「怖い」にも種類があって

●TBのお題から

「肝試しの思い出は?」

そういえばやったことないなあ、と。

このお題を見てふと思いました。

子供のころに一度や二度は経験するもの、なのかな。

夜のお墓とか、そういうの?

だとしたら、そういう機会には恵まれなかったのね。

それを残念には思わないけど・・・(笑)。

せいぜい、中学だか高校だかの文化祭。

どこかのクラスが出し物として、おばけ屋敷をやったくらい?

あとは、ディズニーのホーンティッド・マンションか(笑)。

うむむ。

いずれにしても、差し迫った怖さとは無縁ですね。


総じてコワイもの、あんまり好きではないのです。

怖がりだという自覚はあまりなく、大きな関心がないというのが正確かも。

心霊スポット探索とか、好きな人は好きだけど、わたしはパス。

ホラー映画(すぷらった系)などにも、さして興味がありません。

ゾンビとか、血がどばーとか、そういうの要らないわー。

といいつつ、なんだろう。

内容次第ではイケる、と思う。

「バスカヴィル家の犬」とか、横溝正史の世界とか。

そういう、ややおどろおどろしい傾向のある推理小説は、嫌いじゃない。

その土地や屋敷に特有の因習とか言い伝えとか、歴史の謎とか過去の悲劇とか、そういうのが絡む話。

マンガなら、古いけど「影のイゾルデ」とか。

あるいは、映画なら「ミザリー」とか「レベッカ」(ヒッチコック)みたいな怖さ。

心理的な怖さをテーマにしたものですね。

きっちり線引きできるものじゃないと思いますが、自分では

「ホラーは好きじゃないけど、ミステリ/サスペンス/スリラーは好き」

という認識です。

ひとによってはこれ、区別がつきにくいかも。


ところで>>

怖い少女マンガといえば、山岸凉子さんの作品でしょう。

どれとは言わないけど、なんというか、本格的に・・・病んでる・・・よね。

単に怖いというより、覗いてはいけない世界が見えてしまう人にしか描けない、そういう得体のしれない怖さ。

あれは異質だと、個人的には思います。

そういうのに比べたら、宮脇明子さんあたりははるかにまっとうな気がします。

「ヤヌスの鏡」の作者、といったら知ってる人も多いかも。

ちなみに、萩尾望都さんの一部の作品もこわい。

だけどその怖さは、情念とか業とか相克を浮き彫りにしてみせる怖さ。

人間の心の暗部を引きずり出すこわさ。

えぐるように鋭いという意味での怖さかな、という気がします。







●今夜は

隅田川の花火大会だったのね。

いちどは行ってみたいけど、なんせ人混みがすごいからなあ・・・(汗)。

来週末は、花火を撮りに行けるといいなあ。



choju008mssf.jpg



それにしても、暑いですね。


WS000822.jpg


群馬と埼玉の一騎打ち、の様相を呈しています。

37度超かあ。

もう、想像を絶する暑さですね。


WS000823.jpg


WS000824.jpg


台風は日本へまっしぐら。

奄美ではすでに大雨が降ってるようですが、これ以上の被害がありませんように。







●では、

またね。。。


【25/07/2015 22:28】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム