掃除日和(のわけない)

●意外だと

ちょっと思ってしまった。

東京では、今日で五日連続の猛暑日。

35度超、という意味ですね。

いやあ、毎日ホント暑い

笑えないくらい暑い

焦げそう。

溶けそう。

それはともかく、五日連続は「観測史上初」なんだそうです。

へえ?

もっとあるかと思っていたので、やや意外な気がしました。

そうなのか。

(これまでは)五日程度で済んでいたのか。

あれ、待てよ。

それはつまり、今年の夏が史上もっとも暑いってこと・・・?(汗)

うへえ。

聞いただけで余計に暑さが増しますね。

ε-(≧o≦;A あっついよぉ~ (;´д`)ゞ

ホント、しんどいや。



ヒートアイランド化した都心は、夜になっても気温が下がらない。

なかなか下がらない。

ちょっとばかり柔らかい風が吹いたくらいじゃ、火照った大地を冷やせないんですね。

それも相まって、熱帯夜がきびしい。

もともと気温が高めな上に、熱くなった空気の逃げ場がない。

おまけに、たけちゃん情報によれば、

「台風13号のもたらす温かい風が、上昇気流に乗って日本の上空にどんどん集まって来てる」

らしい。

※たけちゃん=NHKの武田アナウンサーのことよ。

そんなこんなで、まだ数日はあっつい日々が続くそうです。

しゅん。



ちなみに>>

全然関係ありませんが、目下ぷち夏休み中です。

主に小鳥さんが。

で、どういうわけか、掃除休暇になりました(汗)。

このところのわたしのアレルギー性鼻炎が特にひどいので、

「ハウスダストだね、たぶん!」

と結論づけた小鳥さん。

あー、そうね。

それはあるかもね。

暑さのあまり超だらけて、掃除も手抜きだったからね・・・(汗)。

ちゃんと丁寧に掃除しなさい、と叱られました。

ゆえに、炎天下の大掃除

エアコンのフィルタやサーキュレータに始まって、そらもう、かなり念入りに。

掃除の大半は小鳥さんの主導です。

わたしはおろおろともふもふクリーナーを走らせ、コロコロを徹底するぐらい(汗)。

布団からカーペットから、本棚からぬいぐるみたちまで。

「死ぬ・・・」

外は35度の猛暑。

何が悲しゅうて、休暇中にホコリまみれになってるんだ(笑)。

いや、そのホコリを徹底的になくすための作業なんですが。

「ぐえー」
「ほら、そこサボらない!」

たぶんこれ、ふつうの掃除よりちょっと気合を入れたぐらい、なんだろうな。

わたしが掃除ヘタだから、いろいろ積もってしまったんだと思う。

うぐう。

というわけで、さて。

最後に掃除機をかけてシーツを交換して、自室の掃除をひとまず終了しました。

次に、リビングのお片づけ。

やっぱり、ホコリ退治を重点的に。

※主に小鳥さんが・・・(以下略)。

ぱっと見ただけではわからないここかしこに、ねえ。

やんなっちゃう。

そんなわけで、大掃除の一日でした。

その直後はともかく、数時間後。

「おや・・・?」

気づくと、アレルギーの諸症状はずいぶんよくなっていました。

完全に根絶とはいわないけど、かなりの改善。

「おお♪」

効果、あるもんなんだなあ。

びっくりした、かもしれない・・・(汗)。

どんだけキタナイ場所にいたんだよ、わたし。

っていうか、ホコリこわい。

いろいろと反省しきりです。







●それにしても

いつまで続く、猛暑日。


choju0111bsss.jpg


そういえば、セミの話。

「セミうるさいねー」
「朝も暗いうちから頑張っちゃってさー」
「でも、今年は少なくない?」

なんていうとき。

関東と関西では言ってる意味がちがうと、わりと最近になって気づきました。

関東・・・って、一般化していいのかどうかは不明。

でも少なくともわたしの周囲では、セミの鳴き声は

7割くらいがアブラゼミ
3割ぐらいがミンミンゼミ

・・・って感じです。

アブラゼミのほうが数は多いと思うけど、あれは全体でじわりとハモって

「し――――――じ――――――・・・」

みたいな感じなので、なんというか、あまり気にならない。

いってみれば、森の通奏低音。

(いわばノーカンなので、わたしがアブラゼミの話をすることもめったにない。)

そこにミンミンゼミが超がんばって、ソロでアリアを歌ってるような感じです(笑)。

ホウシゼミはまだこれから。

(すでに今年はもう3回ほど聞いたけど。)

その他の蝉(ニイニイやカナカナ)を聞くことは、まずめったにない。

・・・のですが、小鳥さんいわく、

「関西はね、ヤツがうるさいからね!」

ケタが違うんだそうです。

そう、クマゼミ。

東京近辺では聞かないけど、あれはうるさいねえ。

シャンシャンシャンシャン・・・
ジージィジィジィジィジィジィ・・・

YouTubeで聞いたけど、すごいわ。

遠慮もへったくりもない騒音に、ちょっとびっくりしました。

「蝉が鳴く」

という言葉から連想するいくばくかの情緒が、クマゼミの鳴き声には感じられない。

・・・んじゃない???

なお、蝉の鳴き声サンプルはこちら>>

http://www.kodomonokagaku.com/magazine/cicada.php


ま、セミはキライなんですけどね・・・(汗)。

声を聞いてるぶんにはいいけど、たまーに体当たりしてくるし。

その辺で行き倒れてるのも、ホント迷惑千万なので。

(恐怖でしかない!)







●では

またね。。。


【04/08/2015 22:51】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム