年寄りの昔話

●31度って

十分に暑いと思うけど、それでも。

前日までの数字との温度差が5度も6度もあれば、

「あれ、なんか過ごしやすい・・・?」

ってなるのも当然ですよね。

熱帯夜ですら、いくらかマシに感じてしまって(笑)。



仲間たちと昔話を、ときどきします。

「子供のころはさー」
「うんうん」
「夏休み、暑くてしんどくて辛いなんて感じたことなかったよねー」
「そうそう」

楽しかったよね。

プールも虫取りも、なんかもう無条件で楽しかった。

そういえばカブトムシやクワガタ、好きだったなあ。

セミもバッタもチョウチョもカナブンも、ふつうに手で触れてたわ(笑)。

「でも、その頃ってアレじゃん?」
「ん?」
「40日の夏休みのうち、30度を超える日なんか少なかった」
「あー、そうね」

今日は30度を超えたよ!

なんてことがあると、さすがに暑いねえ、って感じだった。

31度とか32度とかあった日には、それ自体が「出来事」だった・・・ような気がする。

暑くても、夕方からは涼しくなった。

夕立もあった。

夜は網戸にしておけば、それなりに気持ちのいい風が入って来た。

子供部屋には扇風機すらなかったような・・・(汗)。

夏の時期にイヤなことといえば、虫さされとアセモぐらい?

虫さされがかゆくて痒くて、ガマンできずに爪でついついいじめちゃって。

そこにキンカンを塗るもんだから、いやあ、滲みたよねえ。

わかっててもやっちゃう(笑)。

アセモには、例のアレです。

シッカロール。

(シッカロールは商品名で、一般名詞としてはベビーパウダーですね。)

てんかふ、と呼んでたって人にも会ったことがあるなあ。

天花粉の訛りでしょうね。

アセモができると、あるいはアセモ防止のために、ときどき使用されてました。

「されて」とあえて書いたのは、自分の意志ではなく、母にパフパフやられてたからです(笑)。

小学生くらいまで。

赤ちゃんならともかく、それなりに自我も出てくるお年頃だからねー。

気持ちいいことは、気持ちいい。

それはわかるんだけど、あれをはたかれると、肌に残るのよね。

ひざ裏、ひじ裏に白い筋ができる。

一生懸命、指先でこすってなくそうとするんだけど、なぜかときどき残る。

学校でそれにはっと気づいて、

「やだ、恥ずかしい!」

と思ったことがなんどか・・・(笑)。

なんか、まさに遠くなつかしい記憶です。

そういえば、ご近所には氷屋さんがありました。

大きな氷を長方形に切りだして、自転車の荷台に積んでどこかに配達するおじさん。

サイズは、今でいうなら2リットルのPETボトル6本入りのケースぐらい?

そのおじさんの顔も名前も、ギコギコ音のする自転車に乗る姿も、かぶっていた帽子まで。

なんか実によーく覚えています(笑)。

(ちなみに冬になると、彼は灯油売りのおじさんに変身する。)

おじさんの家(お店)は、夏になるとかき氷屋さんになった。

「氷」の旗がはためくと、わくわくしながら出かけました。

思えば小学生のころ、子供たちだけで飲食が許されていたのはあの店だけだった。

なつかしいなあ。



長崎原爆の日 米ホワイトハウス前でも追悼式

70年もたつと、意識もずいぶん変わりますね。

世代も変わるしあたりまえか。

憎しみとか恨みとか、復讐心とか、そういう感情は風化していってもいいと思う。

浄化・・・あるいは昇華か。

それは歴史の風化とはちがうと思うので。

なんであれほど敵を憎み殺そうとしたのか、今となってはまるでわからない。

おたがい同じ人間なのに。

双方がそう思えるようになれば、戦争の教訓は活きるのではないか。

・・・偉そうですね、すみません。







●では、

またね。。。


【09/08/2015 16:30】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム