そんなわけで

なんだこのお茶会レポ。

単なるグルメ画像集ですね・・・(汗)。

春抱き』に関するネタは、また次の機会に。

では、またね。。。


【20/07/2015 22:17】 「ゆすらうめ異聞」関連 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム