(;´д`) ι(´Д`υ)暑いねえ・・・

●TBのお題から

「最近いいことありましたか??」

なんかあったっけ。

お寿司をたらふく食べたこと・・・?

あれを「最近」と言いきっていいのかどうか、自信はありませんが。

いいこと、いいことねえ。

死ぬほど暑い毎日なので、それ自体が不幸だしなあ。

体調不良も相変わらずだし、あんまり嬉しいことは多くないように思います。

ああ、あれか。

孝夫ちゃんが人間国宝に、というニュース。

あれが唯一、本当にしあわせな事件だったかも。

自分のことじゃないけど。


WS000836.jpg


WS000838.jpg


いいこと、かあ。

他にはやっぱり思いつきません。

ぐは。







花火写真

もう少し。

みんなイマイチに見えますが。



IMG_7037ssf.jpg


IMG_7105ssf.jpg


IMG_7328ssf.jpg


IMG_7432ssf.jpg



画質、どれも粗いですね。

いちおう理由はありまして、それはISO感度。

ニコンのサイトにわかりやすい説明がありました>>

http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/13/

これ以上の説明は、素人にはムリ(笑)。


簡単に言い換えると、

花火を撮るには、とにかく暗いので、ISO感度を高くしてシャッタースピードを上げる」

のがコツなんですね。

暗いところで写真を撮ると、シャッターが落ちるの遅いでしょう?

あれ、光が足りないからなんです。

「十分な光量がある」とカメラが判断しないと、シャッターは切れない。

シャッターを切るのに時間がかかればかかるほど、被写体は動きます。

カメラを持つ手も震えます。

つまり、ブレる。

それじゃ困るので、ISO感度を上げます。

カメラが光に関してよりいっそう敏感になる魔法、だと思ってください(笑)。

少ない光で被写体をとらえる魔法。

「そんな魔法があるなら、どんどん上げればいいじゃん!」

と思うでしょ。

それがねえ。

ISO感度を上げれば上げるほど、今度は画質が落ちるのです。

反比例するの。

シャッタースピードと引き換えに、画像が粗くなるというトラップ。

(トレードオフがあるなら魔法じゃないだろう、というツッコミはスルーで。)

その理屈は、うーん。

カメラの中に、とっても絵の上手な小人さんがいる、と想像してください。

ふだんはその小人さんが、迅速かつわりと綿密に、写実的な絵を描いてくれる。

―――としましょう。

これが、通常の撮影の状態。

ISO感度を上げるということは、言ってみればその小人さんに、

「いつもよりさらに!超!お急ぎ仕上げでお願い!」

と頼むようなもの、なんですね。

「え!?」

小人さんはこう言います。

「いいけど・・・そのぶん、絵はささっとデッサンっぽくなるけどいい?」

なんせ時間がないので、丁寧に仕上げてる時間はない。

「んー、それはしょうがないね」

ラフでもいいから、とにかく急いで!

というのが、ISO感度を極限まで引き上げた場合のお話です(笑)。

だから、画質が粗くなる。

きめ細かい描写をするためには、やっぱりある程度の時間がかかるんですね。

(画素数が多ければよけいに時間がかかりがち。カメラの性能にもよりますが。)

それを犠牲にしてでも、シャッタースピードを上げたい。

暗い場所での撮影や、ものすごく高速で移動するものを撮るときに。

そういうときの、ISO感度なのです。


じゃあ、二兎を追うのは無謀なのか?

というと、それはわからない。

不可能ではないと思います。

技術は日々進歩してます。

どのカメラメーカーさんも、

「超高速シャッタースピードで、かつ高画質の写真が撮れるカメラ」

をどんどん開発しています。

わたしのカメラではムリなことでも、ン10万円もする高級カメラならできるもの(笑)。

そのうち、

花火を撮るのに画質を犠牲にしてシャッタースピードを上げる」

なんて、昔話になるかもしれません。

いや、もうすでに、そうなりつつあるか。

わたしのカメラがポンコツなだけ、だったりして・・・(汗)。







●では、

またね。。。


【03/08/2015 23:12】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム